囲碁棋士(いごきし)が学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画本・雑誌・新聞囲碁棋士(いごきし)

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    囲碁棋士(いごきし)の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 プロの囲碁棋士になるのはきびしい。まず、男女とも14歳までに、日本棋院のプロ棋士養成機関の「院生」とならなければならない。地元で、「天才」とか「神童」と呼ばれてきた少年少女が「院生」として研修を重ね、そのなかの上位者十数名のみがプロ試験の受験資格を持ち、満18歳までに合格して、はじめてプロの棋士になることができる。それからも実力次第で、三大タイトル(名人戦、本因坊戦、棋聖戦)や七大タイトル(三大タイトルと十段戦、王座戦、天元戦、碁聖戦)での対局料や賞金で収入を得る。勝って段位が上がっていかなければ、収入も増えない。現在、日本棋院に所属するプロ棋士は457名(2002年11月現在)(※1)。しかし、プロだからといって対局だけで食べていける人は上位10%くらいで、それ以外の人は、アマチュアに囲碁を教えて収入を得ている。アマチュアからプロ棋士になる道もある。アマチュア大会でトップレベルの実績があり、30歳未満の上位数名がなることができる。 ※1 編集部注:2012年10月現在では、325名。