ISI国際学院 留学センター(英語圏留学)の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) 留学関係機関

総合留学機関として、英語圏への各種語学留学、高校留学プログラムを世界7か国で多彩に展開。

ISIは豊富なプログラムと提案力で皆様の留学の夢を叶えます。
ISI国際学院・留学センターは、1977年の創業以来、国際舞台で活躍できる「グローバル人材の育成」に、一貫して取り組んで参りました。グローバル化が進む今、地域に根差しつつ、世界を舞台に活躍できる人材を育成するための革新的なプログラムを提供し、多様化するお客様の留学ニーズに的確にお応えしております。

留学先は、アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・オーストラリア・ニュージーランド・マルタの7か国。各都市で開催される留学プログラムを豊富に取り揃えております。グローバルなフィールドで活躍するために必要不可欠な実践的な英語力を高める「語学留学」から、高校生には海外の高校へ留学し、単位認定や卒業を目的とした「高校留学」、さらに夏休み・冬休み・春休みにご参加いただける「短期留学プログラム」など、様々なプログラムをご用意しております。

ISIだからこそ、叶えられるあなたの「夢」があります。あなたの夢を「留学」を通して実現してみませんか?

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) PRイメージ1
ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) PRイメージ2
ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) PRイメージ3

トピックス

2020.03.01

将来の可能性を広げる高校留学。英語力はもちろん人間力を鍛えましょう。

高校留学を経験することのメリットは大きく4つ。
①将来の選択肢が広がる
将来の為にも広く世界を知り、実際に体験することから日々の授業では得られない知識・見分を身に着けることで、帰国子女枠で難関大学を受験する、海外大学進学、就職のチャンスなど将来の選択肢を倍以上にも広げましょう。
②語学力が身に着く
高校留学をした人と、大学生になってから留学する人とでは、吸収力や対応性といった点で発音を含めた語学力に差がつく傾向があると言われています。
③人間力が磨ける
親元を離れ海外で生活するという体験は、一人の人間として大きく成長するチャンスです。多様性の中で学び、困難に立ち向かうたび、問題解決能力や適応力が身につき、苦労の分だけ、人間力を培うことができます。未来への道を自分自身で切り開いていく力を身につけましょう。
④国際感覚を養える
長期の留学ではその国の経済情勢、文化、歴史、習慣などをリアルに体験できます。様々な国の人たちの多種多様な価値観とダイレクトに触れあってください。改めて日本の良さも見えてきますし、自分自身の気持ちや考え方も変わってくるでしょう。これが「国際感覚」です。

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) 将来の可能性を広げる高校留学。英語力はもちろん人間力を鍛えましょう。

2020.03.01

高校生・中学生の短期留学のメリットは!?

夏・冬・春休みの
短期留学で得られるメリットをご紹介

■異なるアプローチでの英語学習
プレゼンテーションやディスカッションなどを通じ「使える」英語を学びます。日本で培った基礎力を短期間で実践向けに拡げ、強みや弱点の発見が今後の英語学習に役立ちます。

■世界各国からの留学生や現地の人との交流
異文化の人々との生活は苦労もありますが、中学生・高校生の鋭い感性だからこそ吸収できることも。行動力・挑戦力を大幅にアップさせ、グローバル社会を生き抜く人材へと一歩近づくことができます。

■将来の進路・目標設定
出会いとコミュニケーションが将来の希望・目標設定、新しい価値観の発見となり、帰国後の学校生活や勉強などのモチベーション向上につながります。

■日本の家族と離れた生活で得られる自主性・協調性
「帰国してから、自分のことをよく話してくれるようになった。」
「これまでよりも積極的にお手伝いをしてくれるようになった。」
とご家族から感想をいただくことも。

プログラムの詳細
https://www.isi-ryugaku.com/junior

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) 高校生・中学生の短期留学のメリットは!?

