横浜女子短期大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

2年間で保育士と幼稚園教諭の両資格を取得して夢を実現しよう!

横浜女子短期大学では、2年間で保育士資格と幼稚園教諭二種免許の両方が取得できる、実習を重視した効果的・効率的なカリキュラムで教育を展開しています。保育所や幼稚園などで行う実習は2年間で約9週間におよび、学内での保育・幼児教育に関する理論・知識・技術の学習をもとに現場での実践を観察・体験していきます。子どもの目線に立ち、子どもと直接関わることで、子どもの考え・動き・要求などを学び、さらに実習での体験を通じて実習園の先生や本学教員からの指導・評価を受けることで、保育者として求められる姿勢や実践力などを身につけていきます。

横浜女子短期大学 PRイメージ1
横浜女子短期大学 PRイメージ2
横浜女子短期大学 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

平日キャンパス見学(予約制)

平日月曜日から金曜日の9:00~16:30までの間、随時受け付けています。
所要時間は約45分、キャンパス見学後、入試相談も可能です。
予約制となっておりますので、見学希望の方はメールかお電話にてご予約ください。
※8/14~18、12/28~1/5までの間は除きます。


E-mail:exam@yokotan.ac.jp
TEL:045-835-8108(平日9:00~17:00)

2017.03.01

保育科単科の養成校として長年の歴史

本学は、1940年に横浜保姆学院として開設。
1966年からは横浜女子短期大学として、保育者養成の道一筋にその歴史を歩んできました。
キリスト教の「愛」と「奉仕」の精神に基づき、将来の保育者に欠かすことのできない人間教育に力を入れているのが本学の特徴。
神奈川県内の保育所、幼稚園、認定こども園、児童福祉施設とは強い信頼関係が築かれており、毎年多数の求人が届きます。
その結果、本学では高い就職率を堅持し、たくさんの保育者を世に輩出しています。

2017.03.01

3年連続で就職率100%

多くの卒業生が保育士証、幼稚園教諭二種免許状の資格を活かして、保育所、幼稚園、認定こども園などに就職しています。

●2015年度
就職率100%(就職希望者数145人/就職者数145人)
保育所89人、幼稚園50人、その他6人

●2014年度
就職率100%(就職希望者数153人/就職者数153人)
保育所90人、幼稚園53人、その他10人

募集内容・学費(17年04月実績)

横浜女子短期大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

保育科

2017年4月実績

概要 所定の単位を修得することにより、2年間で短期大学士(保育学)の学位、保育士証、幼稚園教諭二種免許状を取得することができます。また、社会福祉主事任用資格※の取得も可能です。国家試験など特別な試験を受験する必要はありません。
※社会福祉主事任用資格とは、地方公共団体が設置する福祉事務所などでケースワーカーとして働くための資格です。
現在、幼稚園と保育所の機能を兼ね備えた「認定こども園」が各地で開園するなど、幼稚園と保育所の一体化を目指す動きが始まっています。そのため、両資格をもつ保育者の需要がますます高まっています。
定員 200名
年限 2年(女子のみ)
学費 初年度納入金
1,475,000円
(17年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年3月~2016年3月卒業生実績

  • 横浜女子短期大学附属幼稚園
  • 中村愛児園
  • 高風保育園
  • 高風子供園
  • 白峰保育園
  • あづまの幼稚園
  • 潮田幼稚園
  • 美し野幼稚園
  • 認定こども園山王台幼稚園・風の子こども園
  • 六ッ川台保育園
  • …など

就職率100%
(就職者数 145名/就職希望者数 145名)
2016年3月卒業生実績

卒業生の多くが、保育士証、幼稚園教諭二種免許状の資格を活かして、保育所、幼稚園、認定こども園に就職しています。

就職支援

学生一人ひとりに合わせたきめ細かなサポート
学生全体を対象とした就職ガイダンスを、2年生を対象に毎月実施するほか、学生一人ひとりに対する個別対応も随時行っています。各学生の希望や個性に合わせたきめ細かな個別サポートを行うことで、「保育者になる」という夢を現実のものにしていきます。

