精神科医が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

医療・歯科・看護・リハビリ心理・リハビリ精神科医

この条件で検索する

精神科医が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

7

1-7件を表示

精神科医の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 「こころの病気」を医学的に診断・治療する。現代の「こころの病気」は多岐にわたり、狭い意味では、精神病の精神分裂病(編集部注:2002年に「統合失調症」に名称変更)や躁うつ病、ノイローゼなどの神経症を指すが、近年はストレスが原因の心身症も増えている。こうした「こころの病気」に対して、患者個人のこころの状態を的確に把握して、薬物療法、精神療法,社会療法などで治療をする。いずれの場合も診断は、患者との長時間にわたる対話からはじめる。最近は、身近での衝撃的な体験によって、トラウマ(心的外傷)を受け、こころの障害をおこす場合も増え、カウンセラー(臨床心理士)と共同作業で回復にあたることもある。こころの正常と異常の境ははっきりしないので、人間を見る柔軟な姿勢が求められる。また、「こころの病気」は社会の偏見を呼びやすいので、差別や人権に対する敏感な感覚も必要だ。2002年に日本精神神経学会が、精神分裂病の名称を統合失調症と改めることにしたのも、社会の偏見を前にしての対応だった。精神科医になるには、大学医学部か医科大学で医学を6年間学び、医師国家試験に合格して医師免許を持たなくてはならない。病院、障害者福祉施設などで働くことが多い。個人で開業する人も増えている。 ※1編集部注:2002年に「統合失調症」に名称変更