日本大学 法学部の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

日本大学 法学部 PRイメージ

法を通して社会全体を学ぶ。都心で学べる社会科学の総合学部

日本大学法学部は、学部創設130年を越える長い歴史と伝統を誇る学部です。法律(第二部〈夜間部〉併設)、政治経済、新聞、経営法、公共政策といった多彩な専門性を持つ5学科により構成され、学生の関心や進路に対応した多様な専門教育を展開しています。充実したカリキュラムと多彩なプログラムにより、リーガルマインドを修得し、また、学生一人ひとりのキャリアアップや資格取得を全面的にサポートすることにより、社会の多様な課題に積極果敢に取り組む探求心豊かな人材の育成を目指しています。

2020年4月からは法学部法律学科に『法曹コース』が設置されました。法曹コースは、本学ロースクール(大学院法務研究科)との連携に基づき、法曹(裁判官・検察官・弁護士)を目指す学生を対象に一貫した教育を提供することを目標としており、『司法の日大』の名にふさわしい法曹養成のための指導体制が整えられました。

日本大学 法学部 PRイメージ1
日本大学 法学部 PRイメージ2
日本大学 法学部 PRイメージ3
日本大学 法学部 PRイメージ4
日本大学 法学部 PRイメージ5
日本大学 法学部 PRイメージ6

トピックス

2021.08.25

最短約6年で法曹資格取得を目指せる「法曹コース」設置!

2020年4月、法学部法律学科に「法曹コース」が設置されました。このコースは、本学のロースクール(大学院法務研究科)と連携し、一貫性のある教育課程を編成することにより、優れた資質・能力を有する者が学部を早期卒業の上、ロースクールに進学し、質の高い法曹(裁判官・検察官・弁護士)の養成に資することを目的としたもので、その特徴として以下が挙げられます。

①5年一貫型の教育選抜制度
「早期卒業」制度の利用により最短3年間で法学部を卒業。「特別選抜」を経てロースクール(既修者コース)に進学し2年間で修了。計5年間の学びで司法試験合格を目指します。その後の司法修習の約1年を含め、約6年で法曹資格取得を目指すことが可能です。

②法曹コースの学生専用カリキュラム
司法試験で必ず問われる科目(憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法)を必修科目に据え、大部分の講座が法曹コースの学生専用として、他の受講生とは別に開講されています。また、法曹になるために必要な法律を解釈する力を、判例などの具体的事例を索材として、1年次から段階的に鍛えるカリキュラムが組まれています。

日本大学 法学部 最短約6年で法曹資格取得を目指せる「法曹コース」設置!

2021.08.25

国家公務員・地方公務員を志す学生のために設置された「行政科研究室」

行政科研究室は、主に「国家公務員採用総合職試験」をはじめとした各種公務員試験の合格を目標とした研究室です。
また、中央官庁や国の地方機関で一般行政事務に従事する公務員を採用する「国家公務員採用一般職試験」、都道府県や大都市の幹部職員として働く「地方公務員採用試験(上級)」の合格を目標にする、志の高い学部生・大学院生へ広く門戸を開放しています。
本研究室に在籍することにより、公務員採用試験合格のために設置された特別講座、講演会、答案練習会に参加できるほか、受験報告会やOB・OG会といった各行事に参加する機会が与えられるなど、受験まで高いモチベーションを維持することが可能です。

●実績
【国家公務員】
2020年度 行政科研究室4年生 29名中10名合格
2019年度 行政科研究室4年生 38名中3名合格
2018年度 行政科研究室4年生 33名中5名合格

【地方公務員】
2020年度 行政科研究室4年生 29名中11名合格
2019年度 行政科研究室4年生 38名中13名合格
2018年度 行政科研究室4年生 33名中11名合格

日本大学 法学部 国家公務員・地方公務員を志す学生のために設置された「行政科研究室」

2021.04.06

法を通して社会全体を学べる5学科

社会のルールとしての法。その法を制定する政治。法に基づき発展する経済。法を実践する公共政策。法の順守を見つめる報道。5学科のつながりを通して社会を総合的に学びます。

