せとうち観光専門職短期大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ

2021年4月高松市に開学。企業と連携し、観光を実践的に学べる専門職短大。

専門職短期大学は、産業界と連携した実践的な学びで、希望する専門職への就職が目指せる新しいタイプの短期大学です。本学の観光振興学科(3年制)では、観光振興のエキスパートとして、観光産業及び観光による地域創生事業を牽引しつつ、社会構造の変化やニーズを的確に捉えて事業イノベーションや地域社会の魅力を創出することができる高度専門職業人を養成します。

本学には、観光分野において高度な実務経験を持つ実務家教員と、教授など高い研究能力、教育能力を持つ教員、さらには現職で現場の主要なポジションを担う教員がいます。
そのため、授業内容が豊富で、知識と実践をバランスよく学ぶことができます。
今の現場において即戦力となる技術を身につけた上で、これからの時代の変化やニーズの変化にも対応できる、理論に基づいた高度な実践力を養います。

また、本学は1年を4学期に分けるクォーター制のカリキュラムで、短期集中型の授業形態を特徴としています。
1科目週2コマのペースで学ぶため、覚えたことが定着しやすく、段階的に学修するため、基礎から応用への発展をスムーズに行うことができます。

せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ1
せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ2
せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ3
せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ4
せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ5
せとうち観光専門職短期大学 PRイメージ6

トピックス

2021.07.05

2022年度入学生選抜試験情報を公開中です!

試験日や詳しい内容については、本学ホームページをご覧ください。
https://web.seto.ac.jp/nyugaku/

●総合型選抜
・レクチャー方式
・フェバリット方式
・プレゼン方式(オンライン)
●学校推薦型選抜
・指定校推薦(※専願)
・公募推薦
●社会人選抜選抜
●一般選抜

せとうち観光専門職短期大学 2022年度入学生選抜試験情報を公開中です!

2021.07.05

臨地実務実習(企業内実習)のイメージ動画ができあがりました。

本学の特徴である、臨地実務実習のイメージ動画を公開中です。
https://www.youtube.com/watch?v=EkRChcJX6a4&t=8s

1年次に3週間、2年次に6週間×2回の合計15週間の臨地実務実習を行うのが本学の特徴。
就職に直結した学びの一つといえます。
実務にかかわるより高度な知識や技能を体得し、
観光産業及び観光により地域連帯業務の実態を学修します。

せとうち観光専門職短期大学 臨地実務実習(企業内実習)のイメージ動画ができあがりました。

2021.07.05

3段階の企業内実習で大きく成長

長期間の臨地実務実習(企業内実習)では、社会における観光専門職の役割について考察したリ、講義で身につけた観光学の知識や理論が現場でどのように活かせるのかなどの思考を深めたりしながら実務が行えるため、大きく成長できます。
3回行う実習にはそれぞれ、実習前にその準備としての「事前学修科目」、実習後には、実習で得た学びを理論的に整理して振り返りを行うための「事後学修科目」があり、実習での学修効果をより高める仕組みを整えています。
学生のうちから自分が希望する職種の現場に触れ、その実務を体験することは、将来に向けての良い刺激にもなります。
(実習施設例:観光関連企業・団体、観光施設、ホテル、航空会社、鉄道会社など)

せとうち観光専門職短期大学 3段階の企業内実習で大きく成長

2021.07.05

大きく変化していく日本の観光産業を支える専門職業人材を育成

2017年の訪日観光客数は過去最高の2,869万人(日本政府観光局(JNTO)報道発表資料より)。この大規模なインバウンドに対応するには、観光産業の即戦力が必要です。さらに今後は、こうしたインバウンドの拡大に伴う大きな社会情勢の変化や顧客ニーズの変化も予想されます。そのため、観光に関わる職業には、そうした変化への対応力も求められます。本学では、実習を中心に観光学の知識と観光実務の技能を学びにくわえて、経営学やICTなど観光以外の分野も学ぶことで、これからの時代の変化やニーズの変化にも対応できる高度な実践力と豊かな創造性を身につけます。

せとうち観光専門職短期大学 大きく変化していく日本の観光産業を支える専門職業人材を育成

2021.07.05

本学が養成する「観光振興専門職」とは?

