経専医療事務薬業専門学校のスペシャルコンテンツ

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

経専医療事務薬業専門学校 専修学校(専門学校) / 北海道 認可 / 学校法人経専学園 職業実践専門課程設置校

医療事務の仕事はAIに奪われてしまう?そんな心配はご無用。

■学問大分類:医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
■学問小分類:医学・薬学・医療技術
■提供:経専医療事務薬業専門学校×医療業界

医療事務の仕事は実に多様。病院にとって必要不可欠な仕事です。

医療事務とは、病院やクリニックで受付や案内、支払いを担当してくれる人たちのこと。医療事務の仕事のイメージは受付・カルテ作成・最後に会計をする、というすごく機械的なものかもしれません。
将来的にAIが発達すれば、人間から多くの仕事が奪われていく、と言われています。経専医療事務薬業専門学校のオープンキャンパスに訪れる高校生たちからも、「医療事務の仕事は将来、AIに置き換わってしまうのではないですか?」という質問が出ることもあるとか。
もちろん、そんな心配は無用です。
医療事務にとって受付や会計は仕事のほんの一部。本来医療事務は病院の経営・運営に関することをすべて引き受け、患者さんの応対を行ったり、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・介護士…といった医療スタッフ間の橋渡しを行ったりと、その仕事は実に多様です。
むしろ医療事務は総合病院にとってもクリニックにとっても必要不可欠な存在なのです。

医療事務の仕事も多様化。コースを選んで学び、専門力を育成。

医療事務の仕事は病院運営業務のほぼ全般です。
近年は医療スタッフがそれぞれの役割を果たしながら平等に連携する「チーム医療」の体制が定着し、医療事務もそのなかで重要な役割を担う一員。近年は看護師が増加傾向にあるため、病棟内でその業務のサポートを担うなど、医療事務の役割も変化しています。
経専医療事務薬業専門学校では、医療事務に必要な専門的な知識・技術に加え、コミュニケーション能力・接遇力を高めるための学びを用意しています。
また、2年間で学ぶ医療事務関連の知識に加え、1年次後期からは「医療秘書コース」「調剤事務コース」「医師事務コース」「クラークコース」「小児事務コース」と5つの専門コースから1つを選択して2つの職種を想定して学ぶことができます。
それぞれのコースで取得を目指す資格も違うため、複数の仕事のスキルとともに資格を有しておくことは、就職でも非常に有利です。

医療現場を体験し、自分に合った働き方や仕事を見つける。

経専医療事務薬業専門学校ではコース選択の際、担任が学生一人ひとりに対して面談を行います。将来どんな仕事に就きたいのか、少人数制教育の強みを活かしてしっかりと確認し、より広い視野で進路を考えられるよう配慮しています。
又、1年次の2月から3月にかけて医療機関でのインターンシップを実施。実習先は学生の希望で決めることができます。病院、クリニック、調剤薬局など実習先はさまざま。現場で医療従事者や患者さんとのコミュニケーションを経験することで、学生の将来への展望はより明確なものになっていきます。
病院の規模や具体的な職種など、自分にはどんな仕事や働き方が合っているのかを知った学生は、残りの学生生活で自分の目指す道のための努力を続けます。
医療の現場には対話や応対など、人間にしかできない仕事が数多くあります。経専医療事務薬業専門学校には、医療業界で長く働き続けるために必要な体験があふれています。

  • 学校No.4237
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

条件を変更して学校をさがす

資料・願書請求できる学校をさがす