2020.03.01

留学のファーストステップ!個別留学相談会【予約制】

東京・池袋オフィスにて無料個別相談会を開催しています。海外留学の知識豊富な留学コンサルタントが、ひとつひとつの質問に丁寧お答えします。留学先の学校、生活、費用等について不安や疑問を一つずつ解消して、留学生活をスムーズにスタートできるようにバックアップします。

【18歳以上】語学留学
未成年と比較して参加できるプログラムの幅がぐっと広がります!興味を持っている国や実現したい目標などをお伺いし、最適なプランを提案させていいただきます。

【高校生】高校留学(長期・短期)
留学先の決め方、単位についてなど皆様の疑問を解決します。ご家族との参加がおすすめです。

【高校生】短期留学
主に夏休み、冬休み、春休みに参加できる短期留学もご紹介しています。高校生には少しレベルを上げた「現地校体験プログラム」がおすすめ。

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) 留学のファーストステップ!個別留学相談会【予約制】

募集内容・学費(2020年4月実績)

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学)の募集内容や学費をチェックしておこう!

高校留学

アメリカ

概要 日本人にとって、身近で留学先として人気の高いアメリカ。様々な文化や言葉にあふれ、自分とは違う価値観を発見することができます。視野を広げ、国際感覚を養う絶好の環境です。

◆自主性を活かした参加型授業
アメリカの学校の授業は、発表と討論と宿題が大きな要素を占めています。多くの本を読んだり、いろいろな人の意見を聞き、自分なりの考えをまとめる力が要求されます。その結果、探究心を深めたり、学ぶ力が養われます。

◆入学基準(公立校)
高校への入学条件は、学業成績と英語力が必要です。そのため英語スコア(TOEFLなど)の提出と現地校とのSkype面談があることがほとんど。また、学校が定める予防接種も行っていただきますので、出願校を決めてから渡航までの準備期間は1年間弱ほど必要となります。
学費 1年費用概算:約$31,000
 <上記金額に含まれるもの>
 入学金、学費、ホームステイ、ガーディアン費用、往復空港送迎費
 *カリフォルニア州、グロスモント学区の場合

カナダ

概要 多民族国家のカナダは、高い生活水準を維持し豊かな自然・穏やかな風土など多くの魅力に恵まれています。移民が多く他民族の文化を尊重する政策、治安が良いことなど、未成年の留学生にとっても安全で居心地のよい環境です。長年留学生を受け入れし、専門のスタッフがいる学校もあります。

◆個性を重視し、目的に合わせた教育体制
カナダでは必修科目と選択科目を組み合わせて学びます。進学コースと就職コースに分かれており、大学進学する生徒は大学の専攻分野によって指定される科目の単位を取得します。就職を目指す生徒は職業訓練科目で、実践的で仕事に役立つ知識やスキルを身につけます。

◆世界トップクラスの教育価値観
最大の特徴は、カナダ国民の多くが教育に対して高い価値観を置いているところです。国民一人あたりの教育関係への支出額は、世界でもトップクラスです。また、カナダ政府が推進し、教育分野のIT設備が整備され充実しています。

◆入学基準(公立校)
日本での主要科目の評定平均が3以上(5段階)、また、皆勤賞に近い出席数が必要です。英語の資格は必須でない場合がほとんどです。
学費 1年費用概算:約CAN$27,000
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、入学金、ホームステイ、留学保険 など

1セメスター費用概算:約CAN$14,000
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、入学金、ホームステイ、留学保険 など
 *ブリティッシュコロンビア州 ビクトリア学区の場合

アイルランド

概要 最先端企業が集まり、若者が躍動する首都ダブリン。日本人の方にはなじみが薄い国ですが、その分日本人も少なく高校留学の穴場、といえます。

◆少人数クラスで質の高い教育
学校はみな小規模。生徒数は400~500人程度が一般的です。クラスも1クラス15~20名前後の少人数制のため、学力レベルも高いです。個別に細やかなケアが受けられるのは、留学生にとって魅力的です。

◆日本人が少ない
日本人比率が他の英語圏の国と比べて圧倒的に低いので、英語環境にどっぷり身をおくことができます。1年間の留学で英語力を飛躍的に向上させた方もいます。

◆留学生に最適な学年がある
アイルランドの高校1年目はトランジションイヤー(TY/Transition Year)と呼ばれ、多様な履修科目を自由に選び、学ぶことができる特別な学年です。職業体験もでき、自分の可能性や得意分野を伸ばせるチャンスがたくさんあります。長期留学の入口として最適な学年です。

