プラネタリウムの職員が学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙宇宙プラネタリウムの職員

この条件で検索する

プラネタリウムの職員が学べる関東・甲信越エリアの学校検索結果

3

1-3件を表示

プラネタリウムの職員の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 科学館や博物館のプラネタリウムで、宇宙や天体についての解説をする。プラネタリアンと呼ばれている。館内で放映する番組の制作も仕事のひとつ。天文界での旬の話題をどう収集して知らせるかも、プラネタリアンの腕の見せ所である。星の知識をわかりやすく、楽しく伝えるのが役割なので、自分が体験した感動や喜びを持ち続けることも大切だ。日々、進歩するプラネタリウム機材をメンテナンスする技術も、持っているにこしたことはない。各館によって採用はさまざまで、公立か民間かによっても違うが、資格はいらない。ただ、学芸員資格を条件にあげる館もあるので、持っていると有利といえる。ときおり、天文雑誌や学会誌に人員募集の広告が載るが、ひとりの枠に数十人が応募する。現実には、プラネタリアンが知人のつてで欠員を補充するのがほとんどなので、天文ファンの間で人脈を築いておく努力も必要だろう。