※法学部の特徴はこちらから
 https://www.law.nihon-u.ac.jp/faculty/feature.html

日本大学 法学部 法を通して社会全体を学べる5学科

2021.04.06

法学部広報誌「日本大学法学部 Journal」

日本大学法学部の広報誌です。
「学生目線」の広報誌として年3回発行しています。

※「日本大学法学部 Journal」の閲覧はこちらから
 https://www.law.nihon-u.ac.jp/publication/pr/

日本大学 法学部 法学部広報誌「日本大学法学部 Journal」

募集内容・学費(2021年4月実績)

日本大学 法学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

法学部

法律学科(第一部)/昼間部

概要 ==夢を実現するための、きめ細やかで実践的な指導。法律のプロとして成長するための4年間==
法律学科は、日本において1900件弱もの数が制定されている法律を使いこなす、柔軟で論理的な思考能力を涵養し、現代を生きる私たちにとって不可欠である法律学の素養を身につけた企業人や公務員を育成します。
法律学科には『法曹コース』と『総合法コース』の2つのコースが設けられ、実践的な教育を行っています。
定員 533名
年限 4年
初年度納入金 1,260,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

法律学科(第二部)/夜間部

概要 ==カリキュラム・教員・講義のレベルともに第一部と同等。社会人にも門戸を開き、生涯学習やキャリアアップの場に==
第二部(夜間部)法律学科は、主に夕方からの時間帯を使って、第一部法律学科と同じカリキュラム・授業内容を提供しています。社会人も在籍し、無理なく卒業単位を修得できるように時間割が展開されています。また、第二部から第一部への転部も可能です。
第二部には『総合法コース』が設置されています。
定員 200名
年限 4年
初年度納入金 660,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

政治経済学科

概要 ==目標に応じて選べる4つのコースを設置。激動する現代政治と経済を読み解き、未来を導く人材を育成==
政治経済学科は、政治を中心として経済や法の知識を習得することで、現代社会を総合的に学ぶことを目指します。独自の視点を養い、政治と経済を読み解く人材を育てます。Global・National・Local・Theoryをキーワードに、『国際政治経済コース』『日本政治経済コース』『地方行財政コース』『政治経済理論コース』の4コースを設置しています。
定員 350名
年限 4年
初年度納入金 1,260,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

新聞学科

概要 ==コミュニケーション、メディアの理論と実績を融合し、時代のニーズに応えた3コースを設置==
新聞学科では、将来目指す職業に合わせて自由に履修モデルを組み立てることができます。
1年次に少人数演習でどの職業にも必要な情報発信に必要な力を鍛え、2年次からは自由に履修科目を選びながら学びます。
定員 200名
年限 4年
初年度納入金 1,260,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

経営法学科

概要 ==法律の知識と経営学を体系的に融合し、世界に通じるビジネス力を養う==
経営法学科では、法律の知識をベースに、企業経営に関連する多くの科目から実際のビジネスの場で活用できる幅広い能力を身につけるカリキュラムを用意。グローバル化時代において企業の中核を担う、法とビジネスに秀でたグローバル人材を育成します。
経営法学科には、法律と経営の知識を体系的に教育するため、『ビジネス法コース』『国際法務コース』『知的財産コース』の3つのコースがあります。
定員 200名
年限 4年
初年度納入金 1,260,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

公共政策学科

概要 ==官公庁か、産業界か、地域社会への貢献か。法的知識を基礎に「新しい公共」で活躍できる力を==
公共政策学科では、法律学、政治学、経済学の知識を基礎として、公共に関わる分野、国および地方自治体の機能、政策の分析方法・技法に関する知識・理解の上に、公共政策の立案や政策の効果を分析する能力を養成します。さまざまな分野における公共政策に係る能力を養成することを通じ、将来、国および地方の行政組織で活躍する公務員、民間企業や「新しい公共」の領域で活動する諸団体でリーダーシップを発揮できる人材を育成することを目的としています。
公共政策学科には、『行政職課程』『公安・自治体コース』『公共・公益マネジメントコース』の3コースが設置されています。
定員 250名
年限 4年
初年度納入金 1,260,000円
教職課程 中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
高等学校教諭一種免許状(公民)
※教職課程の履修&習得により取得可能

