立教大学のスペシャルコンテンツ

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

社会構造が変われば、労働も変わる。「これからの働き方」について学ぶ。

■学問大分類:経済・経営・商学
■学問小分類:経済学
■提供:立教大学

社会の変化と密接に絡み合って起こる労働問題。

非正規雇用の増加や外国人労働者の受け入れ拡大など、さまざまな労働問題が取り沙汰されている昨今。「これからの働き方はどうなるんだろう?」と、将来に対して不安を感じる方もいるでしょう。
よく取り上げられるニュースの一つとして、物流が停滞する「物流危機」があります。近年、ECサイトでの買い物の普及などにより、運ぶ荷物が増加。荷物が増えたぶん、運ぶ人が足りなくなり、ドライバーの負担が増えました。にも関わらず、厳しい労働条件の中で働くケースが少なくありません。このような労働状況になると、若い働き手はなかなか入って来なくなり、さらに人手不足になるという悪循環に陥ってしまいます。「物流危機」はあくまで例の一つで、他の業界においても、さまざまな労働問題を抱えています。このように労働のあり方が変わっていく中、しあわせに暮らしていく働き方を実現するために、どのような考え方が大事になってくるのでしょうか。

社会的な課題の解決には、多様な観点からの知見が必要。

労働者と消費者、二つの目線から労働問題について考えてみましょう。例として取り上げた「物流危機」は、消費者の行動も原因の一つとなっています。ECサイトでの買い物はクリック一つで物が自動で届く錯覚を覚えますが、そこには何人もの働き手が関わっています。生活の中で便利さを優先することで、働く側に負担がかかっている一例と言えるでしょう。便利さを支えてくれる社会にとって必要不可欠な仕事へ意識を向けること、一つの角度から物事を見るのではなく、想像力を働かせてさまざまな角度から問題を捉えることが必要です。
また、技術革新によって解決できる部分もあるでしょう。AIやドローンなどの技術が発達し、人の助けになるという期待があります。ただし、人が機械に使われて賃金が下がるような事態を招くことも危惧されています。今後はこれらの技術革新を労働条件の改善につなげていけるかも重要になります。

労働の現場を訪れて、自分の足と頭を使って研究を行う。

立教大学 経済学部 経済政策学科の首藤教授の研究室では講義やゼミを通して、生じている問題に対して、労働の現場を訪れて生の声を拾い上げることの重要さや、自分の足を使いながら自分の頭で考えることの大切さを学生に伝えています。
「アルバイト先の賃金がどのように決まるのか」「就職先の企業をどう選ぶか」「女性としてどんな働き方をしていくか」といった、学生に身近なテーマをピックアップして授業を行っています。時には、ゲストスピーカーを招いたり、DVD教材を活用したりすることもあります。
また、ゼミ生も自らアポイントをとって企業などへ調査に赴き、フィールドに出て研究しています。
労働問題はいくつもの要素が絡み合って存在し、時の流れの中で刻々と変化していくため、解決は簡単ではありませんが、これからも「働くこと」に関する問題に正面から取り組んでいきます。

  • 学校No.405
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす