ナイフ職人が学べる東北エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真アート・写真ナイフ職人

この条件で検索する

ナイフ職人が学べる東北エリアの学校検索結果

1

1-1件を表示

ナイフ職人の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 ポケットナイフ、ハンティングナイフ、アーミーナイフなど全般にわたり、いまも昔ながらの技を駆使して職人たちの手作りが行われている。もともと欧米のものだったものを日本独自の形に発展させてきた。繊細でありながらも男っぽさを持ち、バランスのよさとスムースに動く機能に魅せられる人は少なくない。工房には平ベルトで動くグラインダーとハンドソーがあるくらいで、最新鋭の機械はない。ナイフ造りに欠かせない焼き入れも、昔ながらにコークスの火床で行っているところもある。現在、日本には50人から60人ほどのプロの職人がいる。名人が作ったナイフは数万円から数十万円もする高価なものだが、愛好家たちのあこがれの的になっている。ふつう、職人に弟子入りするしか道はなく、一人前になるには少なくても5年はかかる。ほかに、ナイフ製造・販売会社の専属でナイフをつくっている職人もいる。ほかに、アウトドア用の和式鍛造ナイフなど手作りする和式ナイフ専門の職人もいて、桜の枝の柄を持つ「山刀」や皮紐を巻きつけた和式ナイフなど人気が高い。観賞用としてだけでなく、道具として役に立つことが重要と、ある職人はいう。