関東・甲信越エリアのデジタル(コンピュータ)アニメーターを目指せるその他教育機関(スクール)一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

その他教育機関(スクール)

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デジタル(コンピュータ)アニメーター

この条件で検索する

関東・甲信越エリアのデジタル(コンピュータ)アニメーターを目指せるその他教育機関(スクール)の学校検索結果

7

1-7件を表示

デジタル(コンピュータ)アニメーターの仕事内容とは?

3DCGも珍しくない現在のアニメーション制作は、デジタルが主流で原画や動画を制作するアニメーターもコンピューターを駆使して取り組んでいる。とはいえ、絵を描くのはやはり人間。制作ソフトを操作する前に、デッサンや水彩画、空間表現などの基本を描けることが欠かせない。デジタルアニメーターになるには、さらにキャラクターをアニメ的に表現するための技術、番組企画、絵コンテを使った演出法などの知識と技術を身に付ける必要がある。アニメの楽しさをもっと多くの人に伝えるためには、コンピューターによる今までにない表現を追求することも重要だ。


デジタル(コンピュータ)アニメーターはこんな人におすすめ!

アニメーションの制作環境も今は変革期で、手描き作画からデジタル作画への移行が本格的に始まっている。今後はますますアニメ作品を作るために、3DCGやモデリング、キャラクターデザイン、背景美術などのスキルが求められる。実際の制作現場で用いるペイントツールや動画編集ツールなどを使いこなすパソコンスキルも必要だ。デッサン力や色彩センスもあると仕事の幅が広がる。