メトロITビジネスカレッジの資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

企業が作った、企業の中の学校。必要とされる人材育成 →システム開発会社が設立した学校。即戦力人材育成

プログラムからデザイン、そして事務分野まで、昨今のICTを活用したビジネスに即した教育カリキュラムを幅広く提供できる専門学校です。

「企業が作った、企業の中にある学校」として企業および採用する側の視点で人材育成を行います。「就職に直結した勉強をしたい!」という声にこたえるために、常に時代のニーズに合ったカリキュラムやシステムを提供しています。第一線で活躍する現場のプロの講義や指導を受けることができるため、初心者でも卒業後は即戦力の人材として働くことが可能です。

ですから、メトロITビジネスカレッジでは就職に強い学校としてたくさんの卒業生を県内外の企業へ輩出しています。

また、本校は同じ建物内に学校と企業が併存しているので、「社会」や「社会人」を身近に感じることができます。社員の方と校内で会うことも多く、専門的な技術や知識について質問したり、将来の自分の姿をよりリアルにイメージできることも特徴のひとつです。
PCルームはもちろん、売店コーナーや図書室、イベントホールやコミュニケーションルームなどの設備も充実しています。

メトロITビジネスカレッジ PRイメージ1
メトロITビジネスカレッジ PRイメージ2
メトロITビジネスカレッジ PRイメージ3

トピックス

2021.03.01

新設「eスポーツコース」

昨年4月より「eスポーツコース」を新設しました。IoT完全マスター科内のコースなので、eスポーツに関する勉強をしながら同時に最先端の技術も修得できます。

2021.03.01

外部の企業とタイアップした実習にも取り組んでいます

企業とのコラボ企画
人気の九州一周寝台列車 『ななつ星 in 九州』 は、ルートにJR大草駅の休憩停車が含まれています。停車している間に乗客の皆様へ長崎をPRするため、トータルデザイナー科の学生制作のポスターがホームに掲示されています。ポスターは B0 サイズの4枚連版と大きなもので、四季を表現したデザインを1年間で4回製作しています。このサイズのポスターでホームを埋めている様は、まさに壮観のひと言。本校ではこのような企業とのコラボ企画を積極的に行い、企業とのやり取りを経験しながら、デザインスキルを身に付けています。

メトロITビジネスカレッジ 外部の企業とタイアップした実習にも取り組んでいます

2021.03.01

自分にあった自由度の高いカレッジライフプランが可能

●授業時間を50分単位に設定し、卒業に必要な必須科目を午前で終わるスケジュールに設定

●午後の授業は選択科目とし、必須科目では学習しない授業を無料で追加受講することが可能

●午後の時間の使い方は様々でカレッジライフがより充実
 <1限目> 8:40~ 9:30
 <2限目> 9:40~10:30
 <3限目>10:40~11:30
 <4限目>11:40~12:30
 <5限目>13:30~14:20(選択)
 <6限目>14:30~15:20(選択)

自分のライフスタイルに合わせた学習プランを立てられます
【両立】働きながら学習が出来る
【向上】より専門的な授業を追加できる
【活用】自分の時間をしっかり取れる

2021.03.01

専門士称号が目指せる

長崎県知事が認可した専門学校です。
一定のカリキュラムを学習して卒業すると「専門士」の称号が与えられます。(1年課程を除く)
長崎県のIT系学校で専門士称号がとれるのはメトロITビジネスカレッジだけです。
※長崎県 修了者が専門士と称することができる専修学校専門課程の一覧PDF参照

メトロITビジネスカレッジ 専門士称号が目指せる

募集内容・学費

メトロITビジネスカレッジの募集内容や学費をチェックしておこう!

ITクリエイター科・高度エンジニア専攻

概要 AI・ビッグデータ・IoT等、先端技術を幅広く学ぶことで次世代に対応できるエンジニアとしての基礎力を身につけます。IoT概論、AIリテラシー、G検定対策などの選択授業を通じて、先端技術の概要と日常での活用事例、構成要素や活用方法についても学び、検定試験にもチャレンジすることで学習成果の確認を行います。プログラミング分野では、AI分野で人気があるPythonを履修し、基礎知識だけでなく、データ分析等でよく利用されるプログラム群(パッケージ)の種類や活用事例を学ぶことでAI関連のソフトウェアを開発する際に必要な考え方などを身につけることができます。
主なカリキュラム ・IoT概論
技術的な視点と、ユーザーの視点から必要となるカテゴリやスキル要件などを網羅し、それぞれの立場でIoTを企画・開発・利用するために必要な知識を学習します。

・G検定対策
人工知能(AI)の運用において必要となるディープラーニングに関する基礎知識を有し、適切な活用方法を決定して事業応用する能力を養います。

・AIリテラシー
人工知能の概要や学習方法に関する基礎知識を学習し、各種AIシステムを業務で利活用するための能力を養います。

・Python基礎・応用
AI開発で広く使われているPythonについて基礎から学び、ビッグデータ解析などで用いられるプログラム群の活用方法やデータ分析の手法、プログラミング法を身につけます。
目指せる資格 <取得目標資格>
・Python3エンジニア認定試験
・IoT検定レベル1(プロフェッショナル・コーディネータ)
・AIリテラシー検定 / G検定(ジェネラリスト検定)
・実践プログラミング技術者試験
・エンベデッドシステムスペシャリスト
・応用情報技術者試験
・基本情報技術者試験
・Linux技術者認定試験
・C言語プログラミング能力認定試験
・ディープラーニングG検定
・IoT検定、など
目指せる職種 ・IoTエンジニア
・セキュリティエンジニア
・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア
・エンベデッドエンジニア など
定員・年限 100名 ITクリエイター科1学年の総定員
2年
(2021年4月実績)
学費 初年度納入金:1,150,000円
(2022年4月予定)

ITクリエイター科・eスポーツ専攻

概要 eスポーツ専攻で目指すものは大きく分けて「プロのゲームプレイヤー」と「イベンター」の2つがあります。本専攻では、ITクリエイター科の本来の目標である職種をベースにし「ゲームが得意なプログラマー」はもちろん、「プロのゲームプレイヤー」「イベンター」を目指します。選んだソフトを徹底的に解析する時間を十分に確保しているので、練習に専念することができますし、オンライン対戦だけではなく、一緒に勉強している人とのオフライン対戦で腕を磨くことも可能です。プロプレイヤーとして活躍するためには、各種イベントの企画・提案ができることも大切な要素になります。学びを通して、イベントの企画および提案を仕事にするイベンターとしての進路を考えることも可能です。
主なカリキュラム ・eスポーツ実践
複数のゲームタイトルを選択して実践トレーニングを行います。個人だけではなく、チームでの試合も行うことでコミュニケーション力も養います。

・イベント企画実践
eスポーツイベントを企画・運営します。仮想ではなく、実際に、定期開催のイベント運営を経験できるので、緊張感を持って勉強できます。

・プレゼンテーション演習
人前で上手に話すためには経験が必要です。企画の提案だけではなく、イベントの司会進行などを行うための練習もします。

・動画編集
eスポーツはインターネットでの配信無しでは語れません。動画の加工から配信の過程までも学びます。
目指せる資格 <取得目標資格>
・情報処理安全確保支援士試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・データベーススペシャリスト試験
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・Oracle認定Javaプログラマ
・Cisco CCNA
・Microsoft Certified Professional(MCP)
・Javaプログラミング能力認定試験
・C言語プログラミング能力認定試験
・LPI認定試験(LPCI) など
目指せる職種 ・ゲームプログラマ
定員・年限 100名 ITクリエイター科1学年の総定員
2年
(2021年4月実績)
学費 初年度納入金:1,150,000円
(2022年4月予定)

ITクリエイター科・プログラマ専攻

概要 プログラマやシステムエンジニアに求められるプログラミングスキルやシステム開発に関する学習を行います。 プログラミング学習では、世界でもシェアが高いJava言語を中心に、人気が高いWebアプリケーション開発の基礎についても学びます。ITクリエイター科の基礎学習にプログラミング言語学習をプラスすることで応用力・即戦力のある人材の育成を目指します。
主なカリキュラム ・Java基礎
各企業の最前線で使用されているプログラミング言語・Javaの基礎について学びます。オブジェクト指向プログラミングの基礎知識を学びます。

