東海・北陸エリアの音楽の権利関係に関する職業を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の大学・文科省以外の省庁所管の学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

音楽の権利関係に関する職業

この条件で検索する

東海・北陸エリアの音楽の権利関係に関する職業を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校の学校検索結果

4

1-4件を表示

音楽の権利関係に関する職業の仕事内容とは?

作曲家や作詞家の著作権など法的な権利を管理し、収入や印税確保の道をきちんと整え、創作活動に専念しやすい環境へと導く仕事。音楽出版社に所属してこの職を担当するケースが多い。そして、音楽出版社はJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)やe-Licenseなどと連携し、アーティストの権利を守りながら楽曲の商業利用を促進する。音楽の知識はもちろん、著作権や法令への見識を備え、インターネットなど各種メディアでの楽曲の利用形態を把握することが必要。ビジネス的な視点、判断力が求められる仕事である。


音楽の権利関係に関する職業はこんな人におすすめ!

商標や著作権、印税などに関する専門的な知識が求められる職種である。それぞれ独立した知識としてではなく、仕組みや関係性を理解することが重要だ。また、著作権などの法的な権利を適切に管理する管理能力や、メディアでの楽曲の利用形態を把握し、楽曲をどの形態で提供するかを決定する判断力が必要となる。

[エリア・都道府県]を変更してさがす
[エリア] [都道府県]
[学校の種類]を変更してさがす