大阪樟蔭女子大学のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

心理学を学ぶことで、興味と視野を広げることができました

KEYWORD

  • #心理学
  • #社会心理学
  • #総合心理
  • #人の性格や行動について考える
  • #日記
  • #自分を客観的に捉える
  • #多様性を受け入れる
  • #先生との距離が近い
  • #居心地がいい大学
  • #大学生活を楽しめる

日記を書き始め、自分と他者の心理に強い関心をもつように

高校生の頃から人の性格や行動について考えることが多かった私は、大学受験期に日記を書き始めたことで、自分の性格や考えに対しても意識を強く向けるようになりました。日記を書くことで自分を客観的に捉えられるようになり、しだいに人と自分の行動の違いや人との関わりへと興味が広がり、大学で心理学を学びたいと思うようになりました。
大阪樟蔭女子大学への入学を志望したのは、心理学のほかにも、地域社会やジェンダー、メディアなど私が関心をもっている分野を幅広く学べると思ったからです。学内の充実した施設や勉強に集中できる落ち着いた雰囲気にも魅力を感じました。そして、入学当初は人格心理学や臨床心理学に興味がありましたが、社会の中で生じる心理学へのおもしろさを感じ、総合心理コースを選択しました。
心理学科の先生方は学生との距離が近く、フレンドリーに接してくださるので自然と親しくなれました。先生方は、授業や日常生活のことでも何でも気にかけてくださるので、見守られている感じがして居心地が良いです。この居心地の良さが、私の学びたいと思う意欲を高め、大学生活を楽しめる要因になっていると感じます。

社会の事象が、心理学と深くかかわっていることに気付きました

学科の授業の中で特に興味深かったのは、「社会の中の心理学」という科目です。現代社会の問題を取り上げ、調査や実験なども行い議論します。テーマは、トイレットペーパーの買い占め行動やSNSでの誹謗中傷、web会議ツール使用における弊害など身近な社会問題で、これらを引き起こす要因は何なのか、どのようにすれば改善できるのか、仮説を立てて検証します。授業を通して、人間の発達や対人での関わり、流行など、社会のあらゆる事象に心理がかかわっていることを知りました。
これまでの学びから、私は「どうしてこの人はこういう風に考えるのか」など、他者の心理について強い興味を持てるようになりました。また、「心理とはどういうもので、他者にどのような作用をもたらすか」など、さまざまな問いに向き合うための知識や視点も身に付きました。私自身についても、人や社会への多様性を受け入れ、性格を見直したいと思った時に心理学によるアプローチができるようになるなど、心理学は私の内面に気付きや成長を促してくれる学問だと実感しています。

※原稿は、取材当時の情報です。

子どもが自発的に学び、遊べる教育環境を研究しています

KEYWORD

  • #児童教育
  • #保育士
  • #幼稚園教諭
  • #小学校教諭
  • #保・幼・小を4年間で全取得めざす
  • #認定絵本士
  • #教育心理学
  • #学生主導のプロジェクト
  • #絵本
  • #子どもにとって良い環境は何かを研究中

子どもの面倒を見るのが楽しくて、教育に興味をもつように

私は子どものころから年下の子どもたちの面倒をよく見ていて、おもしろさとやりがいを感じていました。私自身もモンテッソーリ教育を実践する幼稚園で楽しい子ども時代を過ごし、しだいに子どもと関わる仕事に興味を持ちました。その思いは高校生になってからも変わらず、教育について専門的に学べる大学への進学を決意しました。
大阪樟蔭女子大学の児童教育学部を選んだのは、まず幼稚園教諭・小学校教諭の免許・保育士の資格を4年間で取得をめざせる所に魅かれたから。また、「認定絵本士」という資格の勉強ができるなど、資格取得のための手厚い指導が受けられ、学生主導の教育系のプロジェクトにも魅力を感じました。大学の卒業生からのアドバイスも後押しになり、受験を決意しました。

