関東・甲信越エリアのデータベース検索技術者(サーチャー)を目指せる専門学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

専門学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

データベース検索技術者(サーチャー)

この条件で検索する

関東・甲信越エリアのデータベース検索技術者(サーチャー)を目指せる専門学校の学校検索結果

21

1-21件を表示

データベース検索技術者(サーチャー)の仕事内容とは?

膨大なデータベースの中から必要な情報を的確に入手し、顧客に提供する仕事。企業や医療機関、研究機関などから依頼を受け、世界中に数千あるデータベースにアクセスして情報を検索。コンピューターやデータベースに関する高度な知識が必要で、目的によっては整理や加工も行う。資格には一般社団法人情報科学技術協会の「データベース検索技術者認定試験」があり、情報検索に関する知識のほかに英語力も試される。必須資格ではないが、取得することで仕事の幅が広がるだろう。


データベース検索技術者(サーチャー)はこんな人におすすめ!

パソコンの知識や情報整理学に富んでいることが必要となる。英語で書かれたデータも多いため、英語力が必要だ。また、膨大なデータの中から、必要な情報を取り出して活用するため、物事の要点をまとめ、伝達する能力のある人に向いている。