自治医科大学 医学部の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

私立大学 自治医科大学 医学部

地域医療のリーダーとして活躍できる総合医の育成

自治医科大学は、医療に恵まれないへき地等における医療の確保や向上を図るため、全国の都道府県が共同で設立した大学です。毎年、全国から本学の建学の精神に共鳴する者が集います。社会における医療による貢献と、将来使命感を持って地域医療に挺身する気概と情熱に富んだ医療人の育成を目指しています。
医学部は「自治医科大学医学部修学資金貸与規程」に基づき、入学者全員に必ず入学金などの学費を全額貸与します。(修学資金貸与制度といいます。)
卒業後は、直ちに出身都道府県に戻り、知事が指定する公立病院等に医師として勤務します。その勤務期間が、修学資金貸与期間の2分の3に相当する期間に達した場合、返還が免除されます。

2016年第111回医師国家試験合格率は100%
(合格者101名/受験者101名)

自治医科大学 医学部 PRイメージ1
自治医科大学 医学部 PRイメージ2
自治医科大学 医学部 PRイメージ3

トピックス

2017.04.03

2017年度 医学部オープンキャンパス

【開催日時】
2017年7月23日(日)10:00~15:00
2017年8月10日(木)10:00~15:00

【2017年開催内容】
・全体説明(教育内容やカリキュラム)
・在学生によるキャンパスライフ体験談
・卒業生による体験談
・模擬講義
・在学生・教職員による個別相談コーナー
・施設見学(学生寮・図書館・体育施設 など)

※詳細はイベント画面または大学HPをご確認ください。

募集内容・学費

自治医科大学 医学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

医学科(17年04月 実績)

概要 地域医療に進んで挺身する気概と、高度な医療能力を身につけた医師を養成します。
定員 123名
※栃木県地域枠3名含む
年限 6年
対象 本学医学部入学試験では、全ての都道府県において2名または3名ずつ(栃木県は地域枠3名を含む、5名または6名)、合計で123名の学生が選抜されます。
入学試験は、各都道府県で第1次試験(学力試験・面接試験)を行い、その合格者に対して、本学で第2次試験(小論文試験・面接試験)を行い、入学者を選抜します。
また、入学試験は都道府県単位で実施するため、出願地となる当該都道府県を1カ所選択し、その出願地が本学卒業後に一定期間勤務する都道府県となります。
なお、選択には条件がありますので、詳しくは大学HP(http://www.jichi.ac.jp/exam/medicine/exam/)及び自治医科大学医学部入学者募集要項にて確認してください。
学費 初年度納入金
4,600,000円(全額貸与)
(17年04月実績)
本学は、「自治医科大学医学部修学資金貸与制度」により貸与契約を締結し、入学者全員に必ず学生納付金相当額及び入学時学業準備費を貸与します。
この修学資金は、大学を卒業後、直ちに第1次試験の試験地の都道府県知事の指定する公立病院等に医師として勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた期間の2分の3(1.5倍)に相当する期間(その勤務期間のうち2分の1は、知事が指定するへき地等の指定公立病院等に勤務する。)に達した場合は返還が免除されます。

各種制度

自治医科大学 医学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

①低学年から臨床医学教育を実施

たとえば基礎医学の場合、まず学問の本質をしっかりと教育します。患者さんの症例を提示して臨床と結びつけて説明することで、学問の意味が深く理解できるようにし、同時に学習意欲を高めます。また、早期体験実習や地域医療実習等を有効に活用しながら、へき地医療への関心も高め気概を醸成します。

②医療現場での対応力を長期間、多くの診療科で行うBSL

多くの大学では5年次から始まるBSL(臨床実習)を、本学では4年次と5年次の2年間をかけて行います。そのため各診療科の医療現場でより多くの経験を積むことが可能です。長期のBSLを通して、教科書だけでは学べない状況への対応、お手本となる指導医の診療方法、患者さんとの緊密なコミュニケーションなど多くのことを学ぶことができます。

③全寮制

医学部生は6年間の学生生活をキャンパス内にある“ワンルームマンション型”の学生寮で過ごします。快適な生活空間の中で医師に必要なコミュニケーション能力を養うことができます。寮費は1か月8,500円です。
また、インターネット環境も整っており、無料で使用できます。

④奨学資金貸与制度

本学独自の奨学資金貸与制度を設けています。これは、生活費の一部を貸与することにより、経済的な面から修学を支援していくものであり、申請に基づき無条件で月額50,000円を貸与します。さらに家庭の経済状態や学業成績などを勘案して選考し、最高月額150,000円まで無利息で貸与する制度です。
なお、卒業後、9年以内に割賦の方法により返還していただきます。

⑤卒業後の勤務形態

医学部卒業生は、卒業後直ちに出身都道府県に戻り、知事の指示に基づき2年間の臨床研修を臨床研修指定病院等で行います。その後、2~3年間を公立病院、診療所、保健所等に勤務します。卒後5~8年目の時期に1~2年間、地元の研修指定病院や、本学に戻り高度な医学知識や臨床的実力を身につける後期研修を行い、その後、再び地元での医療に貢献します。

学びの分野/学校の特徴・特色

自治医科大学 医学部で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

自治医科大学 医学部で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

自治医科大学 医学部の特徴

  • 独自奨学金制度
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場

自治医科大学 医学部の所在地

本校舎

所在地

〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1

交通機関・最寄り駅

JR宇都宮線(東北本線)「自治医大駅」下車、徒歩15分または接続バスで5分

なお、東北新幹線を利用する場合は、①東京方面からでは小山駅、②東北方面からでは宇都宮駅で下車し、JR宇都宮線(東北本線)の普通電車に乗り換え「自治医大駅」で下車となります。

自治医科大学 医学部のお問い合わせ先

学事課入試広報係

電話 0285-58-7045
FAX: 0285-44-3625

  • 学校No.4704
  • 更新日: 2017.04.03

自治医科大学 医学部に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

自治医科大学 医学部

学べる学問から学校をさがす
目指せる職種から学校をさがす