出版業界で働く人が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画本・雑誌・新聞出版業界で働く人

この条件で検索する

出版業界で働く人が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

23

1-23件を表示

出版業界で働く人の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 出版業界は主に、書籍や雑誌などを発行する出版社、商品の出荷を管理し、出版社と書店の間を結ぶ取次、一般読者へそれらを販売する書店の3つに分かれている。一部の場合を除き、本は、出版社→取次→書店という経路で読者の手に届く仕組みになっている。出版業界という言葉から多くの人が連想するのは、出版社に勤務する編集者のことだろうが、それ以外にもこの業界には実にさまざまな職種が存在する。たとえば、出版社には書籍制作のスケジュール管理を主な業務とする人もいるし、取次では本をいかに無駄なく全国に送るかを考える人がいるし、書店にはその書店独自の色を出すために、どんな本をどれくらい仕入れるのかを企画する人がいるという具合だ。文章が好きで、なんとしても本に関わる仕事がしたいという人は、まず、本がどういう工程で作られ、どのようにして自分の手元まで届いているのかを想像してみるといいかもしれない。どの種類の会社にしろ、そこで働くためには正規の試験を受けて入社するか、アルバイトなどをしてコネクションをつくるかというのが普通である。