水中フォトグラファーが学べる東北エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真アート・写真水中フォトグラファー

この条件で検索する

水中フォトグラファーが学べる東北エリアの学校検索結果

3

1-3件を表示

水中フォトグラファーの仕事内容とは?

水中フォトグラファーの仕事は、雑誌・書籍・Web・広告などに使うための水中写真を撮ること。水中の動植物・景色・マリンスポーツなどが被写体となる。水中写真のプロダクションに所属するか、独立して水中写真を出版社に売り込むことで収入を得ることができるようになる。水中フォトグラファーになるために必要とされる主な技術は「ダイビング技術」と「写真撮影技術」。水中写真のプロダクションに所属する場合でも、プロダクション側に未熟な水中フォトグラファーを育てているような余裕がないため、雇われる時点で水中フォトグラファーのアシスタントとして十分に働けるだけの技術を身につけていなければならない。水中には、毒を持った生き物やカニを噛み砕くだけの強靭な顎を持つ生き物などがいる。また、ダイビング時に水中で急浮上すると、血中の窒素などが気化して血管をふさぐ「減圧症」に陥ることがある。ダイビングにはそのような危険が常に伴うため、水中フォトグラファーには技術だけではなく水中の生物に関する知識、冷静な判断力も求められる。 水中で写真を撮ることに“危険を冒すに値するやりがいを感じられるかどうか”も一つの適性基準と考えられる。まずはアマチュアとして水中写真を撮ってみることが、水中フォトグラファーとしての第一歩となるだろう。