共立女子大学 ビジネス学部(仮称)

リーダーシップ開発プログラム(LDP)編

─ 2018年実績より ─

Scroll

Scroll

Scroll

Scroll

Scroll

Scroll

Scroll

Scroll

共立女子大学 ビジネス学部(仮称)

“私の輝ける場所が、
ここで見つかる”

ビジネスというフィールドで役に立つ 実践力とリーダーシップを養成し、 自立した女性へ成長を遂げる。 本プログラムで得られるスキルや経験を 学びの流れと合わせて紹介します。

What's LDP?

リーダーシップ開発プログラム

「知っている知識」を
使える知識」に

リーダーシップ開発プログラムでは、企業から出された課題に対して学生がグループワークを重ね、アイデアを企業にプレゼンテーションする「課題解決型」の授業を実施することにより、コミュニケーション能力や協働力を高め、自分らしいリーダーシップを発揮できる能力を身につけることができます。


Step.1

企業連携プロジェクト

企業からの
課題に取り組み
実践力を磨く

実在企業と連携するから
実践的なビジネス体験ができる

様々な企業と連携。企業から出される課題を通して、実践的な業務能力と推進する能力を養成します。

これまでの
連携企業

ジーリーメディア及びサントリー

(2017年度 後期)
課題
台湾と香港の20~30代の若い女性のプレミアム・モルツ愛飲度を、ビールの中でナンバーワンにするマーケティング提案をしてください。
※当該授業は20歳以上の学生対象

フリークスストア

(2018年度 前期・後期)
課題
「フリークスストアらしさ」と「フリークスストアで買い物をする女性」を定義し、2021年2月までにウィメンズの販売額を200億にする提案を考えてください。

Student's Voice

知識を得るだけでなく
その活かし方も学べます
発表した考えに対し、企業の方から直接フィードバックをいただけて、実践の中でマーケティングの知識を学ぶことができました。忙しくなるにつれ自分らしさが見えてきて、自分を知る良い機会にもなったと思います。自己実現スキルを身につけることができました。

Step.2

グループワーク

協働を経験し
自分の“ポジション”
に気づくキッカケを生む

自分のできること、活躍できる分野を
グループワークを通して見つけられる

実践的なプロジェクトの中で業務能力とチームで推進する力を学びます。自分の強みを理解することで、グループの中で自分らしく力を発揮するポジションが見つかります。自分らしいリーダーシップを見つけることで、各自にあったリーダーシップ発揮方法を体感します。

主だった
タイプ

#アクティブタイプ

Active

フットワークも軽く、人と関わるのが得意。目標を決めたら最後までやり遂げる強いパワーを持つタイプ。

#サポートタイプ

Support

共感力が高く、コミュニケーション上手。仲間へのフォローでチームのチカラを活性化させるタイプ。

#リサーチタイプ

Research

何事もしっかり考えてから行動する慎重派。データを活用して活躍する頭脳を活かしたタイプ。

#アイディアタイプ

Idea

個性的な発想と高いオリジナリティが魅力。独自性を活かして、ゼロから新しいものをつくることが得意なタイプ。

Student's Voice

新しい自分の強みを
見つけました!
中学高校まではリーダーなどを任されることが多く、自分はアクティブ型だと思っていたんです。それが今回、チームの中で自然と書記や議事録を担当していたり、場を和ませたりといったことを、自分に負担もなく、楽しくやれて。意外とサポートに回れるんだと気付きました。

Step.3

リサーチ・ディスカッション

様々な情報を集め
提案の
基盤を固める

議論し、チームで結論を導き出す
ことを実体験から学ぶ

異なる意見から1つの結論を導き出すプロセスを通じて、生産的な議論のしかたを体験します。問題解決に必要な情報は何かを考え検証し、提案を効果的に伝える方法を学びます。

# リサーチ

# ディス
カッション

Student's Voice

課題に対する自分なりの
アプローチ法を発見!
どこまで調べたらいいかわからず、授業以外の時間もずっと課題について考え続けていました。企業の方が真剣に見てくれて「これはどうなの?」って追求されることでまた考えて…。わずかなヒントだけで正解がわからないまま自分たちで答えを探す作業は、大変だけど楽しかったです。

Step.4

プレゼンテーション

チームで考えた
課題へのアプローチ
企業へ提案

聞き手に納得してもらう
プレゼンを習得する

クライアント企業から提出された課題に対する、考えを発表します。実際のプレゼンテーションを経験することで、実践力を養います。主張するだけではなく、納得してもらえるプレゼン構成を習得します。

# 緊張の
プレゼン

# 審査員も真剣

Student's Voice

私たち学生に、大人が
真剣に向き合ってくれます
課題を通して言語化していかなくてはいけない過程が多かったのですが、ふんわりとしたものを形あるものにしてつかんだという感覚は持てたと思います。プレゼンが終わって、怖い顔をしていた企業の方が笑ってくださったときには、この授業を受けてよかったなと思いました。

Finish!

フィードバッグ

活動を振り返り
リーダーシップ
を理解する

チームと個人の関わり方を振り返り
よりよい成果を発揮する方法を探る

プロジェクトと、そのプロセスを俯瞰し見直すことで”リーダシップとは何か”を改めて考えます。自分の強みを知り仲間と向き合います。自分らしいリーダーシップを見つけることでビジネスの現場で活躍できる人材へ成長していきます。

# リーダー
シップとは

# 次も
頑張ろう!!

Student's Voice

振り返ることの
大切さを学びました
よかった部分だけでなく、「コンストラクティブフィードバック」といって改善点も振り返って発表し合います。それは決して“否定”ではなく、より掘り下げるための意見。それが自分のためにもなっていて、いい点と改善点を見つけるために人の話を考えて聞くようになりました。