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2021年3月卒業生実績

  • 清水建設(株)
  • (株)竹中工務店
  • (株)熊谷組
  • 大東建託(株)
  • 三井ホーム(株)
  • 本田技研工業(株)
  • 三菱自動車工業(株)
  • 今治造船(株)
  • 東芝テック(株)
  • 日本放送協会
  • JCOM(株)
  • 富士ソフト(株)
  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 東京地下鉄(株)
  • 東京臨海高速鉄道(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)大塚商会
  • 三愛石油(株)
  • (株)横浜銀行
  • 三井住友信託銀行(株)
  • 千葉信用金庫
  • 中央労働金庫
  • 埼玉県信用農業協同組合連合会
  • NTTファイナンス(株)
  • 住友三井オートサービス(株)
  • みずほ証券(株)
  • 明治安田生命保険(相)
  • 東急不動産(株)
  • 三井不動産リアルティ(株)
  • スターツコーポレーション(株)
  • (株)ゼンショーホールディングス
  • 日本郵政(株)
  • 綜合警備保障(株)
  • (株)NTTぷらら
  • 総務省
  • 農林水産省
  • 関東財務局
  • 東京国税局
  • 厚生労働省
  • 海上保安庁
  • 会計検査院
  • 皇宮警察本部
  • 東京都庁
  • 神奈川県庁
  • 埼玉県庁
  • 千葉県庁
  • 山梨県庁
  • 群馬県庁
  • 警視庁
  • 東京消防庁
  • …など

就職支援

【就職支援プログラム】
「キャリアプランガイダンス」をはじめとして、「インターンシップガイダンス」「業界・企業・職種研究セミナー」「自己分析・エントリーシート作成ガイダンス」「SPI3対策講座」など、年間を通じて、豊富で密度の濃いプログラムをご用意。1年次から多彩なプログラムが用意されるなど、学生の就職活動を全面的にサポートしています。また、就職指導課では、職員はもとより、社会で経験を積んだ卒業生から生きたアドバイスを受けることができます。

【NU就職ナビ】
企業情報約8万件、求人情報約1万5千件と、総合大学としてのスケールを就職活動に生かした、日大生だけが利用できる就職情報サイト『NU就職ナビ』を開設。日大生向けの求人情報の検索、企業情報の検索が可能なほか、先輩たちの就職活動報告書や行事カレンダーの掲載、情報交換、登録業種の求人情報のメール通知など、日大生の就職活動をバックアップします。

各種制度

日本大学 法学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

学科・学部を越えて学べる相互履修制度

法の学びを通し、興味が多方面へと大きく広がることがあります。より幅広い知識の修得を目指す学生たちのために、日本大学法学部では在籍する学科以外の専門科目も履修することができます。言わば学科間相互履修です。例えば、政治経済学科に在籍しながらも、法律学科や新聞学科の専門科目などを履修することができます。
また、日本大学には学部間相互履修という制度もあります。法学部だけでなく、自分が興味を持った内容にあわせて日本大学の他学部の授業を履修することができます。日本大学は16学部87学科および通信教育部4学部、短期大学部4学科、大学院19研究科を擁する総合大学です。これらの学部が総合的に連携し、学生の学びをバックアップします。

日本大学 法学部 学科・学部を越えて学べる相互履修制度

学生の資格取得を支援する独自のサポート体制「学生研究室」

広く社会に貢献できる人材の育成を理念として、難関国家資格などの合格を目指す学生のために6つの研究室を設けています。自己努力だけでは合格が難しい特殊性がある難関資格試験に対して、法学部教員はもとより、特別講師や試験合格者のOB・OGが万全の体制で指導を行う、日本大学法学部独自の学生支援システムです。
司法科研究室…法曹(裁判官・検察官・弁護士)を志す学生のために設置された研究室です。
司法書士科研究室…司法書士を志す学生のために設置された研究室です。
弁理士科研究室…弁理士を志す学生のために設置された研究室です。
税理士科研究室…税理士を志す学生のために設置された研究室です。
行政科研究室…国家公務員・地方公務員を志す学生のために設置された研究室です。
公認会計士科研究室…公認会計士を志す学生のために設置された研究室です。

日本大学 法学部 学生の資格取得を支援する独自のサポート体制「学生研究室」

自分の興味のあるテーマを掘り下げる「ゼミナール」

本学部のゼミナールは、学科にとらわれず、自分の興味のあるテーマに合わせて選択することができます。指導教員のもとで少人数の共同研究を行うため、活発な論議やより深い研究を行うことができます。専門分野の専任教員はすべてゼミナールを担当しており、指導教員の専門領域と関連して、3~4年生を対象に、2年間、徹底した個人指導がなされます。

日本大学 法学部 自分の興味のあるテーマを掘り下げる「ゼミナール」

国際的な視野・感覚を身につける国際交流・留学

日本大学(法人本部)および法学部では、学生の国際感覚の涵養や外国語の修得の必要性を古くから認識し、世界各国の主要大学との学術交流協定を締結して、教職員の交流、共同研究の計画・実行だけでなく、留学生の交換、短期海外研修などの国際交流を積極的に進めています。また同時に、卒業後に世界に雄飛できるような人物を育成するために、さまざまな国内外での語学研修や外国語講座に関するプログラムを設け、学生の支援を行っています。

日本大学 法学部 国際的な視野・感覚を身につける国際交流・留学

日本大学法学部のランドマーク「法学部図書館」

法学部図書館は約500,000冊の図書を所蔵しており、国内・国外の学術雑誌も数多く約3,000タイトルあります。さらに毎年約10,000冊の書籍を新たに購入し、学問と研究の場にふさわしい教育環境の整備に努めています。

日本大学 法学部 日本大学法学部のランドマーク「法学部図書館」

充実の奨学金・教育ローン

日本大学法学部では、学業成績優秀者、経済的困窮者、国家試験合格を志す者などに対して、各種の奨学金を準備しています(学内の奨学金はすべて給付型で、返済の必要はありません)。また、学外機関ではありますが、貸与型奨学金の手続きも行っています。
【学部独自の奨学金の一例】
■法学部奨学金[第1種~第3種]
■法学部永田奨学金
■法学部山岡奨学金
■法学部杉林奨学金
■日本大学小澤奨学金
■法学部校友会奨学金[第1種~第2種]
■法学部後援会奨学金 など

日本大学 法学部 充実の奨学金・教育ローン

サークル活動

サークルは学生主体の活動です。日本大学法学部ではたくさんのサークルが活動しています。
【公認サークル スポーツ系】軟式野球サークルSHO-GUN、日法サッカー部、法学部テニスクラブ など
【公認サークル 文化系】管弦楽団、放送研究会、落語研究会、アニメーション研究会 など
【準公認サークル スポーツ系】日本大学サーフライフセービングクラブZIPANG、日本大学水上スキー部、男子ラクロス など
【準公認サークル 文化系】日本大学合唱団、アウトドアサークル、日法ボードゲームサークル など

日本大学 法学部 サークル活動

学びの分野/学校の特徴・特色

日本大学 法学部で学べる学問

  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 国際・国際関係

日本大学 法学部で目指せる職種

  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律

日本大学 法学部の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 夜間(2部)課程
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

日本大学 法学部の所在地

神田三崎町キャンパス

所在地

〒101-8375
東京都千代田区神田三崎町2-3-1

交通機関・最寄り駅

JR中央線・総武線「水道橋」駅下車 東口 徒歩3〜5分
都営三田線「水道橋」駅下車 A2出口 徒歩3〜6分
東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線「神保町」駅下車 A4出口 徒歩5〜8分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅下車 2番出口 徒歩10~12分

日本大学 法学部のお問い合わせ先

  • 学校No.7250
  •  
  • 更新日: 2021.09.28