金工家が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真アート・写真金工家

この条件で検索する

金工家が学べる関西エリアの学校検索結果

11

1-11件を表示

金工家の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 日本の金工は弥生時代にはじまった。それから中国大陸・朝鮮半島との交流でもたらされた文化を反映する、国産品が作られてきた。たとえば、仏教が伝来した奈良時代には仏像などが作られ、茶の湯が文化の中心となった室町時代には茶の湯釜が誕生したといった具合だ。ほかにも、刀剣や装身具、梵鐘(ぼんしょう)や銅鑼(どら)といった寺の調度類が制作されている。刀剣については、「日本刀・刃物」の箇所を参照してほしい。さまざまな製品がある金属工芸だが、「鋳金(ちゅうきん)」、「鍛金(たんきん)」、「彫金」がその主要な技法である。「鋳金」は、加熱し溶かした金属を土や砂などで作った型に流し込むという技法だ。仏像や茶釜、花瓶などさまざまな製品がこの技法で作られている。次に「鍛金」だが、これは金属板を打ち出す技法である。そして「彫金」は、金属の表面に文様を彫ったり、ほかの金属をはめたりする、装飾のための技法で、陶芸などの他分野でも使われる。 産地:南部鉄器(岩手県)・山形鋳物(山形県)・東京銀器(東京都)・燕鎚起(つばめついき)銅器(新潟県)・高岡銅器(富山県)・大阪浪華錫器(大阪府)・肥後象がん(熊本県)など