検察官が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律政治・法律検察官

この条件で検索する

検察官が学べる関西エリアの学校検索結果

10

1-10件を表示

検察官の仕事内容とは?

検察官とは法を犯した者を刑事裁判にかけることができる唯一の職業だ。犯罪が起こった時、まず警察が容疑者を探し出し、証拠を集め逮捕する。そして容疑者が本当に犯人なのか確かめた上で警察と協力して捜査を行い、裁判所に起訴するかどうか決める。起訴した場合は、公判において犯罪の立証や違法性を示して、どの程度の刑罰が適切かを判断し、求刑を行う。政治家などによる汚職事件や法律や経済についての高度な知識を必要とする企業犯罪・多額の脱税事件などについては、検察官が直接捜査を行い、検挙摘発する。法の正当な裁きを要求し、下された判決の執行を監督する。検察官になるためには、原則として司法試験に合格して法曹資格を取得したのち、一定期間の司法修習と検察内での研修を修了しなければならない。