札幌国際大学のスペシャルコンテンツ

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

2022年『国際教養学科』新設!

「多文化言語コース」「文化共創コース」「国際コミュニケーションコース」の3つからなる国際教養学科が2022年4月に新設!
グローバルな視点で歴史、文化、言語など、人文学の基礎を学び、実社会(フィールド)で体験しながら学びます。
国際社会で活かせる能力、コミュニケーション能力、リーダーとなり得る能力、主体的に自己発信できる能力が身につきます。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━
■学びのキーワード
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━
♯ 多文化共生
♯ 多言語
♯ 異文化交流
♯ 現代文化・歴史
♯ コミュニケーション
♯ グローバルビジネス

多文化言語コース

国際化が進み、多くの外国人が来日するようになりました。そこで欠かせないツールとなるのが“言語”です。
多文化言語コースでは、英語をベースに様々な国や民族の文化について学びます。単に英語を修得するだけではなく、「英語を使って」幅広い分野の学問を学びます。また、中国語や韓国語を学ぶプログラムも充実しています。
北海道では初めて、春学期にクォーター制を導入しており、コース全員が前半の3か月で英語を学び、後半の3か月で留学するプログラムを導入。
1年次から世界に目を向けることで、グローバル社会で生きる力を養います。

文化共創コース

北海道にはアイヌ文化など独自の魅力的な歴史・文化・産業が数多くあります。文化共創コースは、北海道の魅力と諸課題を学び、世界にその素晴らしさを伝える力を養います。アクティブラーニングが多いカリキュラムでは、社会に出た時の実践力を身につけ、また、学生主体の自由な企画展などの開催を通してまとめる力、伝える力を学びます。地域の課題発見と解決策の提案、魅力発見で深く関わることができるので、公務員などを目指す人にも魅力のあるカリキュラムを用意しています。伝統と現代が共存する豊かな大地で形成された文化を、フィールドワークを重ねて理解を深め、そこで得た魅力と諸課題を国際的な視点で発信していきます。

国際コミュニケーションコース

日本や北海道の経済は、外国との接点なしでは成立しません。
国際コミュニケーションコースは、マーケティングやマネジメントなど、具体的なビジネスの事例を通して、グローバルな視点から、北海道の産業や経営学の領域を幅広く学び、ビジネスの世界で活躍する人材を育てるコースです。また、ビジネスを学びながら日本語教師の資格取得が可能なカリキュラムを用意しています。
人と人をつなぐコミュニケーション能力や情報技術を活用した表現力、発信力を身につけ、世界へ発信する力を養います。

  • 学校No.3856
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす