裁判官が学べる東北エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律政治・法律裁判官

この条件で検索する

裁判官が学べる東北エリアの学校検索結果

2

1-2件を表示

裁判官の仕事内容とは?

裁判官とは、最高裁判所や高等裁判所、地方裁判所などで、検察官・弁護人の両者の主張を聴き、事実を認定し、判例などを参考にしながら法律を解釈して適用し、公正な判決を下す仕事を行う。刑事事件では、検察官・弁護人の両者から出される証拠に基づいて被告が有罪か無罪かを決め、有罪ならばどの程度の刑罰がふさわしいかを判断して判決を下す。民事訴訟では、原告・被告双方の当事者などから出される主張や証拠に基づいて、法律上の判断を行い、可能な場合は和解に導く。裁判官になるには原則として、司法試験に合格して法曹資格を取得後、一定期間の司法修習を修了して「判事補」となる必要がある。単独で判決を出すことができる「判事」に任命されるには、さらに10年間程度の経験が必要だ。

他の職種から学校をさがす