東北エリアのPAミキサー・PAエンジニア(音響)を目指せる専門学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

専門学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

PAミキサー・PAエンジニア(音響)

この条件で検索する

東北エリアのPAミキサー・PAエンジニア(音響)を目指せる専門学校の学校検索結果

5

1-5件を表示

PAミキサー・PAエンジニア(音響)の仕事内容とは?

PAエンジニアの仕事は大きく3つに分けられる。会場に流れる音を担当するPAミキサー(ハウスエンジニア)、舞台でミュージシャンが聞く音を担当するモニターエンジニア、会場の音響特性を考えるシステムエンジニアだ。会場の音と臨場感を高める、いわば音の魔術師ともいえる仕事。この職に就くには、音楽専門学校を卒業し、コンサート運営会社、PA会社に就職するのが一般的。大学生の頃から休暇を利用し、こうした音楽業界の会社でPA関係のアルバイト経験を積んで、音響の勉強をしておくと役立つことも多い。


PAミキサー・PAエンジニア(音響)はこんな人におすすめ!

PA機器の操作方法や知識だけでなく、さまざまな楽器やマイク、アンプやエフェクターなどに関する知識も求められる。観客に聞こえる音(スピーカーから出る音)と、プレーヤーに聞こえる音(モニターから出る音)のそれぞれのバランスを調整するスキルが必要だ。また、スピーカーから出る音の状態を的確にプレーヤーに伝えられる情報伝達力も重要である。プレーヤーや監督がどのような音を表現したいのかくみ取る理解力も求められる。

[エリア・都道府県]を変更してさがす
[エリア] [都道府県]