・Java応用
Java基礎で学んだスキルを活用し、実際に簡単なシステムの構築を行うことで応用力を身につけることができます。

・システム開発
企画・設計・開発・納品といったシステム開発の流れを学習し、各段階で必要となる知識や考え方を習得します。

・国家試験対策
情報処理技術者試験(基本情報技術者試験・応用情報技術者試験)合格のための対策授業を実施しています。よりレベルの高い試験の合格を目指します。
目指せる資格 <取得目標資格>
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・C言語プログラミング能力認定試験
・Javaプログラミング能力認定試験
・Microsoft Office Specialist
(Word/Excel/Powerpoint)
・Oracle認定Javaプログラマ
・Cisco CCNA
・Microsoft Certified Professional(MCP)
・LPI認定試験(LPCI)など
目指せる職種 ・システムエンジニア
・プログラマ
・ITオペレータ など
定員・年限 100名 ITクリエイター科1学年の総定員
2年
(2021年4月実績)
学費 初年度納入金:1,150,000円
(2022年4月予定)

ITクリエイター科・事務専攻

概要 多くの事務関連職でIT化が進んでいる情報社会で、最低限のスキルとして必要となる、文書作成や表計算ソフトの利活用や簿記といった、事務に必要な知識を学習します。午前中の必修授業で基礎知識をひと通り学び、午後の試験対策等を履修することで検定試験に合格するための実力を身につけることができます。ITクリエイター科の基礎学習にさらなる磨きをかけることで、オールマイティーな事務スペシャリストを目指します。
主なカリキュラム ・簿記検定対策
日商簿記検定の合格を目指し、必修授業だけでは足りない知識や解法等を学び、検定試験の合格率を高めます。

・MOS各種検定対策
Microsoft Office Specialist(通称:MOS)試験合格を目指し、各試験の対策授業を行います。Word・Excel といった基礎試験だけでなく、PowerPoint(プレゼンテーション)やAccess(データベース)試験等にも挑戦することで、オフィスツールを使いこなせるようになります。

・日商PC検定対策
日照PC検定は、「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」といった3分野に分かれる資格試験で、MOSや簿記と共に、事務職で有利になる資格の一つです。MOSの知識に加え、さらに実践的な知識とスキルを身につけることができます。
目指せる資格 <取得目標資格>
・日商簿記
・全経簿記
・秘書検定
・ITパスポート試験
・日商PC検定
・Microsoft Office Specialist(Word/Excel/PowerPoint/Access) 
・サービス接遇検定
・情報セキュリティ初級認定試験、など
目指せる職種 ・一般事務
・経理事務
・税理士補助
・総務事務 など
定員・年限 100名 ITクリエイター科1学年の総定員
2年
(2021年4月実績)
学費 初年度納入金:1,150,000円
(2022年4月予定)

ITクリエイター科・デザイン専攻

概要 WebデザイナーやDTPデザイナーに必要とされるスキルを身につけるため、「Adobe Illustrator」や「Adobe Photoshop」など、デザイン制作に必要不可欠なアプリケーションの知識や操作技術を習得します。
またWebページ作成のための言語である「HTML」や「CSS」、「配色デザイン」についてもしっかりと学びます。デザインコンペティションへの応募や、企業とのコラボレーションにも力を入れているため、自分の作品に関して、人前でしっかりとした発言や説明ができるように、プレゼンテーションの練習を日頃の授業の中で積極的に取り入れています。
主なカリキュラム ・Illutorator/Photoshop実習
印刷物やホームページのデザイン制作において欠かせない専用ソフトの使用方法を基礎から学び、2年間で自在に操作できるようになることを目指します。

・Web制作実習
WEBクリエイターに必要な専門知識や技術を習得し、依頼通りにデザインする能力、複数のWebページをデザインする力を養いながら、JavaScriptなどWeb関連プログラムの理解を目指します。

