東京医療保健大学 和歌山看護学部の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

東京医療保健大学 和歌山看護学部 PRイメージ

私立大学 東京医療保健大学 和歌山看護学部 2018年4月開設

医療系大学としての多様な経験と実績を生かし地域医療に貢献できる質の高い看護職を育成しています。

2018年4月設立の「東京医療保健大学和歌山看護学部」は、和歌山県、和歌山市、日本赤十字社和歌山医療センターと東京医療保健大学の連携により生まれた看護学部です。
創立以来、医療現場に多くの看護師を輩出してきた実績を生かし、大学独自のカリキュラムを整え、和歌山で学び、和歌山で暮らす人たちを支える看護師を育てていきます。看護の力で、和歌山を支えたい。そんな「特別な思い」を抱く人と一緒に学び、成長していくことが、この新しい看護学部の願いであり、使命です。

東京医療保健大学 和歌山看護学部 PRイメージ1
東京医療保健大学 和歌山看護学部 PRイメージ2
東京医療保健大学 和歌山看護学部 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

和歌山市内に2つのキャンパスを設置

和歌山市内の中心部に、2つのキャンパスを設置します。

●雄湊(おのみなと)キャンパス (1・2年次キャンパス)
 雄湊キャンパスは、和歌山市の中心部に位置する市立雄湊小学校跡地を活用して開設。学内LANに接続できる端子等が整備された図書館や屋内体育館などを完備しています。さらに、全面ガラス張りの開放的なカフェテリアで、ランチタイムや授業の空き時間に学生間で交流を深めることができます。

●日赤和歌山医療センターキャンパス (3・4年次キャンパス )
 日赤和歌山医療センターキャンパスは連携先であり、主な実習先となる日本赤十字社和歌山医療センター敷地内に設置します。最先端の医療機関と隣接したキャンパスは、先輩看護師の仕事を身近に感じることができ、看護職としての意識を育てるうえでも効果的です。(キャンパスは平成32年度に開設予定です。)

●「雄湊キャンパス」から「日赤和歌山医療センターキャンパス」までは徒歩15分

2018.08.08

修学支援制度

東京医療保健大学 和歌山看護学部では、入学希望者が経済的に不安なく進学ができ勉学に励めるよう、手厚いサポート体制(修学支援制度)を整えています。
特に、病院奨学金制度については、入学定員90名に対し、90名分以上の支援制度の枠を設けており、希望する方が、選択をしなければどなたでも支援を受けられるように致しました。

◆入学金半額支援制度
和歌山県に住んでいる入学者全員が対象で、一定の条件に合致した場合は、入学金30万円の半額を大学が免除します。人数に制限はありません。
※他の修学支援制度と併用可。

◆病院奨学金制度
病院奨学金制度とは、病院が卒業後の就職を前提に学生に対して支援する奨学金制度です。卒業後、奨学金を受けた病院で奨学金受給期間に相当する期間を勤務することで返還が免除されるのが一般的です。従来は、学生個人と病院の間での制度でありましたが、東京医療保健大学では、大学が間に入り、病院の奨学金制度の人数枠に「東京医療保健大学枠」を設定しております。
※病院によって期間が異なります。
※他の修学支援制度、スカラシップ制度と併用可能です。

2018.08.08

スカラシップ制度

◆スカラシップ制度
本学では2種のスカラシップを設けて修学を支援しています。
一般入試(A日程)と一般入試(B日程)は、スカラシップ制度特待生選抜試験を兼ねています。
新入学生については、一般入試(A日程)および一般入試(B日程)の合格者のうち、成績の上位者をスカラシップ対象者として認定しています。
スカラシップⅠ:入学金と1年間の授業料を全額免除します。
スカラシップⅡ:1年間の授業料の半額を免除します。

2018.08.08

注目!わかやま学!

和歌山県知事、和歌山市長をはじめとする、和歌山を知り尽くしたゲストスピーカーを招き、いろいろな角度から和歌山の特徴や文化・社会を学びます。また、学生自ら調査し、和歌山の風土を紐解くとともに人々の健康や生活の特徴を明らかにしていきます。

募集内容・学費

東京医療保健大学 和歌山看護学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

和歌山看護学部

看護学科

概要 和歌山の地域社会の特徴を理解した上で、多様な環境・対象に対応できる力を養います。
また日本赤十字社和歌山医療センターの医師、看護師などの医療専門職とも連携・協働し、患者さんへのかかわりを通し、健康生活に向けた継続看護のあり方を学ぶなど、地域医療に密着した教育指導が特徴です。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,902,000円
備考

2019年4月実績
※教職課程再課程認定申請予定。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

各種制度

東京医療保健大学 和歌山看護学部での学びを支援する各種制度に注目!

