パイロットが学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙航空パイロット

この条件で検索する

パイロットが学べる関東・甲信越エリアの学校検索結果

8

1-8件を表示

パイロットの仕事内容とは?

飛行機、ヘリコプターともに「航空従事者」の資格を取得する必要がある。資格には自家用操縦士、事業用操縦士、定期運送用操縦士の3種類があり、プロのパイロットとして働くことができるのは事業用操縦士と定期運送用操縦士の2つ。いずれも国土交通省認定の国家試験に合格しなくてはならない。自家用操縦士は、事業用目的でなく自分の楽しみのための飛行を認められている資格。事業用操縦士資格は、エアラインの副操縦士、報道、遊覧、農薬散布などの目的で報酬を得て操縦することができる。定期運送用操縦士は、エアラインの副操縦士を数年経験した後、機長昇格時に航空会社にて受験することになる。 通常は事業用操縦士資格までを取得した後、航空会社や運航会社、官公庁などに就職しパイロットに就くのが一般的。こうした資格取得を支援するための民間の養成学校もある。そのほか航空大学校に進むか、航空会社のパイロット自社養成試験に合格するという進路もある。一方、ヘリコプターパイロットの資格は、民間の養成学校でしか資格を取得することができない。