細胞検査士が学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

医療・歯科・看護・リハビリ医療技術細胞検査士

この条件で検索する

細胞検査士が学べる関東・甲信越エリアの学校検索結果

4

1-4件を表示

細胞検査士の仕事内容とは?

がんの早期発見や早期診療のために、人体の細胞を採取して、顕微鏡で異常細胞(がん細胞やその疑いのある細胞)を見つけ出す。この検査のことを細胞診(細胞検査)といい、細胞診をする検査技師が細胞検査士である。細胞検査士は、スライドガラスに細胞を塗りつけて、いろいろな方法で染めて標本をつくることから、検査の実施、検査結果や標本の管理・保存まで、一連の実務を担当。がん細胞に対する最終診断は細胞診専門医が行う。医者やレスキュー隊のように人命に直接係わるわけではないが、万一がん細胞を見逃すと、がんの発見が遅れ生命に関るため、緊張感がありやりがいもあるが、その分責任も重い。 (解説協力:細胞検査士会総務委員会)