会計参与が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

ビジネス・経営金融・不動産会計参与

この条件で検索する

会計参与が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

36

1-30件を表示

会計参与の仕事内容とは?

会計参与とは、会社法の改正により導入された制度で、取締役と共同で決算書を作成する内部機関。大企業の決算書には公認会計士や監査法人のチェックが入るが、中小企業には計算書類をチェックする機関がなかった。決算書の正確性を図ることが会計参与の使命となる。会計参与の業務を行えるのは税理士(税理士法人)、公認会計士(監査法人)の資格を持っている者に限られ、会計のプロが決算書の作成に関わることにより、企業の信頼性を高める。専門的な知識を活かし、正確かつ適正な計算書類の作成のほか、取締役の会計に関する相談役として、経営数値に基づいた経営のアドバイスを行う。また、会社とは別に5年間の決算書の保存、株主総会での報告、株主や債権者への情報開示なども職域となる。会社を成長させるための経営分析力が重要視されるポストだ。