暗号作成者が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

ビジネス・経営ビジネス・経営暗号作成者

この条件で検索する

暗号作成者が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

31

1-30件を表示

暗号作成者の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 暗号は、受信者以外に知られることのないよう、秘密裏に情報を伝えるための特殊なメッセージである。古くからさまざまな方法と目的のために使われてきた。たとえば『ガリア戦記』に、著者であるユリウス・カエサルは、部下あてのメッセージを暗号で送ったという記述を残している。このとき、カエサルが使ったのは換字式暗号と呼ばれるもので、アルファベットの各文字をそれよりも3つ後ろの文字に置き換えて表すというものだ。カエサルの場合もそうだが、これまでの暗号は、とりわけ軍事目的で用いられることが一般的であった。敵に解読されるたびにその手法を洗練していった。史上最高の暗号として恐れられたものに、ドイツの発明家、アルトゥール・シェルビウスがつくり出した暗号機「エニグマ」がある。これは第ニ次世界大戦中にナチス・ドイツ軍によって用いられた。今日、暗号は軍事目的だけではなく、ビジネスの世界で広く必要とされている。これはインターネットの普及による情報化社会の到来のためだ。たとえば電子メールや電子商取引、インターネットショッピングなどでは、情報の保護は不可欠である。そのため、今日の暗号作成者は、一般的に物理学や数学などの極めて高い知識を持ち、コンピュータ科学に関わっている。IT企業のエンジニアや研究者として働きながら、暗号システムやソフトを開発し、特許をとっている人も少なくはない。