奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

その他教育機関(スクール) 奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校

食×農 2つの強みでおいしい!のプロになる。

農作物はどのように育つのか。どのように流通し、調理され 、食卓へ届くのか。一連の流れに精通し、安心と信頼をもって食と農の世界を支える人材を育てること。それが本学(NAFIC)の使命。 各分野の専門知識はもちろん、領域の垣根を越えた、実践の現場で役立つ技術・ノウハウの修得こそが、NAFICは大切と考えています。

「おいしい!」を生み出すプロフェッショナルを目指して、あなたもその一歩を踏みだしませんか。

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校 PRイメージ1
奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校 PRイメージ2
奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校 PRイメージ3

トピックス

2018.05.31

食と農のプロを育成する2つの学科

フードクリエイティブ学科では、オーナーシェフに必要なマネジメント力、ホスピタリティを備えた、「食」の担い手を育成し、アグリマネジメント学科では、経営センスに優れた、「農」の担い手を育成します。
さらに、それぞれの学科が連携し、これまでにない実学教育で、未来の食と農を担うリーダーを育てます。

2018.05.31

フードクリエイティブ学科(シェフ育成)

“飲食サービス業界で活躍する。”
その夢を実現するためには、これまでにない学びと実践が必要です。
フードクリエイティブ学科では、1人1ストーブ方式による調理実習やオーベルジュ実習、農業実習などを取り入れ、各界で活躍するプロの講師を招き、深く幅広い知識が習得できるカリキュラムを設定しました。
さらに、経営マネジメントやマーケティング、サービス分野、外国語にも力点を置き、将来の独立開業や世界での活躍など、あなたの夢を支援します。

2018.05.31

アグリマネジメント学科(農業経営者育成)

“農業経営のプロになる。”
そのための農業経営ビジョンを実現するためには、生産から流通、販売まで幅広い知識と実践力が必要です。
アグリマネジメント学科では、1人1ほ場による実習や先進農家の下での長期実習などを取り入れるとともに、経営やマーケティングなどあらゆる分野の専門家や経験豊かな農業技術者によるカリキュラムを設定しました。
さらに、全国段階研修にも参加し、就農の夢を支援します。

2018.05.31

1期生が卒業しました!

2018年3月、NAFIC第1期生が卒業し、4月からそれぞれの夢のステージで活躍しています。

【フードクリエイティブ学科の主な進路】
●レストラン:カンテサンス、ロオジエ、リストランテASO、オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井
●ホテル:THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海 など

【アグリマネジメント学科の主な進路】
●独立自営就農:野菜部門(イチゴ、ナス、軟弱野菜等)、果樹部門(ブドウ、イチジク)
●農業法人:(株)上田育苗、(有)類農園、UEDAなっぱ工房
●農業関連企業等:日本ニューホランド(株)、大和物産(株)、奈良佐保短期大学(生活未来科学専任講師) など

2018.05.31

オープンキャンパス開催中&SNSで情報発信中!

NAFICでは、入学希望者を対象にオープンキャンパスを開催しています。
平成30年度はフードクリエイティブ学科は7回(5月、6月(2回)、8月、9月、12月、3月)、アグリマネジメント学科は池之内校舎で3回(7月、8月、1月)開催します。
各学科のカリキュラムや実習内容の説明・体験、施設見学等を行うほか、個別相談にも応じます。
お気軽にお申し込みください。

また、最新の情報や授業風景をSNS(Facebook、Instagram、Line)で発信中!「NAFIC」で検索してください!

募集内容・学費

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

フードクリエイティブ学科

概要 農業・農作物に関する知識を持った「食の担い手」を育成。
高級食材に頼るのではなく、その土地で採れた旬の野菜や肉などの素材の良さを活かし、地域性や季節感を大切にする、フランス料理の“テロワール”がNAFICの目指す美味しい料理です。高度な調理技術と幅広い知識、実践力がある「農に強い食の担い手」を育成します。
年限 2年
定員 20名
学費 初年度納入金1,217,800円
※実習費等その他の費用含む(教科書代は別)。
備考

2018年4月実績

アグリマネジメント学科

概要 高度な農業技術があり、農業経営センスの優れた「農の担い手」を育成。
作れば売れる、そんな時代は過去のもの。自分たちの作る農作物がどのように流通し、調理され、食べられていくのか。川下のニーズを見極める力などを備えた総合力のある農業経営者を育成します。
年限 2年
定員 20名
学費 初年度納入金254,450円
※実習費等その他の費用含む。
備考

2018年4月実績

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月卒業生(1期生)実績

  • 【フードクリエイティブ学科の主な進路】
  • カンテサンス(レストラン)
  • ロオジエ(レストラン)
  • リストランテASO(レストラン)
  • オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井(レストラン)
  • THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海(ホテル)
  • …など

【アグリマネジメント学科の主な進路】
●独立自営就農:野菜部門(イチゴ、ナス、軟弱野菜等)、果樹部門(ブドウ、イチジク)
●農業法人:(株)上田育苗、(有)類農園、UEDAなっぱ工房
●農業関連企業等:日本ニューホランド(株)、大和物産(株)、奈良佐保短期大学(生活未来科学専任講師) など

就職支援

本校では、一人ひとりの夢の実現を後押しする就職支援を行っています。

【フードクリエイティブ学科】
“飲食サービス業界で活躍する”将来の夢を現実にするため、様々な分野の実習や実践体験を通じて適性を見極めながら、卒業プロジェクトとして自分の将来ビジョンを策定。将来ビジョンの実現に向けて就職・研修先を、レストラン・ホテル・民間企業等と連携をとりながらアドバイス・紹介するとともに、卒業後も本校と県が支援します。