◆入学基準(私立校)
学業成績と英語力が必要で、現地校とのSkype面談があります。
学費 1年費用概算:約€20,380
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、入学金、滞在費(ホームステイもしくは寮)、留学保険 など
 *ダブリン近郊の私立校の場合

オーストラリア

概要 治安が良く、近代的な都市と美しい自然が調和するオーストラリアは人気が高い留学先。フレンドリーで親日的な人々と豊かな文化にあふれ暮らしやすさから見ても、もっとも過ごしやすい国です。

◆個性を伸ばせる教育制度
個人の個性や能力を尊重し、目的に合った柔軟なカリキュラムが組まれています。この制度を留学生に対して平等に扱ってくれるのが、オーストラリアの良いところです。もともと移民の多いこの国では、多くの学校で留学生のための高校準備コースが用意されています。

◆地域での活動に積極的に参加しよう
オーストラリアでは、学校以外の地域での活動がとても盛んです。留学生でも地域のクラブ組織に参加できます。ソフトボール、ビーチバレー、ボランティア活動など、英語力をつけることが出来て、なおかつ学校以外での友達をつくるチャンスです。

◆入学基準(公立校)
高校1年生に当たる学年の場合、英検準2級が必須です。必要な英語力を提示できない場合、高校本科ではなく準備コース(語学学校など)へ行くことになる場合もあります。その他、日本の学校での成績、出欠席数も考慮されます。
学費 1年費用概算:約AU$28,100
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、入学金、ホームステイ、食費、留学保険、往復空港送迎 など
 *クイーンズランド州公立校の場合

ニュージーランド

概要 地球の箱庭と呼ばれるほど美しい自然と穏やかで落ち着いた雰囲気が魅力のニュージーランド。治安が良く、親日家が多いため中学生や高校生にとってとても過ごしやすい国です。さらに、徹底した留学生へのサポート体制が人気の秘密です。

◆個性を重視し、目的に合わせた教育体制
ニュージーランドの教育は、個人のレベルに合わせて適切な内容を学べるシステム。学校には日本とはくらべものにならないほどの豊富な授業科目があり、得意分野に力をいれることで単位が取得しやすく、留学生も良い成績目指すことが可能です。

◆留学生活のサポート体制が充実
英語力が必要な留学生のために、多くの学校でESOLと呼ばれる英語コースがあり、英語を学びながら学校生活に慣れていくことができます。また、高校が直接ホームステイ先を手配してくれたり、留学生担当教師が常駐していたりと、留学生を様々な面からサポートしています。

◆入学基準(公立校)
皆勤賞に近い出席数が必要です。英語の資格は必須でない場合がほとんどです。日本の学校での成績も考慮されます。
学費 1年費用概算:約NZ$36,000
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、管理費、保険、ホームステイ、NCEA試験、制服

1ターム費用概算:約NZ$9,000
 <上記料金に含まれるもの>
 学費、管理費、ホームステイ
 *オークランド近郊の公立校の場合

各種制度

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学)での学びを支援する各種制度のご紹介!

海外でもしっかりサポート

高校留学先では、現地在住の日本人サポーターが、あなたの留学生活をサポートします。小さなことから、将来の進学のことまで、何でもご相談ください。

ISI国際学院 留学センター(英語圏留学) 海外でもしっかりサポート

学びの分野/学校の特徴・特色

ISI国際学院 留学センターで学べる学問

  • 語学・外国語

ISI国際学院 留学センターで目指せる職種

  • 語学・国際

ISI国際学院 留学センターの所在地

ISI国際学院

所在地

〒170-6009
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 9階

交通機関・最寄り駅

JR/東京メトロ/他各線「池袋」駅東口より徒歩約10分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅より徒歩約7分

ISI国際学院 留学センターのお問い合わせ先

NTTフリーダイヤル 0120-111-151
FAX: 03-5960-1339
Mail: ryugaku@isi-global.com

  • 学校No.5926
  •  
  • 更新日: 2020.10.23

条件を変更して学校をさがす

資料・願書請求できる学校をさがす