九州中央リハビリテ―ション学院のスペシャルコンテンツ

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

感性豊かな医療のプロフェッショナルに!

本校は、九州各県へのアクセスに優れた熊本県の中心部に位置する県内最大級の専門学校です。熊本で理学療法学科の夜間部を開校しているのは本校だけ(※)。これまでの卒業生1,500名が全国の医療・福祉現場で活躍しています。基本理念である『知育・体育・徳育』の基、理論と実践に裏打ちされた知識と技能を身につけるとともに、医療人として心豊かな人格の育成も重要な柱と位置づけ、専門分野や探求力の向上を意識した質の高いカリキュラムを用意しています。学科・各学年において担任制を採用、スクールカウンセラー・キャリアサポーターも在籍し、学生がいつでも気軽に相談できるような環境も整えています。
※公益社団法人 日本理学療法士協会HPによる

作業療法学科

高齢化が進む中、身体機能の維持回復はもちろんのこと、認知症の予防や改善など新しい領域もどんどん広がり、作業療法士への期待がますます大きくなっています。 本学科の教員団は、男女を問わず年齢も専門分野も個性豊かです。臨床の現場や公的機関の委員、熊本県作業療法士会などで活躍しており、様々な情報をタイムリーに学生に提供することを心掛けています。 人が好きで人と繋がる仕事がしたい方、今までの自分をChangeすべく作業療法士の資格取得にChallengeし、Chanceを掴みましょう。そして、作業療法士をCalling<天職>に!

理学療法学科(昼間部・夜間部)

【昼間部】
理学療法学科は、運動器疾患・中枢性疾患の専門理学療法士、心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士などプラスαの資格を持つ多彩な講師が在籍し、それぞれの分野での専門的な講義を展開しています。実習先においては、熊本県内はもちろんのこと、九州各地・関西・関東と多様な地域から選択でき、大学病院などの急性期医療からリハビリテーション病院での回復期リハビリテーション、介護老人保健施設やデイサービスなど維持期でのリハビリテーションまで携わることができます。

【夜間部】
仕事をしながら理学療法士が目指せます! 昼間は理学療法士助手として施設での実務経験や、接客業などでの社会経験を積み、夜は学生として講義・実技・演習に臨み自分のスキルを磨きます。就職した際には即戦力として充分な活躍が出来る環境がここにはあります。経済的な理由で進学を諦めている方、現在バイトをしながら自分の道を模索している方、大学卒業後もさらに自分の為になる資格取得を考えている方、是非一度当学院へご連絡下さい。

看護学科

看護とは、知識(science)、技術(skill)、精神(spirit)の3つの要素の総合力であり、 その力は看護師自身の人間力(看護観)によって無限大のパワーへと進化していきます。まさにその力を身につけるための学習がこの学科で実現します。 「みなさんの夢は私達の夢」を合言葉に絆を深め、共にその夢を実現していきましょう!

介護福祉学科

自主性・社会性を養いながら、5月から週1日、10回にわたる介護サービス事業所での実習を行います。ご利用者の皆様や現場で働く介護福祉士の方々と人間的ふれあいを通して、介護福祉士としての必要な知識・技術・態度を育む魅力あるカリキュラムとなっています。学生は将来をイメージしながら、講義内容の理解を深めていくことができます。 また、教員は福祉・保健・医療を統合した総合的ケアの視点を持ち、豊富な現場経験を活かし、情熱と教養のある極め細やかな教育・指導を行っております。 設備面でも新しく充実した学習環境が整っています。

国際介護学科

介護・保健・医療で働く人を目指したカリキュラムです。 日本の文化や生活様式、歴史や福祉など生活等での介護に必要な基礎的な専門知識を学びます。 前期は、コミュニケーション能力、日本語能力を中心に、人と人との関り方・接し方を学び、週2回高齢者施設にて実習を行います。 後期は、より専門性を高める為、介護の基本的な学習を中心として介護の魅力を学びます。 生活面やアルバイト等の疑問や悩みなどに対しては、先生や先輩方が個別対応で助言・指導を行っており、学習支援も充実しています。 卒業後は、介護福祉学科へ進学し、介護福祉士国家資格取得後、在留資格「介護」への申請ができます。
※専門学校の卒業と実務経験のみで資格取得が目指せるのは2021年卒業までとなります。

  • 学校No.6316
  •