東京リゾート&スポーツ専門学校のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

東京リゾート&スポーツ専門学校 専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人三幸学園

「アスレティックトレーナー」に必要な知識・能力・考え方が、即戦力として活かせるレベルまで身につく。

KEYWORD

  • #スポーツ
  • #リハビリ
  • #東京
  • #トレーニング指導者
  • #専門学校

「アスレティックトレーナー」の資格取得に向けて、理論と実践を基礎から徹底的に学べます。

この仕事を目指したのは、可能性のある人をそのまま放っておけないと思ったのがきっかけです。私も学生、社会人とプロフェッショナルを目指して競技に取り組んでいましたが、怪我などにより自分が思い描いていた結果にはなりませんでした。私のような経験をしている選手は大勢いると思います。次のステージへの可能性があるのにも関わらず、何をしていいのかわからない。「なぜ?」がわからないままトレーニングをしている。そんな状況を変えたいと思い、この道を選択しました。
そこで進学先を探していて見つけたのが、アスレティックトレーナーの資格の取得ができる、東京リゾート&スポーツ専門学校のアスレティックトレーナーコースでした。最終的に入学を決めた理由は、オープンキャンパスでの対応してくださった先生や生徒の皆さんの情熱や態度に感銘を受けたため。もちろん資格もそうですが、こういった場で学びたいと感じたから、という思いが大きいですね。
幅広いスポーツ業界で活躍するスペシャリストを育成するスポーツトレーナー科では、理論と実践を徹底的に基礎から学べます。その上で、2年次からより専門的なコースがあり、それぞれの夢や目標に絞り込んだカリキュラムで専門性に磨きをかけていけます。

大学ラグビーの現場や、専門学校非常勤講師、クリニックでのリハビリ助手をしています。

実際に学んでみると、トレーニング指導やスポーツテーピング実践、コンディショニングの理論と実際、リハビリテーションの理論と実際、動作分析とプログラミング、スポーツ医学など、アスレティックトレーナーになるために必要な学びが広く揃っていました。知識はもちろん大切ですが、私が最も貴重な経験だと思っているのは「常に学び、考え続けることの大切さ」を知ることができたことです。
トレーナーという仕事は常に考え、学び続け成長し続けることが大事だと私は考えています。日々、情報が変わっていく中、その情報キャッチして、知識を得ていかなければならないこと。専門学校では毎日が自分の知らないことの連続で、それを学び続けたからこそ今も学ぶことを忘れず成長し続けることができていると感じています。
卒業して現在は、流通経済大学ラグビーフットボール部に所属。フルタイムでのスポーツ現場、専門学校非常勤講師、クリニックでのリハビリ助手をしています。仕事のメインはアスレティックトレーナーとしての現場指導。コンディショニングを始め、応急処置・救急処置、トレーニング指導など活動内容は多岐に渡ります。

関わる学生(選手)が、主体性を持って取り組み始めた瞬間にやりがいを感じます。

今までは怪我をしてしまった選手に対してハードなリハビリを行い、復帰して活躍することがやりがいと感じていた時期もありました。しかし現在は、怪我をする前に自ら情報を得て予防に取り組む選手や、復帰後もトレーニングを黙々とこなし、2度と同じ怪我をしないように主体的に取り組む選手。こういった選手が少しずつ増えてきているのが実際です。トレーナーとしての指導はもちろんしておりますが、「教育」という部分にもかなり力を入れており、そういった部分の変化を感じることがやりがいとなっています。今後は野球の世界に飛び込みたいですね。
皆さんにアドバイスをするとすれば、選択の主体は常に自分にあるということ。無意識的にも意識的にも人間は常に選択し続けています。何をしないことを選択したのも自分。挑戦しようと一歩踏み出すことを選択するのも自分。今この瞬間に選択していることに「正解」なんてものはありません。ただ常に学び成長し続けることができる選択をし続けて欲しいと思います。

  • 学校No.784
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす