横浜商科大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

国際都市「横浜」で実践的に学び、ビジネスの最前線で活躍する!

人、街、暮らしのすべてに関わる、生きた学問「商学」。

横浜商科大学は、ビジネスに特化した商学部のみの単科大学で、商学科、観光マネジメント学科、経営情報学科(スポーツマネジメントコース、情報マネジメントコース)の3学科で構成、ビジネスの基礎知識からそれぞれの学科・コースの専門的知識までを幅広く学び、ビジネスの最前線で活躍できる視野と能力を身に付けます。

学びの特徴は「やってみる」と「考える」を繰り返し、実践的にビジネスを学ぶ「実効型ビジネス教育」。
少人数制教育のもとで行うACL(アクティブ・ラーニング)や、国際都市「横浜」を舞台に地域・企業とコラボレーションする学びのプログラムが、実践力や協働力、課題を解決する力を磨き、ビジネスを通じて社会に貢献できる人材へと育成します。

横浜商科大学 PRイメージ1
横浜商科大学 PRイメージ2
横浜商科大学 PRイメージ3

トピックス

2022.01.14

【自己採点後に出願可能!】一般・共通テスト締切は1/21

大学入学共通テスト利用選抜と一般選抜の出願を受付中です!
まだまだ間に合うので、この機会にエントリーしてくださいね!

【共通テスト利用選抜A日程】
出願締切:1/21(金)16:00
合格発表:2/10(木)

★共通テスト利用入試のポイントは?★
①自己採点後に出願可能で、個別試験は無し!
②国語(現代文)とそのほか1科目でチャレンジ可能
③最大4年間の授業料が半額免除となる奨学金制度あり

【一般選抜A・B日程】
出願締切:1/21(金)16:00
A日程試験日:2/1(火)
B日程試験日:2/2(水)
合格発表:2/10(木)

★一般選抜のポイントは?★
①一般選抜A・B日程同時出願の場合、受験料は1日分無料
②最大4年間の授業料が半額免除となる奨学金制度あり
③対策は過去問で!大学へお問合せください

<Web出願はこちらから>
https://www.shodai.ac.jp/juken/

横浜商科大学 【自己採点後に出願可能!】一般・共通テスト締切は1/21

2022.01.14

【平日希望日でONLINE個別相談を受付中】

平日9:00~17:30(17:30が最終相談開始時刻)に、Zoomを使用した『ONLINE個別相談』を開催しています。
受験生の方は、入試前に個別相談をしてみませんか?

<申込・詳細はこちらから>
https://sites.google.com/shodai.ac.jp/2020admissions

<入試情報は受験生サイトでチェック!>
デジタルパンフレット、入試要項、エントリーシートはコチラから!
https://www.shodai.ac.jp/juken/

横浜商科大学 【平日希望日でONLINE個別相談を受付中】

2021.03.01

1年生の大学生活を手厚くサポートする「SA制度」

SA(スチューデント・アシスタント)とは、1年生の大学生活をサポートしてくれる「先輩学生」のことです。
PCを使う授業や、大学で初めて体験するACL(アクティブ・ラーニング)を用いた授業などに参加して、必要があれば、すぐにその場でアドバイスを行います。また、SAの学生達が集まる「ぴあルーム」は、授業や課題の相談はもちろん、大学生活の相談や先輩の経験談を聞きにくる学生もいるなど、アットホームな空間となっています。大学で学んだスキルと1年生だった頃の経験を活かして、親身に新入生と関わるSAの学生達ですが「人に教えるために学習することで自分の理解も深まる」「学年をこえて交流することでコミュニケーション力がついた」など、自らの確かな成長を実感しているようです。

横浜商科大学 1年生の大学生活を手厚くサポートする「SA制度」

2021.03.01

スポーツを通じてビジネスを学ぶ「スポーツマネジメントコース」を設置

子どもから高齢者まであらゆる世代が楽しみ、国境を越えて感動を与える世界共通のコミュニケーションツールである「スポーツ」。横浜商科大学のスポーツマネジメントコースでは、そんな「スポーツ」について、多角的な視点で新しい可能性を探ることはもちろん、商学、経済学、経営学、マーケティングなどといった専門分野と関連づけて学び、実社会に活かせる力を身につけます。

スポーツ産業が盛んな「横浜」は絶好の学びの場。プロスポーツチームをはじめ、地域や企業との連携で、実践的な学びを展開していることもコースの大きな魅力です。好きなスポーツを通じてビジネスを学び、地域や企業から必要とされるエキスパートを目指してみませんか?

横浜商科大学 スポーツを通じてビジネスを学ぶ「スポーツマネジメントコース」を設置

2021.03.01

地域や企業が抱える現実の課題の解決に挑戦

2年次必修科目の社会力演習4では、300人以上が参加する大規模PBL(課題解決型授業)として「ビジネス課題チャレンジ発表会」を実施。湘南信用金庫、生麦商店街、横浜フリエスポーツクラブが実際に抱える課題を提示、学生はチームごとに課題を一つ選び解決策を考案していきます。各クラスの代表チームはプレゼンテーションを行い、課題解決策を競い合います。審査員は課題を提示した地域や企業の現場で働く方々。実社会と連携しているからこそできる実践型の授業です。

横浜商科大学 地域や企業が抱える現実の課題の解決に挑戦

募集内容・学費(2021年4月実績)

横浜商科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

商学部

商学科

概要 現代のビジネスがグローバル化や情報化の急速な進行に直面していることを踏まえ、マーケティングや商品開発、マネジメント、会計、ファイナンスなどを実践的に学び、ビジネスを動かす力を習得します。さらに、先端的なICTの活用能力を身につけ、世界を舞台に、あるいは地域社会で新しいビジネスを切り拓く人材を育成します。
定員 145名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,334,000円
(委託徴収金含む)

観光マネジメント学科

概要 旅行企画や宿泊事業はもちろん、航空、鉄道といった運輸関連、今後ますます注目されるスポーツイベント、エンターテインメントから国際会議の誘致・開催まで、観光ビジネスを深く、広く学びます。「横浜」を舞台に、地域・企業で観光ビジネスの分野で活躍するエキスパートから直接学ぶ実践的な授業を開講するなど、人を招き感動させるビジネスのプロを育成します。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,334,000円
(委託徴収金含む)

経営情報学科

概要 経営情報学科は2020年度より2コース制。スポーツ・健康産業に焦点を当てビジネスを学び、経済社会、地域社会の発展に貢献する人材を育てるスポーツマネジメントコースと、ICTの最新知識やプログラミング能力を修得し、情報ネットワーク社会で活躍する人材を育てる情報マネジメントコースを設置しています。いずれもマーケティングやマネジメント能力、経営的視点を養い、ビジネスを創造・成長させる力を養います。
定員 スポーツマネジメントコース(60名)
情報マネジメントコース(20名)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
(委託徴収金含む)

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月卒業生実績

  • アシックスジャパン
  • エイチ・アイ・エス
  • NTTデータ
  • 静岡県警察
  • 静岡中央銀行
  • 湘南信用金庫
  • 綜合警備保障
  • 中央コンピューターサービス
  • 東京消防庁
  • 東京ドームホテル
  • 日本空港ビルデング
  • 美津濃
  • 三菱重工業
  • 水戸証券
  • 山形銀行
  • ヨドバシカメラ
  • …など

2020年3月卒業生実績:就職決定率98.1%
(卒業者数245名・就職希望者数215名/就職者211数、進学者1名)

就職支援

■小規模大学だからできる、教員とキャリアセンタースタッフの連携による就職支援プログラムが充実
1年次からキャリア形成に役立つ科目を必修科目として開講。早期からビジネスマナーやコミュニケーション力などを身につけることはもちろん、文書の書き方やエントリーシート作成の練習をします。2・3年次は、OB・OGや企業の方を招いて業界に関する話を聞くなど、段階的なステップアップで、一人ひとりが希望する進路を歩めるようサポートします。

■万全の対策で、自信を持って就職活動に挑める
3・4年次を対象に、就職活動に役立つ様々なセミナーを実施しています。SPIや面接対策の他、学内合同企業説明会や企業インターンシップ、業界人との座談会など、企業の方から仕事や業界に関する話を聞く機会もあり、進路について考え、対策を練ることができます。

各種制度

横浜商科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

夢に直結、社会で活きるカリキュラム

社会人としての基礎的な力を身につける学びが充実。2年次からは専門分野ごとに、希望する職種への進路を踏まえ、就職に直結したカリキュラムを用意しています。将来に向け、ビジネス、経営、観光、ホスピタリティ、情報、会計、スポーツマネジメントなどを深く掘り下げ、専門知識をさらに身につけることができます。

横浜商科大学 夢に直結、社会で活きるカリキュラム

地域・企業とタイアップしたプログラムを展開

地域や企業と連携をすることで、実践的にビジネスを学ぶことができます。
横浜の観光地としても、文化の発信地としても有名な、横浜中華街や野毛商店街と連携して、「横浜中華街の世界」「横浜・野毛の商いと文化」という講義を実施。地域の歴史・文化に触れながら、まちづくりについて学びます。横浜関帝廟や横浜にぎわい座、横浜能楽堂などを見学し、直接地域の人から話を聞くことで、組織運営や地域活性化などを考察します。
座学では見えてこない地域や企業の実際を学び、実践力を身につけることができます。

横浜商科大学 地域・企業とタイアップしたプログラムを展開

入学前に頑張った人を応援!最大4年間の授業料が免除となる「授業料免除奨学生」

本学では、入学試験で上位成績を修めた人や、入学前に所定の資格を取得した人を対象とした奨学金制度を設置しています。

◆総合型選抜「奨学生」入試に合格した者は、最大4年間の授業料を全額免除します。
◆一般選抜入試A日程または一般選抜「大学入学共通テスト利用選抜」入試(A・B両日程)での合格者上位10%の入学者は、最大4年間の授業料を半額免除します。
◆CEFR「B1」以上、または日商簿記検定2級のいずれかを本学入学までに合格した者は、最大4年間の授業料を半額免除します。

※2021年度入学者向けの奨学金となります。
※年度ごとの継続については各学年の成績取得状況により考査があります。
※奨学金制度は変更する場合があります。

横浜商科大学 入学前に頑張った人を応援!最大4年間の授業料が免除となる「授業料免除奨学生」

ダブルスクール不要の資格取得対策講座

学生一人ひとりの目標を実現するため、独自の「資格取得・受験対策講座」を開講。税理士、日商簿記検定1~3級、国内・総合旅行業務取扱管理者、TOEIC®、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、ITパスポート、秘書検定2級、リテールマーケティング2級などの資格取得講座や、SPI、公務員試験対策など就職対策講座の開講も予定。大学指定の資格を取得した場合は奨学金が支給されるなど、経済支援も充実しています。

横浜商科大学 ダブルスクール不要の資格取得対策講座

語学はもちろん、異文化交流も経験できる交換留学・海外研修制度

アメリカや中国、オーストラリアの提携校で学ぶ、夏季・春季休暇を利用した約2週間の短期留学制度があります。現地で語学を学びながらそれぞれの文化にも触れ、研修後の評価に基づき単位が修得できます。
さらにアメリカや中国、ドイツの提携校への交換留学制度もあります。本学に1年以上在籍し、一定の語学力を有した学生が対象で、約半年から1年間留学できます。所定の金額の減免をはじめ、渡航費や生活費の支給が受けられるなど奨学金制度も充実しています。

横浜商科大学 語学はもちろん、異文化交流も経験できる交換留学・海外研修制度

学びの分野/学校の特徴・特色

横浜商科大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 国際・国際関係
  • 情報学・通信
  • 体育・健康・スポーツ

横浜商科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • エステ・ネイル・リラクゼーション
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

横浜商科大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅より徒歩圏内

横浜商科大学の所在地

つるみキャンパス

所在地

〒230-8577
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1

交通機関・最寄り駅

JR、横浜市営地下鉄、みなとみらい線、京浜急行、相模鉄道、東急「横浜」駅よりバスで「岸谷」下車、徒歩5分。
JR、東急「菊名」駅、JR「鶴見」駅よりバスで「飯山」下車、徒歩5分。
京浜急行「生麦」駅下車、徒歩15分。
JR「大口」駅下車、徒歩20分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-583-9043

横浜商科大学のお問い合わせ先

アドミッション・広報部

電話 045-583-9043 (直通)
FAX: 045-571-4125

その他お問い合わせ先

ホームページ「お問合せフォーム」(https://www.shodai.ac.jp/inquiry/start/)より必要事項を入力の上、送信してください。

  • 学校No.474
  •  
  • 更新日: 2022.01.14