本学は、「人間力」「観光の理論と知識」「観光実務の知識と技能」を修得し、観光振興のエキスパートとして、観光産業および観光による地域創生事業を牽引しつつ、社会構造の変化やニーズを的確に捉えて事業イノベーションや地域社会の魅力を創出することができる高度専門職業人=観光振興専門職を養成する実践的な職業教育を行います。卒業後は、交通産業(航空会社、鉄道会社)、宿泊産業(ホテル・旅館)、観光地域創生(旅行会社、観光による地域振興を担う団体、DMO、NPOなど)等において、チームリーダーや部門の責任者、現場の人材管理等マネジメントなどの役割を担う総合職や、業務改善や新規事業開発、新商品販売に関する企画・立案・実行を担ったり、地域内の観光産業や観光による地域創生事業の連携・協力を図ったり、インバウンド対応やオーバーツーリズム対策などの課題解決に取り組むなど、重要な役割を担う人材となることをめざします。そしてさらにその後、職務経験や社会経験を積み、将来的には、観光業界のトップマネジメント、あるいはミドルマネジメントを担う人材、またはみずから起業して経営者や代表者となる人材となることを想定しています。

せとうち観光専門職短期大学 本学が養成する「観光振興専門職」とは?

募集内容・学費

せとうち観光専門職短期大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

観光振興学科

概要 専門職短期大学では、学んだ知識を現場で使ってみる「理論と実践」のサイクルを大切にしています。このため、学校内外での実習を充実。挑戦と失敗を繰り返しながら学ぶことで、即戦力となる人材をめざします。
本学も、希望する職業に適した企業や団体で、3年間でトータル約15週間にわたる長期の実習を実施し、社会における観光専門職の役割など、思考を深めながら実務を行うことで、大きく成長する機会を創出します。
定員 80名
年限 3年制
学費 初年度納入金:1,200,000円
※実習費50,000円含む。
目指す職種 航空旅客スタッフ
鉄道会社スタッフ
ホテルスタッフ
ツアープランナー
旅行会社スタッフ
観光関連団体
NPO等の職員
観光施設のスタッフ
伝統産業のスタッフ
観光ガイド
起業 など
備考

2021年4月開学
(2021年4月実績)

各種制度

せとうち観光専門職短期大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

入学生特待生制度

※入学年度のみ対象

■対象:総合型選抜入試(A~C日程)、学校推薦型選抜入試及び社会人選抜入試の合格者のうち、第二次入学手続を済ませた者
特待生選考希望者のみ、2022年2月19日に実施する「特待生トライアル試験」を受け、その試験結果が80点以上で、かつ上位6名の者
1位:授業料の全額免除
2~3位:授業料の半額免除
4~6位:入学金相当額免除

■対象:一般選抜入試A日程及びB日程の合格者
学科試験「英語」が80点以上で、かつ成績上位2名のものには以下の通り授業料を免除します。
1位:授業料の全額免除
2位:授業料の半額免除

入学生保有資格特待生制度

■対象:入学までに、英検2級以上に合格、もしくはTOEIC500点以上に到達した者
上記の者は入学金相当額が免除されます。

実習奨学金制度(給付型臨地実務)

※2年次のみ対象

■対象:2年次に履修する臨地実務実習Ⅱ及びⅢにおいて、航空クラスを選択する者
選考の上8名を選出、穴吹チャレンジ奨学金として10万円を給付します。

学びの分野/学校の特徴・特色

せとうち観光専門職短期大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 国際・国際関係

せとうち観光専門職短期大学で目指せる職種

  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光

せとうち観光専門職短期大学の特徴

  • 総合型選抜制度
  • 特待生制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場
せとうち観光専門職短期大学の学部・学科情報はこちら

せとうち観光専門職短期大学の所在地

キャンパス

所在地

〒761-0113
香川県高松市屋島西町2366-1

交通機関・最寄り駅

●JR高松駅/ことでん高松築港駅から路線バスで約20分
●ことでん沖松島駅/ことでん潟元駅から徒歩で約20分
●車、バイク、自転車でお越しください。
※無料駐車場、駐輪場あり。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

087-899-7011

せとうち観光専門職短期大学のお問い合わせ先

学校法人穴吹学園 せとうち観光専門職短期大学

電話 087-899-7011

  • 学校No.7003
  •  
  • 更新日: 2022.01.11