東海・北陸エリアの舞台音響を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の大学・文科省以外の省庁所管の学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

舞台音響

この条件で検索する

東海・北陸エリアの舞台音響を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校の学校検索結果

4

1-4件を表示

舞台音響の仕事内容とは?

演劇・コンサート・イベントなどの会場で、音楽と音響効果を扱う仕事。公演台本や催事の意図に合わせ、選曲や作曲家への発注などを行うサウンドデザイナー(プランナー)と、ミキサー卓やレコーダーを操り稽古中・本番の音出しを行うオペレーター、会場で実際に客に届く空間の音の響きを管理・調整するPAエンジニア(ステージマン、ミキサー含む)に大別される。一般的には音響技術の専門学校を卒業後、音響の制作会社や劇団、ホールに就職する。一般社団法人日本音響家協会により技能認定も行われている。


舞台音響はこんな人におすすめ!

音響に関する深い知識やセンスを持ち、舞台のコンセプトに合わせた音をデザインする能力が必要だ。それに加えて、出演者や監督、照明といった他のスタッフとの連携がうまくとれる協調性のある人に適性がある。特にオペレーターの場合、瞬時の判断で的確な音操作をすることが求められる。幕開けからエンディングまで舞台に集中しなければならないため、俊敏さに加えて注意力があることが望ましい。

[エリア・都道府県]を変更してさがす
[エリア] [都道府県]
[学校の種類]を変更してさがす