助監督が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画映画・テレビ助監督

この条件で検索する

助監督が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

16

1-16件を表示

助監督の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 監督助手・助監督は、おもに映画監督の補佐をする。1つの作品に、3人から4人、大作になるともっと多い場合もある。チーフ(第1助監督)は、おもに撮影スケジュールを作り、エキストラの演出をしたり、各スタッフ間の調整役などを受け持つ。セカンド(第2助監督)は、小道具係をやったり、エキストラを動かしたりする。サード(第3助監督)は、カチンコと呼ばれる黒い板のついた拍子木のようなものをカメラ前で打ち、フィルムの頭にシーンナンバーやカットナンバー、それにテイクナンバーと、音を入れ、それは編集時の重要なサインになる。優秀な助監督はつねに不足しているが、最近では助監督の力量不足もよく指摘される。テレビドラマなど、ビデオカメラを使った短期間での制作が増えて、映画の現場を知らない助監督が多いというようなことだ。これからは、演出を学びながら助監督をつとめるという日本の伝統はしだいになくなっていって、アメリカのように独立した職種になるのかもしれない。助監督は、その性格がアメリカと日本では違う。アメリカの助監督はクリエイティブな仕事ではなく、撮影が円滑に行くように各スタッフ間に情報を伝え、現場を仕切ることに徹している。