NASAの職員が学べる北海道エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙宇宙NASAの職員

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    NASAの職員の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 NASAとはアメリカ航空宇宙局のこと。世界の宇宙開発の中心で、設立は1958年。同じ年にNASAは人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げている。ワシントンの本部のほか、ケネディ宇宙センター、ジョンソン宇宙センターなど、国内に9つのセンターがある。職員数はおよそ2万人。それ以外に契約の職員15万人が働いている。NASAといえば宇宙飛行士を思い浮かべるが、その数は100人。それ以外にも多くの人が、宇宙計画を中心に、さまざまな研究・開発を行っている。基本的に正規の職員はアメリカの公務員。だが日本人にもNASAで働くチャンスはある。ひとつは契約の研究者として招聘されるケース。数は少ないが、日本の大学で航空宇宙学を学んだ後、アメリカに留学、研究者としてNASAで活躍している人もいる。もうひとつは日本の宇宙開発機関に所属し、そこから派遣されるケースだ。NASAはさまざまな分野で各国の宇宙開発機関と協力関係にある。冷戦の終了と予算の制限のなかで、宇宙開発は国際分業体制の時代に入ったといっていい。「国際宇宙ステーション」などはその最たるものだ。日本の宇宙開発機関である宇宙航空研究開発機構には、NASAとの間に主なものだけで10以上の協力プロジェクトがある。これらに関わる研究者、開発者にはNASAで働くチャンスも十分にある。