速記者が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画本・雑誌・新聞速記者

この条件で検索する

速記者が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

13

1-13件を表示

速記者の仕事内容とは?

特殊な記号のような速記文字を駆使し、会議や討論会、座談会、インタビュー、裁判などで行われる発言を記録し、最終的にだれもが読める原稿に仕上げる(反訳という)のが速記者の仕事。録音されたものを文書化する業務もあり、英語専門の速記者もいる。単に早く速記するだけでなく、きちんとした文章に仕上げる反訳の能力も重要だ。国会や地方の議会、裁判所、公的機関、民間機関の会議など、きちんとした記録を残さなければならない場では、明治時代から続く歴史のある職業であり、衆参両院では専門の養成所が存在する。出版社や新聞社などでの討論会・座談会・インタビューなどのときにも必要とされる。速記には1級から6級に区分される技能検定試験があり、講演形式の朗読文を速記し、反訳原稿を作成する試験で検定される。各級ともスピードと正確さを調べ、1級ともなると、10分で3200字を速記し、130分で反訳するなど、かなり厳しいものになっている。