・色彩検定対策
色に関する基礎知識から、配色技法、専門分野における利用などを幅広く学習し、デザイン制作における配色能力を高め、検定合格を目指します。
目指せる資格 <取得目標資格>
・色彩検定 2級 3級
・Illustratorクリエイター能力認定試験
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・Webクリエイター能力認定試験
・Microsoft Office Specialist(Word/Excel) など
目指せる職種 ・DTPデザイナー
・Webデザイナー
・CGクリエイター
・映像クリエイター
・美術系クリエイター など
定員・年限 100名 ITクリエイター科1学年の総定員
2年
(2021年4月実績)
学費 初年度納入金:1,150,000円
(2022年4月予定)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年~2020年3月卒業生実績より一部抜粋

  • 株式会社ダイキエンジニアリング
  • 株式会社データウェーブ
  • 株式会社エス・イー・プロジェクト
  • 林田会計事務所
  • 西日本産業株式会社
  • 株式会社ジオテック
  • 株式会社宝広告社
  • 株式会社商工印刷
  • 有限会社正文社印刷所
  • 島原ソフトウェア
  • 株式会社ファイブタッグ
  • ダイハツ長崎販売株式会社
  • 扇精光ソリューションズ株式会社
  • ハウジングロビー
  • 株式会社フルカワ
  • 株式会社エス・ティー・エヌ
  • 株式会社テクノ情報システム
  • 日栄インテック株式会社
  • 株式会社相武システム
  • 株式会社日本プレースメントセンター
  • 株式会社亀山電機
  • 橋本興産株式会社
  • 株式会社アソウアルファ
  • 株式会社NDKCOM
  • トランスコスモス株式会社
  • 株式会社ディーエスブランド
  • …など

就職支援

◆きめ細かいサポート
(株)メトロコンピュータサービスの職業紹介専門部門「メトロキャリア」が就職について全面協力します。企業紹介だけではなく、面接や試験対策、ビジネスマナー教育などの就職支援を受けることが可能です。担任制を採用しています。学生の出席状況の把握や就職指導など、キメの細かい対応を行っています。また、多くの先生やスタッフが常駐していますので、どんな事でも気軽に相談してください。

各種制度

メトロITビジネスカレッジでの学びを支援する各種制度のご紹介!

各種特待生制度

1.メトロ特待生制度
2.一般特待生制度

本気で本校での学習に取り組みたい!
そんなやる気のある方で、一定の基準を満たしている方は特待生制度を活用することができます。
※授業料等が優遇される制度です。

メトロITビジネスカレッジ 各種特待生制度

AO入試制度

通常の入試が不安な方はAO入試で自分のやる気を訴えることができます。
※申込み後に入学選考試験日を決定しますので、通常の選考日に都合がつかない方も利用することができます。

遠隔地補助制度

遠方から来る学生にも充実した学生生活を送ってもらうために学生寮を完備しています。長崎が初めての人でも安心・快適に過ごすことができる環境です。
※条件あり

各種奨学金制度

日本学生支援機構をはじめとする各種奨学金を利用することができます。
本校は県知事認可の専門学校ですので、各種奨学金および学資ローン等を利用することができます。また、高等教育の修学支援新制度も利用可能です。

メトロITビジネスカレッジ 各種奨学金制度

学びの分野/学校の特徴・特色

メトロITビジネスカレッジで学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 情報学・通信
  • 芸術・表現・音楽

メトロITビジネスカレッジで目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • ビジネス・経営
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

メトロITビジネスカレッジの特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • インターンシップ
  • 新設学科コース
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

メトロITビジネスカレッジの所在地

所在地

〒850-0862
長崎県長崎市出島町5-3 メトロビル

交通機関・最寄り駅

<JR>長崎駅より徒歩15分
<路面電車(長崎電気軌道)>出島電停より徒歩2分
<路線バス>大波止・中央橋・新地ターミナル 各バス停より徒歩5分程度
<諫早・大村方面(高速シャトルバス)>出島バス停より徒歩0分 (玄関前)

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

095-811-1166

メトロITビジネスカレッジのお問い合わせ先

電話 095-811-1166 / NTTフリーダイヤル 0120-4747-88
FAX: 095-811-1144
Mail: info@metro.ac.jp

  • 学校No.5505
  •  
  • 更新日: 2021.03.01