専門学校 中央農業大学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「スマート農業」「有機・オーガニック」「農業経営」のスペシャリストを育成

“食と農を融合した「新たなアグリビジネス」を創造し開拓する”を建学精神として、2011年に設立。種まきから食卓までをテーマに1次(生産)×2次(加工)×3次(販売・流通) の3つの産業分野を連携した6次産業化を学びます。さらに、ドローン・センサ・AI等のICT技術を活用したスマート農業にも力を入れています。

専門学校 中央農業大学校 PRイメージ1
専門学校 中央農業大学校 PRイメージ2
専門学校 中央農業大学校 PRイメージ3

トピックス

2021.03.01

文部科学省事業「アグリスマートワーク人材育成のためのプログラムを開発」

「スマート農業」は、ドローン、センサ、AI等のICT技術を活用した新しい農業のカタチです。本校では、文部科学省より委託を受け、スマート農業を行う人材を育成するためのプログラムを3年計画で作成しました。このカリキュラムで学ぶことで、「カッコ良く・稼げて・感動がある」農業の新3Kを実現します。

専門学校 中央農業大学校 文部科学省事業「アグリスマートワーク人材育成のためのプログラムを開発」

2021.03.01

目標は1株から60個を収穫!メロンの水耕栽培に取り組む

2017年から「まちだシルク農園」などの協力で、画期的な溶液栽培を利用したメロンの水耕栽培を行っています。活動は学生有志による「メロン部」が行っています。品質を高めるために温度、湿度、日照時問などのデータを駆使し、栽培管理に生かしています。昨年度は2株で約60個のメロンを収穫しました。糖度は平均15度以上で、品質的にもすぐれたメロンを栽培しています。

専門学校 中央農業大学校 目標は1株から60個を収穫!メロンの水耕栽培に取り組む

2021.03.01

全国初!農業分野のデュアルシステムで給付型の奨学金制度を実現

職業教育連携を実施する本校では、連携企業への実習を通してリアルな農業の生産現場での学びに力を入れています。溶液栽培を利用したトマトの生産や最新の技術を取り入れたイチゴのハウスでの実習の対価として、給付型の奨学金(2年次以降最大101万円)を受給することができます。

専門学校 中央農業大学校 全国初!農業分野のデュアルシステムで給付型の奨学金制度を実現

2021.03.01

オンライン・オープンキャンパス(個別相談会)実施中!

中央農業大学では、現在オンライン・オープンキャンパス(個別相談会)を開催中です!
オンライン環境があれば、自宅や学校から参加ができます♪
もちろん保護者の方との参加や、保護者の方のみの参加も大歓迎です!ぜひお気軽にお申し込みください。


■日程
平日(月曜日~金曜日)
※土・日・祝日は除く。月曜日に参加希望の方は、前週の木曜日までにお申し込みください

■時間
10:00 ~ 10:30
11:00 ~ 11:30
13:00 ~ 13:30
14:00 ~ 14:30
15:00 ~ 15:30
16:00 ~ 16:30
16:30 ~ 17:00

【↓詳細はこちらから】
https://www.chuo.ac.jp/cag/open-campus/web-op/

専門学校 中央農業大学校 オンライン・オープンキャンパス(個別相談会)実施中!

2021.03.01

『修学金支援制度』の対象校に認定

本校は修学支援制度「給付型奨学金」および「授業料減免(入学金含む)」の対象校です。
一定の要件を満たす住民税非課税世帯及び、それに準ずる世帯の学生に対し、授業料・入学金の免除もしくは減免に加え、さらに返還不要の給付型奨学金を支援するという制度です。
この制度に関する説明や相談、また、本校のその他の学費サポート制度に関し、個別の相談などをご希望される際は、各校広報部学生課までご連絡ください。

中央農業大学校 広報部学生課入学係/TEL:0120-831-992
★個別見学・相談は平日実施9:00~17:00(事前連絡要)

専門学校 中央農業大学校 『修学金支援制度』の対象校に認定

募集内容・学費(2021年04月実績)

専門学校 中央農業大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

ファーム農業経営学科

概要 農業分野の画期的デュアルシステム。中央農業大学校と関連企業が職業連携することで「学びながら働く」日本版デュアルシステムを導入しました。2年次以降はカリキュラム内に組み込まれた企業での実習の評価に対し、校納金・実践教育指導費相当として年間最大101万円を支援します(返済義務なし)。これにより2年次以降の本人負担額は学級費(31~34万円)のみとなります。
また、リアルな生産現場での実習は、かけがえのない経験となり将来の夢の実現のための財産となります。
定員 30名※学科定員
年限 2年・4年
学費 初年度納入金1,110,000円(2021年度4月実績)
備考

※ファーム農業経営学科は「ファーム育農基金(給付型)」適用学科です。詳しくは本校までお問い合わせください。

農業経営学科

概要 自ら栽培した農産物の販売方法を総合的に考えられる「農の6次産業化プランナー」としての知識・技術を学び、さらには安全安心、環境、付加価値をキーワードに有機農法を資格取得と実践から学びます。また、ドローン、センサ、AI等のICT技術を利用した生産性の高いスマート農業を学ぶことで、省力化のみならず、気象から鳥獣害対策までの幅広い農業の問題解決を行います。これからの農業のリーダー的人材の育成を目指しています。
定員 30名※学科定員
年限 2年
学費 初年度納入金1,110,000円(2021年度4月実績)
備考

※本学科は『給付金制度対象コース』2019年4月1日現在の教育訓練給付金・教育訓練支援給付金制度対象コースとなります。厚生労働省HPまたは、ハローワークでご確認いただけます。

主な就職先・ 手厚い就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月卒業生実績

  • (株)コメリ
  • (株)エバーグリーン富士見
  • (株)長野県Aコープ
  • 群馬ヰセキ販売(株)
  • 遠州夢咲農業協同組合
  • (株)久保田農場
  • (合)野菜屋総合サービス
  • 高橋農園
  • (株)クレオ
  • 中島エナジーファーム
  • 都丸農園
  • (株)ファーマーズトラスト
  • タマムラデリカ(株)
  • (株)アーミップ
  • (株)クリチク
  • フォーザウィン(株)
  • (株)伊香保カントリークラブ
  • 北埼菌茸センター
  • 相模屋食料(株)
  • (株)LIXILビバ
  • …など

手厚い就職支援

○企業ガイダンスやサポートが充実
1年次の夏と2年次の春に行う企業や生産法人などので職場体験や合同企業ガイダンス、農地所有適格法人ガイダンスなど、企業に触れられる機会が充実しています。また、担任による就職相談やカウンセリングを行うとともに、企業情報や求人情報を公開する場として就職指導センターを常設。就職指導専任の教員が学生一人ひとりと企業のマッチングをサポートします。

○卒業後も就職をサポート
在学中だけでなく、卒業後もスキルアップを目指す卒業生を対象に、転職活動のサポートを行っています。

各種制度

専門学校 中央農業大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

全国初!農業分野のデュアルシステムで学費を軽減

デュアルシステムとは「働きながら学ぶ」こと。連携企業での実習の対価として給付型奨学金(2年次以降最大101万円)を受給できます。また、連携企業はリアルな生産現場であり、そこでの実習はまさに「プロの学び」。卒業後は、連携企業への就職に縛りはなく、自分の進みたい道へ就職できます。

専門学校 中央農業大学校 全国初!農業分野のデュアルシステムで学費を軽減

スマート農業教育のパイオニアになれる

スマート農業を行う上で、ドローンやセンサなどのICTツールの活用が必須となります。しかし、これらのツールを使えなければ意味がありません。本校では、文科省の委託により、スマート農業ができる人材を育成するプログラム(全11教科)を開発し、全国に先駆けて、カリキュラムに取り入れています。

専門学校 中央農業大学校 スマート農業教育のパイオニアになれる

企業連携による実学実践教育の充実

約50社の企業と連携することにより、生産の分野では、水耕メロン栽培や病気に強い接木苗の実習、隔離栽培、混合土壌栽培等、食品の分野では、飲食店や食品製造会社へのメニューや商品提案などを行っています。学生は各企業の持つノウハウを実践で学ぶことができ、卒業後は即戦力として期待される人材として活躍しています。

専門学校 中央農業大学校 企業連携による実学実践教育の充実

クラス担任制による安心教育で悩みも解決

県外出身者の割合が半数近い本校では、親元を離れての一人暮らしも多く慣れない土地での暮らしに不安を抱える学生も少なくありません。本校では、クラス担任が生活やアルバイト、友人関係、就職等、入学から卒業までを親身になってサポートします。また、遠方の保護者の不安に対してもきめ細かなフォローを心がけています。

専門学校 中央農業大学校 クラス担任制による安心教育で悩みも解決

希望にあった就職を丁寧にサポート

農業生産分野においては、インターンシップを実施し、実際の現場で働くことで、企業は学生の適性を、学生は社風や業務内容を確認することで、失敗しない就職が可能です。また、生産以外では、種苗会社、農業機械メーカー、JA、生花店、ホームセンター、情報関連企業等幅広い就職先と各分野に対応できるカリキュラムによって、就職をサポートしています。

専門学校 中央農業大学校 希望にあった就職を丁寧にサポート

卒業生ネットワークの構築とサポートの充実を目指す

本校では、農地所有適格法人等へ就職後、将来的には、農業経営を目指す学生が少なくありません。新規就農は土地の確保、農業機械や資材の購入、安定的な販売ルートの開拓など課題も見受けられます。そこで、卒業生が安定した農業経営を行うためサポートができるよう、準備をすすめています。

専門学校 中央農業大学校 卒業生ネットワークの構築とサポートの充実を目指す

大学・短大・専門学校卒(見込み)者や社会人を対象とした入試制度

より専門的な知識を身につけたい人や、社会人として働いた経験のある方への入試制度も充実しています。これまでの経験を生かし、さらに、将来の夢を叶えるために学びたいというあなたを応援します!

専門学校 中央農業大学校 大学・短大・専門学校卒(見込み)者や社会人を対象とした入試制度

学びの分野/学校の特徴・特色

専門学校 中央農業大学校で学べる学問

  • 農学・水産学・生物
  • 栄養・食物

専門学校 中央農業大学校で目指せる職種

  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律

専門学校 中央農業大学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 納入期限延期制度
  • インターンシップ
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

専門学校 中央農業大学校の所在地

本校

所在地

〒371-0805
群馬県前橋市南町2-31-1

交通機関・最寄り駅

JR両毛線「前橋駅」下車、徒歩15分
前橋市内循環バス「マイバス」「南循環南町二丁目」停留所下車、徒歩2分

専門学校 中央農業大学校のお問い合わせ先

学生課入学係

電話 0120-831-992 / 電話 027-220-1200
FAX: 027-223-2814

  • 学校No.4834
  •  
  • 更新日: 2021.03.01