仙台幼児保育専門学校のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

保育現場で使える楽しい学びがいっぱい!実践的な学びを体験することで確実に成長できます。

KEYWORD

  • #保育士
  • #幼稚園教諭
  • #児童指導員
  • #保育
  • #せんせい
  • #宮城

高校時代から勉強にも部活にも一生懸命。今は理想の保育士を目指して奮闘中。

高校時代は文武両道を目標にしていました。定期試験で毎回10位以内に入ることをめざし、何度も先生に質問をして苦手科目をなくすことで3年間10位以内をキープ。軽音楽部でもバンドメンバーとともに奮闘し、県大会で入賞。オリジナル曲を地元・仙台の大きなステージで演奏することができました。
進路を考えた時、この学校のことをHPで知り、「仙台幼児ならではの実践的な学び」に強く惹かれました。オープンキャンパスにも参加。学校の雰囲気の良さや先生と学生の距離が近いこと、ピアノのマンツーマンレッスンがあることなどを知り、入学を決めました。
入学前に保育関係の専門書を10冊ほど読みました。入学試験は面接だったため、質問されそうな項目を事前にまとめて準備をしましたが、人柄を見る質問が多かったので、自然体で臨めば良いと思います。
入学後はオリジナルの保育教材を作って発表を行ったり、子ども向けの造形や運動遊びを実際に行ったりと、座学よりも実技の授業がとても多いことに驚きました。保育の現場ですぐ使えるものが多く、実習の現場で役立ちました。今は学びを進めながら、「温かい雰囲気で、自然と周りに人が集まってくるような素敵な保育士」をめざしています。

志望理由

仙台幼児を志望した理由を3つ述べます。
1つ目は、より実践的な授業を行っていることです。仙台幼児は保育現場ですぐに即戦力として働ける人材育成を行っています。そのため、保育教材をつくって、実際にみんなの前で実演する授業があったり、保育現場で実際に活躍をされている先生方が行う授業を受けることができたりします。これほど、実践的な授業を受けられ、現場直結型の授業は他にないと考えました。
2つ目は、ピアノのマンツーマン授業を行っていることです。私は、ピアノ初心者で、楽譜も読むことができませんでした。そのため、ピアノの授業への不安感がとても強かったです。しかし、仙台幼児でなら一人ひとりのレベルに合わせて授業を行ってくれるため、安心してピアノの授業に臨むことができ、周りに置いていかれることもなく、確実にピアノのスキルを上げることができると考えました。また、各教室に必ず1台はピアノがあり、練習室や防音の個室があるなど、学校内にあるピアノの数がとても多く、設備が充実していると思いました。そのため、ピアノを身近に感じることができ、練習しやすいことも仙台幼児を志望した理由の1つです。
3つ目は、学校の敷地内に保育園があり、子どもたちの姿が身近にある事です。教室の窓や渡り廊下から、子どもたちが遊ぶ様子が観察できるようになっており、実際の子どもたちの動きや、それに対する保育者の子どもへの言葉掛けや関わりを観察することができることに惹かれ、仙台幼児に入学したいと考えました。

志望理由の GOOD POINT!

自分が「せんせいになりたい!」という気持ちと、これから学校で学んでいきたいことを結び付けています。また、ピアノレッスンのところでは、自分がこれから学ぶ中での不安を話しつつも、前向きに学びたいという気持ちが伝わってきます。
敷地内の保育園があることについても、実際の保育士や子どもの姿を見て、自分の理想とする「せんせい像」がだんだんと見えてくるのではないかという期待もあるように思います。
仙台幼児の魅力をしっかりと理解したうえで、仙台幼児で学びたいという気持ちが伝わってくることが最大のGOOD POINTですね!

  • 学校No.4298
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

条件を変更して学校をさがす

資料・願書請求できる学校をさがす