北海道科学大学短期大学部の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

創立60年以上の歴史を誇り、自動車産業界を担う技術者を育成

本学は、日本初の自動車工学専門の短期大学として、昭和28年(1953年)に開学しました。
延べ2万7000人を超える卒業生を輩出し、その多くが自動車産業界を担う技術者として社会で活躍をしています。
4つのコース(自動車整備コース、技術開発コース、損害保険コース、マネジメントコース)全てで二級自動車整備士資格取得を目指し、卒業時には受験資格を取得。学内で開講する整備講習修了で「実技試験」が免除となるようカリキュラムを設定しています。

さらに卒業後は、就職だけでなく、4年制大学への編入学制度も充実していて、学びをもっと深めたい人へサポートを行っています。

北海道科学大学短期大学部 PRイメージ1
北海道科学大学短期大学部 PRイメージ2
北海道科学大学短期大学部 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

北海道科学大学短期大学部の「ものづくり」

2016年に開催された札幌モーターショー2016の中で、「北海道ハンドメイドエコカーコンテスト」が行われました。
学生たちが共同開発した「一人乗りのパーソナルモビリティ(HUS01)」が、最優秀賞であるグランプリを獲得!
2018年は、「積雪寒冷地に適したパーソナルモビリティ」の研究・開発を行い、札幌モーターショー2018では、企業ブースに出展をしました。

2018.03.01

自動車工学科に実習用エンジン「スバル EJ20」が加わりました!

学生からの希望により、実習用エンジン「スバル EJ20」が加わりました!
基本構造が1989年から変わっていない歴史のあるエンジンですが、レース出場などもあり未だに一部の車種で現役で使われています。
主に1年次後期からの授業で使用され、オープンキャンパスなどでも使用していく予定です。

2018.03.01

実習で使用している最新機材をご紹介

これまで自動車工学科には、2台のHV(ハイブリットカー)と2台のEV(電気自動車)がありましたが、昨年5月に導入した「日産NOTE e-POWER(図1)」は、モーターで走行しエンジンは発電専用のシリーズ・ハイブリッドに分類されるHVです。ほかにも、排気ガスが非常にクリーンなコモンレールディーゼルエンジンとして、「いすゞ製4JK1(図2)」と「トヨタ製2KD(図3)」の計7台を導入。さらに、小型車の主流である無段変速機として「日産製CVT(図4)」を15台導入しました。これらの教材はすべて寄贈又は無償貸与を受けたものです。

募集内容・学費(2018年4月実績)

北海道科学大学短期大学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

自動車工学科

コース ・自動車整備コース
・技術開発コース
・損害保険コース
・マネジメントコース
概要 本学科では、全てのコースで、基盤となる本教育科目と自動車工学の基礎(二級自動車整備士認定科目)を学ぶことができ、その上で自動車業界での進路に応じた専門的知識を高めていきます。どのコースを選択しても二級自動車整備士の受験資格を取得することが可能です。安全・快適な自動車社会の実現、地域社会に貢献できる技術者を養成していきます。
定員 150名
年限 2年
対象 男女
初年度納入金 1,319,300円

主な就職先・ 納得できる就職を実現

先輩たちの就職先・学校の納得できる就職を実現をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • (一社)旭川地方自動車整備振興会
  • (一社)室蘭地方自動車整備振興会
  • 札幌トヨタ自動車(株)
  • 函館トヨタ自動車(株)
  • 釧路トヨタ自動車(株)
  • 札幌トヨペット(株)
  • 旭川トヨペット(株)
  • 帯広トヨペット(株)
  • トヨタL&F釧路(株)
  • トヨタL&F札幌(株)
  • トヨタカローラ札幌(株)
  • トヨタカローラ帯広(株)
  • トヨタカローラ函館(株)
  • ネッツトヨタ札幌(株)
  • ネッツトヨタ旭川(株)
  • ネッツトヨタ道都(株)
  • (株)ホンダカーズ札幌中央
  • (株)ホンダカーズ滝川
  • (株)ホンダカーズ南札幌
  • 北海道日産自動車(株)
  • 札幌日産自動車(株)
  • 北海道スバル(株)
  • 北海道マツダ販売(株)
  • 帯広スズキ(株)
  • 道央スズキ(株)
  • 北海道日野自動車(株)
  • 北海道いすゞ自動車(株)
  • (株)ヤナセ札幌営業本部
  • 北海道三菱自動車販売(株)
  • 釧路三菱自動車販売(株)
  • (株)ワーカム北海道
  • 北海道中央バス(株)
  • (株)日本除雪機製作所
  • 北海自動車工業(株)
  • ダンロップタイヤ北海道(株)
  • (株)アクティオ
  • (株)クレタ
  • (株)シュテルン高井戸
  • (株)今野
  • (株)滝川自工
  • 古河ロックドリル(株)
  • (有)オカジマ
  • 北海道川崎建機(株)
  • 東日本コベルコ建機(株)
  • サンコー・エア・セルテック(株)
  • 北ひびき農業協同組合
  • 陸上自衛隊
  • …など