ボランティアなど、実践的な学びを幅広く経験しています

現在、私は教育心理学と絵本を通した子どもへのサポート方法と環境構成の研究に力を入れています。これは、教育心理学などの知見にもとづき、「認定絵本士」の専門知識も生かして、子どもに良い教育環境について考察するというもの。
この研究課題を決めたきっかけは、児童向けの美術館や図書館といった教育施設を訪問し、ボランティアにも参加したことです。館内を訪れた子どもたちを観察し、自発的に遊び、学ぶ環境づくりに必要なこととは何だろうと疑問を持ちました。また、児童向け図書館での活動では、スタッフの方たちの子どもへの声かけや援助する様子を見て、子どもの教育は人的環境が大きく影響すると気付きました。関連する調査として、現代の子どもの興味・関心について絵本作家からインタビューも行いました。
日々の勉強と並行して、モンテッソーリ教育を推進している認定こども園でアルバイトをしています。今後も子どもに関わる企業や団体の社会活動に参加したり、他大学との単位互換制度を利用したりして、子どものさまざまな教育支援についての専門知識の幅を広げていきたいです。

※原稿は、取材当時の情報です。

新しい時代に求められる管理栄養士をめざしています

KEYWORD

  • #管理栄養士
  • #栄養士
  • #現場で求められる管理栄養士
  • #高い管理栄養士合格率
  • #オープンキャンパス
  • #学生スタッフ
  • #先生との距離が近い
  • #成長するためのチャンスが多い大学
  • #学生がみんなキラキラ

祖母の療養生活から、管理栄養士の仕事ぶりに魅かれました

私が管理栄養士という職業に目覚めたのは、高校3年生のときに祖母が病気で入院したことがきっかけです。療養生活の中で祖母がもっとも楽しみにしていたことは、管理栄養士の先生が考案してくださる栄養バランス満点の食事。祖母が安心して、楽しく食べている姿が印象に残りました。そして、人は生きていくうえで食べることがとても大切であると気付き、私も将来、人々に安心、安全な食を提供できる管理栄養士になろうと決意しました。
そして複数の大学のオープンキャンパスに参加するなかで、大阪樟蔭女子大学の先輩はとてもやさしく接してくださり、先生と学生の距離が非常に近い大学であるところが魅力的でした。その雰囲気の良さは、入学してからも強く感じます。先生方は常に学生一人ひとりに目を配ってくださり、また周りの学生たちもいつも輝いて見えて、この大学に入学できて本当によかったと思います。
管理栄養士の国家試験の合格率が高い大学であることも、私にとって志望校選びのポイントでしたが、大阪樟蔭女子大学の抜群の合格率を見て安心して学べると確信できました。

環境に恵まれ、学ぶ意味を理解しながら知見を深めています

健康栄養学科では、将来食を通して活躍するために必要な多岐にわたる分野の学びを、豊富な実践を通して得ることができます。1年次に食品学や調理学、基礎栄養学などの講義を通して基礎知識を身に付け、2年次から食事設計実習、応用栄養実習などの実習科目が始まり、段階的に学んでいきます。3年次は実習に加えてグループワークやディスカッション形式の授業があり、自分の考えを伝え、相手の意見を受け入れる力が身に付きます。
大阪樟蔭女子大学の先生方は、「これからの現場で求められる管理栄養士の育成」という学科の教育目標のもと、実践的な学びの環境を整えてくださり、管理栄養士として必要な知識とスキルを常に細かく教えてくださいます。ですから、どの科目の授業でも、学ぶ意味を理解して自分の確かな知識、技術にできると思います。

専門性をそなえ、相手の立場になれる管理栄養士をめざします

入学するまで、管理栄養士は「給食をつくる人」というイメージが強かったのですが、病気予防のための正しい栄養知識を伝える、健康や食のマネジメントができるなど、もっと深くて幅広い専門性が求められる職業だと知りました。実際、患者さんに提供される経腸栄養剤の試飲やラットの解剖など、「なぜそのようなことも勉強をするのか」と思われるようなことな科目を数多く履修します。しかし管理栄養士は、科学的根拠と豊富な経験にもとづいて管理、指導する職業であり、最新の知識と技術も求められると気付きました。
今後は卒業研究や病院実習・就職活動・国家試験と、大学での学びの集大成と卒業後の進路に向けた準備が本格化しますが、一つ一つ丁寧に取り組み、さらなる成長につなげていきたいです。そして、相手の立場になって行動でき、人としても大きく成長できる管理栄養士になりたいです。

※原稿は、取材当時の情報です。

  • 学校No.41
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす