横浜商科大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

国際都市「横浜」で実践的にビジネスを学び、社会の最前線で活躍する!

人、街、暮らしのすべてに関わる、生きた学問「商学」。

横浜商科大学は商学部のみの単科大学で、商学科、観光マネジメント学科、経営情報学科(スポーツマネジメントコース、情報マネジメントコース)の3学科からなり、ビジネスに関する基礎知識から、各学科に特化した専門知識まで幅広く学びます。

地元横浜をはじめ様々な地域や企業とタイアップした教育・研究が充実。2年次からのゼミはもちろん、1年次からフィールドワークやビジネス現場での実地授業を多く開講しています。50年以上の歴史がある横浜商科大学だからこそ、あらゆるビジネスに通用する知識はもちろん、やってみる行動力、やり遂げる実践力、仲間とともに協働を図る力を育み、効果的な課題解決能力を身につけることができます。

横浜商科大学 PRイメージ1
横浜商科大学 PRイメージ2
横浜商科大学 PRイメージ3

トピックス

2020.12.17

【1月から出願スタート入試情報】

「一般選抜入試」「大学入学共通テスト利用選抜入試」の出願が、1月5日(火)より始まります。
入試要項(願書)は本学ホームページよりダウンロードできますので、ご確認ください。 
また、受験生のみなさんを応援する「受験生向けサイト」を開設していますので、ぜひアクセスして、最新情報をチェックしてください。
https://www.shodai.ac.jp/juken/

・一般選抜入試 ~同時出願・第2希望学科まで志願可能
出願期間:1月5日~22日
試験日:A日程2月1日/B日程2月2日

・大学入学共通テスト利用選抜入試 ~自己採点後、高得点な2科目で出願可能
出願期間:A日程1月5日~22日
試験日:本学個別試験は課さない

※受験料割引・奨学金制度
一般選抜A・B日程同時出願の場合、受験料は1日分!
一般選抜A日程又は大学入学共通テスト利用選抜A・B日程を対象に、合格者上位10%の入学者は最大4年間授業料半額免除!

Web出願はこちら
https://www.shodai.ac.jp/exam_event/web_application/

横浜商科大学 【1月から出願スタート入試情報】

2020.11.26

【お知らせ】「2021年度入学試験要項」をHPで公開中

「2021年度入学試験要項」および総合型選抜入試で必要な「エントリーシート」を本学ホームページにて公開しています。
本学ホームページから各種入学試験要項およびエントリーシートをダウンロードすることが可能です。
総合型選抜入学試験は早めの入試対策が重要、受験を考えている方は、ぜひダウンロードをしてエントリーシートを作成してみてはいかがでしょうか。
なお、一般選抜「大学入学共通テスト利用選抜」A日程の合格発表日が変更となりましたので、ご確認ください。

2021年度入試の詳細はこちらでご確認ください。
https://www.shodai.ac.jp/exam_event/schedule/

2020.11.26

2020年度スポーツマネジメントコース新設

2020年4月より経営情報学科スポーツマネジメントコースを新設。
スポーツ・健康科学の分野を経営やマネジメント、マーケティングなどの切り口で捉え、新しいビジネスの可能性を探ります。プロスポーツチームと連携したプログラムをはじめ、スポーツ競技大会やスポーツクラブの運営、チーム活性化とともに地域活性化を促すための企画提案や手法を実践的に学ぶプログラムを展開。
好きなスポーツを通じて、地域や企業に役立つビジネス・エキスパートを目指してみませんか?

~スポーツマネジメントコースについての詳細はこちら~
https://www.shodai.ac.jp/sports/

横浜商科大学 2020年度スポーツマネジメントコース新設

2020.11.26

地域や企業が抱える現実の課題の解決に挑戦

2年次必修科目の社会力基礎演習4では、300人以上が参加する大規模PBL(課題解決型授業)として「ビジネス課題チャレンジ発表会」を実施。湘南信用金庫、生麦商店街、横浜フリエスポーツクラブが実際に抱える課題を提示、学生はチームごとに課題を一つ選び解決策を考案していきます。各クラスの代表チームはプレゼンテーションを行い、課題解決策を競い合います。審査員は課題を提示した地域や企業の現場で働く方々。実社会と連携しているからこそできる実践型の授業です。

横浜商科大学 地域や企業が抱える現実の課題の解決に挑戦

2020.11.26

第16回神奈川産学チャレンジプログラムで優秀賞を受賞

一般社団法人神奈川経済同友会が主催する「第16回神奈川産学チャレンジプログラム」において、横浜商科大学内田ゼミナールの北村チームが優秀賞を受賞しました。
この取り組みは、一般社団法人神奈川経済同友会の会員が所属する企業および団体と神奈川県内に拠点を持つ大学が中心となって行う「産学連携による学生の人材育成」を目的とした課題解決型研究プログラム。2019年度は、32の会員企業から提示された研究テーマに対し、神奈川県下の20大学、213チーム・1150人から研究レポートの提出があり、審査の結果、68チームが入賞。本学からは4チームがエントリーし、北村チームが入選しました。
北村チームは、相鉄ホールディングス株式会社から提示された課題「地域の人々に喜ばれる施設運営について ~魅力的なイベントづくり~」に対し、バブルサッカー等のスポーツイベントを通じて家族×スポーツ×安全の連携を深めていくというプロジェクトを提案。8つの審査項目のうち、特にプレゼン力の高さを評価され、見事優秀賞に選ばれました。

