科学捜査研究員が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律公務員科学捜査研究員

この条件で検索する

科学捜査研究員が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

24

1-24件を表示

科学捜査研究員の仕事内容とは?

都道府県警察本部に設置された科学捜査研究所において、犯罪捜査に関連する鑑定や検査、研究に従事する職員。科学捜査には、いくつかの分野がある。法医学(血液・体液・骨・皮膚などを検査・鑑定し、血液型やDNA型鑑定による個人識別を行う)、化学(麻薬・毒劇物・血中アルコールなどの検査、微細な繊維片・塗料・火薬等の特定を行う)、工学・物理(火災・機械構造物倒壊・交通事故などの原因解明、銃器弾丸類の性能検査や特定を行う)、文書(筆跡・印影・印刷物・偽造通貨・パスポートなどの文書の鑑定を行う)、心理学(供述の信憑性を鑑定するポリグラフ検査や犯罪心理の研究を行う)、現場科学(事件発生とともに現場へ出動し、ただちに簡易な鑑定を行う)など、それぞれの専門分野ごとに職員の職務内容も異なる。いずれにしても、事件・事故の現場に残された物的証拠は、真相解明や犯人逮捕につながる手がかりになる。しかも、その鑑定結果は裁判の重要な証拠にもなる。犯罪の質の多様化が進む中、科学的な目と専門知識を持つプロとして犯罪捜査に貢献するのが科学捜査研究員の仕事だ。