関東・甲信越エリアの鉄道パーサーを目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の大学・文科省以外の省庁所管の学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

鉄道パーサー

この条件で検索する

関東・甲信越エリアの鉄道パーサーを目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校の学校検索結果

7

1-7件を表示

鉄道パーサーの仕事内容とは?

列車の車内で、乗客への案内や車内販売・アナウンスなどを行う仕事。会社によって「パーサー」「客室乗務員」など呼び方はいろいろ。新幹線や特急など、主に中・長距離を走る列車で働くことが多い。乗客に快適な旅を楽しんでもらうためには、さまざまな気配りが必要。小さな子どもをあやしたり、体調を崩した乗客に対応するのも業務の一つ。半面、目的地に到着した際の乗客の笑顔は、大きなやりがいとなる。鉄道会社が自社の商品である列車の魅力を高めていく上で、重要な役割を担っている職種である。


鉄道パーサーはこんな人におすすめ!

初めての相手であっても、笑顔で礼儀正しく接することができる社交性が必要。数人のチームで乗務することもあり、一人での乗務でも運転士や車掌といった他職種とのチームプレーは常に付いて回る。毎回違った顧客が相手であり、何か新しいことに直面しても臨機応変に対応できる機転が求められる。乗務する列車によっては不規則勤務となる場合があるので、体調管理能力も欠かせない要素だ。

[学校の種類]を変更してさがす