【アグリマネジメント学科】
“地域農業を担う経営センスに優れた農業経営者”をめざし、科学的知識や経営能力の修得、実践的実習を通じて、卒業後の農業経営計画を策定。経営ビジョンの実現に向けて、地域の先進農家や農業関連企業との連携を取りながら、卒業後の就農や就職、研修先について相談・紹介します。卒業後は県農業関係機関とともにフォローアップします。

各種制度

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

オーベルジュ実習【フードクリエイティブ学科】

校内に、一般のお客様を迎えるオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)を設置。美味しい料理と大和平野を見渡す眺望を求めて訪れる国内外のお客様に対し、料理の提供やサービスを実体験します。実際のお客様を相手に実践実習を積むことで、高いスキルを身につけます。

【主な実習内容と身につける力】
・立ち姿勢・歩き方などサービスの基本実習
・オーベルジュ厨房での調理実習
・ダイニングでのフロアサービス実習
・宿泊施設でのサービス、ルームメイキング実習

1人1ストーブのカリナリーアート(調理実習)【フードクリエイティブ学科】

ヨーロッパの調理学校で主流とされる1人1ストーブ(コンロ)方式を採用した調理実習を行います。機器の取り扱いを正しく把握し、下準備から料理制作、後片付けまで、調理の全工程を1人でこなす技術を修得します。また、レストランの厨房を想定したグループ実習も実施。カリナリーアートの指導は(学)辻料理学館(辻調理師専門学校・辻製菓専門学校)の講師陣が担当し、調理方法や食材別に正しい知識を身につけます。

校内実習農場での農作物栽培実習&農産加工実習【フードクリエイティブ学科】

イチゴや大和野菜など、奈良県産野菜の栽培やフランス料理に使用する西洋野菜などを栽培。調理に役立つ「農」の基礎知識を習得します。
また、収穫した農作物を使って、コンフィチュールなどの農産加工品づくりのノウハウを身につけます。

経営・マーケティング関連科目【フードクリエイティブ学科】

社会人に必要なビジネスマナーやコミュニケーション力といった基本的な能力だけでなく、卒業後のキャリア設計や飲食店経営に役立つ財務・労務管理手法など、実践的な知識をトータルで身につけ、複数領域の専門性を有する経営者を育成します。

主な実習内容:マネジメント(財務・労務管理)
       キャリアプランニング(自己能力開発)
       フードビジネス・プランニング(開業計画)
       フードパブリシティ(マーケティング力)
       フード・レストランデザイン(店舗設計) 

農業経営に必要な基礎的技術を学ぶ専門実習【アグリマネジメント学科】

1年次に野菜・花き・果樹の生理生態、栽培技術の基礎を時間をかけて学び、生産から経営までの知識、技術を幅広く習得します。校外の研究施設で水稲、茶・畜産・果樹の実習等も実施。また、農作業を行うにあたって使用する多種多様な農業機械や施設について、その機能や構造を知り、安全な取り扱いができるように実地で訓練するとともに、生産工程管理(GAP)についての演習も行います。

消費者ニーズを学ぶ販売実習【アグリマネジメント学科】

専門実習の一環として、奈良県の代表的な農産物であるイチゴや大和野菜などを生産し、直売所で販売するまでの工程を学びます。収穫から調整、値決めなど一連の実務スキルが身につくことはもちろん、直売所でお客様と接することでニーズを知ることができます。この実習を通じて、県農産物の特性を活かしたマーケティングや、商品PRスキルのセンスを培います。

【主な実習内容】
●収穫、調整、パッキング
校内で育てた農産物を収穫し、販売するための洗浄や選別などを行い、陳列できるよう袋詰めやパッキングを行います。
●値決め
一般的なスーパーでの流通価格などと比較検討しながら、農作物の販売価格を決定。
●ポップ作成
商品の魅力が消費者へ届くよう、ポップを工夫して手作りします。
●直売所への搬入、陳列、引き上げ
準備した農作物を直売所へ搬入・陳列し、消費者との対話も行います。

インターンシップ実践実習【アグリマネジメント学科】

2年次に希望者を対象に、野菜・花き・果樹等・農業経営ビジョンに応じて、長期にわたり指導農業士や農業法人等の下で派遣実習を行います。実際の先進的な農業経営に触れ、より確実な経営スキルを身につけ、地域農業へ就農できるよう支援します。また、卒業後のスキルアップも各機関と連携して行います。

プロジェクト実践実習【アグリマネジメント学科】

2年次に校内で実習を行う学生が、就農後の営農計画を想定してプロジェクト課題を各自設定。原則1人1ほ場で実践的実習を行います。担当教員の指導の下、課題の設定から解決策を導くまで技術力を養い、営農目標の実現をめざします。

学びの分野/学校の特徴・特色

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 農学・水産学・生物
  • 栄養・食物

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校で目指せる職種

  • 動物・植物
  • 食・栄養・調理・製菓

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校の特徴

  • 独立・開業
奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校の学部・学科情報はこちら

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校の所在地

安倍校舎 フードクリエイティブ学科

所在地

〒633-0044
奈良県桜井市大字高家2217

交通機関・最寄り駅

JR・近鉄「桜井」駅より 約4km(スクールバス約15分、自転車約25分)
近鉄「橿原神宮前」駅より約6km(スクールバスで約25分)

奈良県立 なら食と農の魅力創造国際大学校のお問い合わせ先

電話 0744-46-9700 (NAFIC全体のこと、フードクリエイティブ学科について) / 電話 0744-47-3430 (アグリマネジメント学科について)

その他お問い合わせ先

http://www3.pref.nara.jp/nafic/contact/
(メールフォーム)

  • 学校No.6329
  • 更新日: 2018.06.11