活躍の場を広げる資格

看護師と保健師の国家試験受験資格を取得できるほか、学校の保健室の先生等の就職先に結びつく、養護教諭の資格も取得可能なカリキュラムを準備しています。

<取得可能な資格(指定学校申請予定)>
・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)
・養護教諭1種免許(選択制)※1
・養護教諭2種免許(選択制)※2
・衛生管理者※3
※1本学科の教職に関する所定の単位を修得し、申請により取得可能。
※2本学科の所定の単位を修得し、保健師免許を取得した場合、申請により取得。
※3保健師免許を取得した場合、申請により取得。

日本赤十字社和歌山医療センターと連携した学び

和歌山看護学部が連携する日本赤十字社和歌山医療センターは、県内外からの救急患者を受け入れる高度救命救急センターをはじめ、和歌山県総合災害医療センター、地域がん診療連携拠点病院、日本赤十字社国際医療救援拠点病院等の指定を受けるなど、多様な疾患への医療を全国的なネットワークで取り組んでいます。
このように和歌山県の中核病院として幅広い医療を提供する日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用した学びが、本学部の最大の特徴となっています。

学習に大活躍!パソコン貸与制度

入学時、ノート型パソコンを全学生に1台ずつ貸与します。
情報科学の授業で使用を開始し、その後も授業内容を記録したり、課題発表に使ったり、統計処理をしたりと学生生活で欠かせないツールです。
4年間を通して積極的に活用することで、就職後のパソコンの使用も困りません。

学生が主体的に学べるよう、アドバイザー教員がサポート

1年次前期に「スタディ・スキル」を配置し、大学での学び方について知り、その後の学習がスムーズかつ効率的に進むように、入学直後から後押しします。同時に、学生が主体的に学びを進めていけるように、教員が手厚くサポート。オフィスアワー制度を設けており、授業時間以外にも、授業や演習・実習での疑問点などを質問することが可能です。少人数に分けたグループごとに担当アドバイザーがつき、4年間を通じて学生生活を国家試験、進路相談などに個別対応します。

修学支援制度

東京医療保健大学 和歌山看護学部では、入学希望者が経済的に不安なく進学ができ勉学に励めるよう、手厚いサポート体制(修学支援制度)を整えています。
特に、病院奨学金制度については、入学定員90名に対し、90名分以上の支援制度の枠を設けており、希望する方が、選択をしなければどなたでも支援を受けられるように致しました。

◆入学金半額支援制度
和歌山県に住んでいる入学者全員が対象で、一定の条件に合致した場合は、入学金30万円の半額を大学が免除します。人数に制限はありません。
※他の修学支援制度と併用可。

◆病院奨学金制度
病院奨学金制度とは、病院が卒業後の就職を前提に学生に対して支援する奨学金制度です。卒業後、奨学金を受けた病院で奨学金受給期間に相当する期間を勤務することで返還が免除されるのが一般的です。従来は、学生個人と病院の間での制度でありましたが、東京医療保健大学では、大学が間に入り、病院の奨学金制度の人数枠に「東京医療保健大学枠」を設定しております。
※病院によって期間が異なります。
※他の修学支援制度、スカラシップ制度と併用可能です。

就職支援

東京医療保健大学が持つ医療機関との太いパイプによって、「地元で学び、地元で就職したい」という希望を叶えられるよう全面的にサポートします。
また、3年生の前半には就職支援ガイダンスを実施。基本的な就職活動の心構えから、一般的な就職活動の流れを説明し、個別相談会につなげます。国家試験対策としては、看護教育の経験豊富な教員による多様な教育方法を提供し、合格までしっかりサポートします。

東京医療保健大学 医療保健学部看護学科、東が丘・立川看護学部看護学科の2018年3月卒業生の就職実績は、共に100%です!
(医療保健学部看護学科:就職希望者数115名/就職者数115名。東が丘・立川看護学部看護学科:就職希望者数204名/就職者数204名)

遠方からの進学でも安心!!

和歌山県内で、経験豊富で数多くの物件を取り扱う“(株)賃貸住宅センター”と連携しており、キャンパス周辺の学生アパートを積極的に紹介します。
雄湊キャンパス、日赤和歌山医療センターキャンパスの両キャンパスからも進学しやすく、住みやすいエリアにある物件を紹介させていただきます。安心して生活できるセキュリティ充実物件から賃貸安価物件まで、様々な物件を数多く用意しています。
詳細は、(株)賃貸住宅センターのHPでも紹介しています。併せてご確認ください。

学びの分野/学校の特徴・特色

東京医療保健大学 和歌山看護学部で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

東京医療保健大学 和歌山看護学部で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育

東京医療保健大学 和歌山看護学部の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

東京医療保健大学 和歌山看護学部の所在地

雄湊キャンパス

所在地

〒640-8247
和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地

交通機関・最寄り駅

JR和歌山駅より「和歌浦口行」バス約8分、南海電鉄和歌山市駅より「和歌浦口行き」バスで約4分「県庁前」で下車、徒歩7分
JR和歌山駅より「ふじと台行」バスで約8分、南海電鉄和歌山市駅より「ふじと台行」バスで約4分「小人町」で下車、徒歩2分
南海電鉄和歌山市駅より徒歩約14分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

073-435-5819

東京医療保健大学 和歌山看護学部のお問い合わせ先

和歌山事務部

電話 073-435-5819
FAX: 073-427-3093
Mail: wakayama-jimu@thcu.ac.jp

  • 学校No.6045
  • 更新日: 2018.08.17
学べる学問から学校をさがす
都道府県から学校をさがす