就職率100%(就職希望者数 104名/就職者数 104名/2017年3月卒業生実績)

納得できる就職を実現

2017年度の卒業生の本学学生の1人あたりの就職応募数は1.1社でした。本学では自己適正から将来の設計まで総合的かつ実践的な就職サポートにより、少ない応募数で納得できる就職を実現しています。

各種制度

北海道科学大学短期大学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

基本理念

■「科学的市民」の育成
■時代の要請に即したプロフェッショナル教育
■地域社会への貢献
※科学的市民とは「豊かな人間性とともに、基盤能力と専門性を併せ持ち、専門職としての役割を主体的に果たせる人材」をさします。

「モバイルキャンパス構想」による環境整備

本学は、いつでもどこでも学生と大学が双方向で情報を利用できる「モバイルキャンパス構想」による環境整備に力を入れています。すべての学生がノートパソコンを所有し、学生生活のあらゆる場面で利用することにより、情報メディアを使いこなす力を身につけることができます。

「学内情報サイト」の活用

モバイルキャンパスを支える学内情報サイトには、学生生活全般をサポ ートする「キャンパス情報システム」と、日々の授業をサポートする「HUS-Moodleシステム」、就職支援に関する「キャリアデザインサポートシステム」の3つがあります。どちらも学生生活に関する情報を一つにまとめたサイト「HUSナビ」からアクセスできます。「キャンパス情報システム」、「HUS-Moodleシステム」、「キャリアデザインサポートシステム」では、高度なセキュリティを保ちつつ、学生一人ひとりに専用ページが用意されておりログイン名とパスワードを入力すればアクセスできます。 さらに、HUSナビの「休・補講情報」や「在学生Topics」「学科Topics」はスマートフォンからもアクセスでき、利便性は抜群です。

4年制大学への編入学制度

本学は、2年間の学修のあと、さらに学びを深めたい人へ向け、編入学制度を設けています。
系列校の北海道科学大学や4年制大学へも編入が可能で、編入学をめざす学生を入学時からバックアップしています。
北海道科学大学への編入学では、本学と北海道科学大学間でカリキュラム共通化を行い、本学での修得単位の多くを、編入学先での修得単位としても認められるため、編入学後の負担が軽減。その他にも年4回の個別面談を行うなど、手厚くサポートをしています。

本学独自の奨学金制度

(1)スカラーシップ制度(特待生制度)
一般入試[前期]の優秀な成績で入学した学生に対し、授業料を減免する制度です。
免除額は、スカラーシップS(全額免除)・スカラーシップA(半額免除)です。

(2)授業料減免制度
家庭基準に合致することを条件として、授業料の一部納付を免除する制度です。
他の奨学金との併用も可能です。採用期間は1年間で、免除額は20万円です。

(3)学校法人北海道科学大学奨学金
人物及び学業成績ともに優秀な自宅外通学生で、経済的理由により就学困難な学生に奨学金を給付します。
採用期間は1年間で、年間の給付額は12万円です。

(4)成績優秀奨学金
2年生の就学者で、前年度における成績が優れ学生の模範となり、学科長の推薦に基づいて選考し採用する奨学金です。
採用期間は1年間で年間の給付額は30万円です。

学びの分野/学校の特徴・特色

北海道科学大学短期大学部で学べる学問

  • 工学・建築

北海道科学大学短期大学部で目指せる職種

  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙

北海道科学大学短期大学部の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

北海道科学大学短期大学部の所在地

所在地

所在地

〒006-8585
北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4番1号

交通機関・最寄り駅

JR「札幌」駅~「手稲」駅(快速・約10分)
JR「手稲」駅北口~北海道科学大学(JRバス・約9分)
地下鉄東西線「宮の沢」駅~北海道科学大学(JRバス・約25分)

北海道科学大学短期大学部のお問い合わせ先

入試課

NTTフリーダイヤル 0120-248-059 / 電話 011-688-2382 ((直通))
FAX: 011-688-2392
Mail: nyushi@hus.ac.jp

  • 学校No.6243
  • 更新日: 2018.06.06
学べる学問から学校をさがす
都道府県から学校をさがす