横浜商科大学 第16回神奈川産学チャレンジプログラムで優秀賞を受賞

募集内容・学費(2020年4月実績)

横浜商科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

商学部

商学科

概要 商学科では現代のビジネスがグローバル化や情報化の急速な進行に直面していることを背景に、マーケティングや商品開発、マネジメント、リーダーシップ、会計、ファイナンスまで企業経営に関することを総合的に学習し、ビジネスを動かす力を徹底して習得します。さらに、先端的な情報通信技術を活用する知識を備え、世界を舞台に、あるいは地域社会に寄り添って、新しいビジネスを切り拓く人材を育てます。
定員 145名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,334,000円
(委託徴収金含む)

観光マネジメント学科

概要 旅行企画や宿泊事業はもちろん、航空、鉄道といった運輸関連などの観光ビジネスの基礎から、ますます注目されるスポーツイベント、エンターテイメント、国際会議の開催など観光ビジネスを幅広く学びます。キャンパスが位置する「横浜」を舞台に観光ビジネスの研究や地域・企業の現場で活躍するビジネスパーソンから直接学ぶ実践的な講義も展開。人を招き感動させるビジネスのプロを育てます。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,334,000円
(委託徴収金含む)

経営情報学科

概要 経営情報学科は2020年度より2コース制。スポーツ・健康産業に焦点を当てビジネスを学び、経済社会、地域社会の発展に貢献する人材を育てるスポーツマネジメントコースと、ICTの最新知識やプログラミング能力を修得し、情報ネットワーク社会で活躍する人材を育てる情報マネジメントコースを設置しています。いずれもマーケティングやマネジメント能力、経営的視点を養い、ビジネスを創造・成長させる力を養います。
定員 スポーツマネジメントコース(60名)
情報マネジメントコース(20名)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
(委託徴収金含む)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2019年3月卒業生実績

  • Apple Japan合同会社
  • (株)IACEトラベル
  • (株)コナカ
  • (株)静岡中央銀行
  • (株)シャノアール
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • (株)東急リゾートサービス
  • (株)東京スター銀行
  • (株)日本空港ロジテム
  • (株)八十二銀行
  • (株)ノジマ
  • (株)ファミリーマート
  • (株)プリンスホテル
  • (株)三春情報センター
  • (株)ユナイテッドアローズ
  • (株)横浜スタジアム
  • (株)ローズホテルズ・インターナショナル
  • (株)ワールドシステムコンサルタント
  • 柏崎農業協同組合
  • 警視庁
  • 静岡県立磐田西高等学校
  • セレサ川崎農業協同組合
  • 綜合警備保障(株)
  • 北谷ホテルアンドリゾート(株)
  • ナイス(株)
  • 日産プリンス神奈川販売(株)
  • 日本郵便(株)
  • 函館商工会議所
  • 羽田空港サービス(株)
  • 本田技研工業(株)
  • 三井不動産リアルティ(株)
  • (株)ユニー
  • 横浜信用金庫
  • …など

2019年3月卒業生実績: 就職決定率99.0%
(卒業者数236名・就職希望者数201名/就職者数199名、進学者数1名)

就職支援

■小規模大学だからできる、教員とキャリアセンタースタッフの連携による就職支援プログラムが充実
1年次からキャリア形成に役立つ科目を必修科目として開講。早期からビジネスマナーやコミュニケーション力などを身につけることはもちろん、文書の書き方やエントリーシート作成の練習をします。2・3年次は、OB・OGや企業の方を招いて業界に関する話を聞くなど、段階的なステップアップで、一人ひとりが希望する進路を歩めるようサポートします。

■就職活動を成功に導く「就活体験バスツアー」
就職活動支援や採用活動を行っているプロフェッショナルから、就職活動に必要な企業研究・自己分析・面接を学びます。企業訪問、就職活動に関する講義やグループワーク、模擬面接を2日間で実施。気づきが盛りだくさんの合宿です。

■万全の対策で、自信を持って就職活動に挑める
3・4年次を対象に、就職活動に役立つ様々なセミナーを実施しています。SPIや面接対策の他、学内合同企業説明会や企業インターンシップ、業界人との座談会など、企業の方から仕事や業界に関する話を聞く機会もあり、進路について考え、対策を練ることができます。

各種制度

横浜商科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

夢に直結、社会で活きるカリキュラム

国際化や社会人としての基礎力を強化する学びが充実。2年次からは専門分野ごとに、希望する職種への進路、就職へ直結したカリキュラムを用意しています。将来に向け、ビジネス、経営、観光、ホスピタリティ、情報、会計、スポーツマネジメントなどを深く掘り下げ、専門知識をさらに身につけることができます。

横浜商科大学 夢に直結、社会で活きるカリキュラム

地域・企業とタイアップしたプログラムを展開

地域や企業と連携をすることで、実践的にビジネスを学ぶことができます。
横浜の観光地としても、文化の発信地としても有名な、横浜中華街や野毛商店街と連携して、「横浜中華街の世界」「横浜・野毛の商いと文化」という講義を実施。地域の歴史・文化に触れながら、まちづくりについて学びます。横浜関帝廟や横浜にぎわい座、横浜能楽堂などを見学し、直接地域の人から話を聞くことで、組織運営や地域活性化などを考察します。
座学では見えてこない地域や企業の実際を学び、実践力を身につけることができます。

横浜商科大学 地域・企業とタイアップしたプログラムを展開

授業のことから大学生活全般までをサポートするSA制度

SA(Student Assistant)とは、1年次の大学生活をサポートしてくれる「補助学生」のこと。アクティブ・ラーニングやPCを活用する授業を中心に参加し、必要があればその場ですぐにアドバイスをしてくれます。もちろん大学生活やプライベートの相談にも応じてくれるので、新入生にとってはとても心強い存在。SA自身も後輩の指導を体験することで、さまざまな能力が養われ、お互いの成長につながっています。

横浜商科大学 授業のことから大学生活全般までをサポートするSA制度

入学前に頑張った人を応援!最大4年間の授業料が免除となる「授業料免除奨学生」

本学では、入学試験で上位成績を修めた人や、入学前に所定の資格を取得した人を対象とした奨学金制度を設置しています。

◆総合型選抜「奨学生」入試に合格した者は、最大4年間の授業料を全額免除します。
◆一般選抜入試A日程または一般選抜「大学入学共通テスト利用選抜」入試(A・B両日程)での合格者上位10%の入学者は、最大4年間の授業料を半額免除します。
◆CEFR「B1」以上、または日商簿記検定2級のいずれかを本学入学までに合格した者は、最大4年間の授業料を半額免除します。

※2021年度入学者向けの奨学金となります。
※年度ごとの継続については各学年の成績取得状況により考査があります。
※奨学金制度は変更する場合があります。

横浜商科大学 入学前に頑張った人を応援!最大4年間の授業料が免除となる「授業料免除奨学生」

ダブルスクール不要の資格取得対策講座

学生一人ひとりの目標を実現するため、独自の「資格取得・受験対策講座」を開講。税理士、日商簿記検定1~3級、国内・総合旅行業務取扱管理者、TOEIC®、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、ITパスポート、秘書検定2級、リテールマーケティング2級などの資格取得講座や、SPI、公務員試験対策など就職対策講座の開講も予定。大学指定の資格を取得した場合は奨学金が支給されるなど、経済支援も充実しています。

横浜商科大学 ダブルスクール不要の資格取得対策講座

語学はもちろん、異文化交流も経験できる交換留学・海外研修制度

アメリカや中国、オーストラリアの提携校で学ぶ、夏季・春季休暇を利用した約2週間の短期留学制度があります。現地で語学を学びながらそれぞれの文化にも触れ、研修後の評価に基づき単位が修得できます。
さらにアメリカや中国、ドイツの提携校への交換留学制度もあります。本学に1年以上在籍し、一定の語学力を有した学生が対象で、約半年から1年間留学できます。所定の金額の減免をはじめ、渡航費や生活費の支給が受けられるなど奨学金制度も充実しています。

横浜商科大学 語学はもちろん、異文化交流も経験できる交換留学・海外研修制度

学びの分野/学校の特徴・特色

横浜商科大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 国際・国際関係
  • 情報学・通信
  • 体育・健康・スポーツ

横浜商科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

横浜商科大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅より徒歩圏内

横浜商科大学の所在地

つるみキャンパス

所在地

〒230-8577
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1

交通機関・最寄り駅

JR、横浜市営地下鉄、みなとみらい線、京浜急行、相模鉄道、東急「横浜」駅よりバスで「岸谷」下車、徒歩5分。
JR、東急「菊名」駅、JR「鶴見」駅よりバスで「飯山」下車、徒歩5分。
京浜急行「生麦」駅下車、徒歩15分。
JR「大口」駅下車、徒歩20分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-583-9043

横浜商科大学のお問い合わせ先

アドミッション・広報部

電話 045-583-9043 (直通)
FAX: 045-571-4125

その他お問い合わせ先

ホームページ「お問合せフォーム」(https://www.shodai.ac.jp/inquiry/start/)より必要事項を入力の上、送信してください。

  • 学校No.474
  •  
  • 更新日: 2020.12.17