大半の学生が資格を活かして保育者として就職します。
70年以上の実績から例年多数の求人を得ています。そして、ほとんどの学生が資格を活かして保育所や幼稚園、および児童養護施設をはじめとする児童福祉施設に就職して、「保育者になる」という目標を達成させています。

各種制度

横浜女子短期大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

実習で保育の素晴らしさを実感

横浜女子短期大学の教育の特徴は、実習を重視したカリキュラムにあります。学内での専門的知識・技術に関する学習をもとに行う実習は、本学の附属・関連施設をはじめとする多数の実習協力園で行なっており、その期間は2年間で約9週間におよびます。学生は、保育現場での実践を通じて、保育の仕事の実際や、保育者の役割などを具体的に理解していきます。なお、本学には附属・関連施設が横浜市内に5か所(幼稚園1か所、保育所3か所、さらに他校に類を見ない児童養護施設1か所)あり、保育・幼児教育の現場との結びつきの強さを活かした実践教育を行っています。

実践と結びついた授業

ピアノや声楽の授業で様々な童謡を学び、小児体育の授業では、子ども達と一緒に楽しく踊れる体操を学びます。また実習では、子ども達と直接かかわる喜びを感じると共に、実践を通じて保育の仕事の楽しさ・厳しさ、そして保育者の役割を学んでいきます。

付属・関連施設

●横浜女子短期大学附属幼稚園(幼稚園)
●中村愛児園(保育所)
●高風保育園(保育所)
●高風子供園(児童養護施設)
●白峰保育園(保育所)

施設・設備

講堂、図書館(蔵書数約12万冊)、体育館、グラウンド、ピアノ練習室(個室18室)、ML教室(電子ピアノ42台)、コンピュータ教室、栄養学実習室、図画工作室、多目的教室(子どもの部屋(保育室)を再現した教室)など

クラブ・サークル

横浜女子短期大学では数多くのクラブが積極的に活動しています。
同じ趣味をもった友人たちとの交流やスポーツ活動は、新たな出会いと充実した時間をもたらしてくれます。

●ホワイトスターズ(吹奏楽)
●横浜F・マリノス装飾ボランティア
●バスケットボール部
●バレーボール同好会
●ダンス同好会
●聖歌隊部
●共同制作同好会
●軽音楽同好会
●ソフトテニス同好会
●園芸同好会

独自奨学金制度

本学独自の奨学金として、次の3種類があります。
1.「平野恒奨学金」(各学期末時点の成績優秀者対象:10万円を給付)
2.「特別奨学金」(特別選抜入試(社会人対象)による入学者対象:入学時に10万円を給付)
3.「緊急貸与奨学金」(経済的理由により就学困難な状況にある学生対象:授業料・施設維持費の半期分を貸与)
※この他、日本学生支援機構の奨学金(貸与)も利用できます。

特待生制度

11月に実施する指定校推薦入試において、特に成績優秀かつ面接試験の評価の高い2名を特待生とし、入学金を免除します。

学びの分野/学校の特徴・特色

横浜女子短期大学で学べる学問

  • 教育・保育

横浜女子短期大学で目指せる職種

  • 福祉・介護
  • 保育・こども

横浜女子短期大学の特徴

  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 最寄駅より徒歩圏内

横浜女子短期大学の所在地

本校

所在地

〒234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台4-4-5

交通機関・最寄り駅

JR京浜東北線・根岸線「港南台」駅下車、徒歩5分。

横浜女子短期大学のお問い合わせ先

入試係

電話 045-835-8108 (直通)
FAX: 045-832-7246
Mail: exam@yokotan.ac.jp

  • 学校No.572
  • 更新日: 2017.03.01

横浜女子短期大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

横浜女子短期大学