専門学校 桑沢デザイン研究所の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人桑沢学園 専門学校 桑沢デザイン研究所

デザイン史に刻まれた伝統と実績。〈桑沢〉で未来を創造する

1954年、日本で初めて「デザイン」を校名に冠した教育機関として創立。独自の教育方針により、半世紀以上にわたって、国内外の様々なステージで活躍する数多くのデザイナーやクリエイターを輩出し、デザイン教育のパイオニアとしての役割を担ってきました。

人々の生活や社会、未来にまで深く関わるデザイン。その役割を認識し、未来を照らすことのできるふくよかさを持ったデザイナーとして活動するために必要な、幅広い視点と知見、好奇心と探究心…。

桑沢デザイン研究所は、真に優れたデザイナーになるための、可能性に満ちた場であり続けたいと願っています。

専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ1
専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ2
専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ3
専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ4
専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ5
専門学校 桑沢デザイン研究所 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

〈世界的に評価の高いデザイン学校〉として掲載!

デザイン業界に強い影響力を持つFrame 出版社(オランダ) が発行した書籍「Masterclass:Product Design(マスタークラス:プロダクトデザイン)」と「Masterclass:Interior Design(マスタークラス:インテリアデザイン)」に、桑沢デザイン研究所が〈世界的に評価の高いデザイン学校〉として掲載されました。

プロダクトデザイン分野、インテリアデザイン分野(本校におけるスペースデザイン専攻/コース)をリードする世界の大学院について、卒業制作の質や就職、卒業生の活躍や講師陣の充実とその講師陣のデザイン業界での評価などを基準に厳選された30校が紹介されています。

掲載校のなかで、唯一大学院ではありませんが、Frame 出版社の意向により特例として掲載されることとなりました。

2017.03.01

デザイン史に刻まれた伝統と実績、桑沢生だけが持つ誇りと実力を身につける

1954年、日本で初めて「デザイン」を校名に冠した教育機関として創立。日本のどの学校にもみられない独自の教育方針により、半世紀以上にわたって、国内外の様々なステージで活躍する数多くのデザイナーやクリエイターを輩出し、デザイン教育のパイオニアとしての役割を担ってきました。

人々の生活や社会、未来にまで深く関わるデザイン。その役割を認識し、未来を照らすことのできるふくよかさを持ったデザイナーとして活動するために必要な、幅広い視点と知見、好奇心と探究心…。

桑沢デザイン研究所は、真に優れたデザイナーになるための、可能性に満ちた場であり続けたいと願っています。

2017.03.01

学校説明会(学内・学外)、随時開催中!

本校をより深く理解するための機会として活用ください。

授業内容、就職状況、入学試験の説明や卒業生の講演、在校生の課題作品や前年度入試の実技参考作品の展示を行います。
また、校内見学や個別相談にも応じます。

※2017年の開催日程については、決まり次第本校HPでお知らせします。

募集内容・学費

専門学校 桑沢デザイン研究所の募集内容や学費をチェックしておこう!

総合デザイン科

ビジュアルデザイン専攻(2017年4月実績)

概要 広告やポスター、本や雑誌、サインやマーク、パッケージ、Webなど、「視覚表現=ビジュアル」に関するデザインを学ぶ専攻です。エディトリアル、タイポグラフィ、パッケージング、フォトグラフ、イラストレーションなど、美的観点だけでなくコミュニケーションの役割として機能しているかを検討しながら、具体的なグラフィックデザインに仕上げます。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,580,000円

プロダクトデザイン専攻(2017年4月実績)

概要 車やオートバイ、携帯電話や文房具、キッチン用品など「製品」のデザインを考えることがプロダクトデザインです。人の行為について、また、素材や加工方法、環境問題などについて考えながら、もののデザインを構想できる力を身につけます。スケッチや製図を徹底して鍛え、社会で活動するための準備を整えます。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,580,000円

スペースデザイン専攻(2017年4月実績)

概要 スペースデザインでは、家具や照明からドアノブに至るまで空間の中に存在する「エレメント」、主にショップやレストランなどの商業スペース「インテリア」、人の暮らしがある住宅「住環境」を学びます。立体造形と建築空間の基礎から、日常としての「住空間」、非日常の「商空間」をデザインするための考え方や技術を中心に、多様な空間のあり方を探ります。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,580,000円

ファッションデザイン専攻(2017年4月実績)

概要 身にまとうもの「衣服」のデザインを行う上で必要な知識と技術を学びます。人の身体や機能、形の発想、ファッションの歴史、色彩、素材、産業など時代性や社会性を把握した上で、デザイン力、企画力、創造力の充実を目指します。デザインに対し幅広い視野を持ちながら、ファッションについて学ぶことのできるカリキュラムが特徴です。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,580,000円

デザイン専攻科(夜間部)

ビジュアルデザインコース(2017年4月実績)

概要 デザイン専攻科のビジュアルデザインコースは、文字やタイポグラフィ、写真など、ビジュアルデザイン全般に共通する要素を基礎とし、広告やポスター、本や雑誌、サインやマーク、パッケージ、Webなど、「視覚表現=ビジュアル」に関するデザインを学ぶコースです。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
810,000円

プロダクトデザインコース(2017年4月実績)

概要 車やオートバイ、電気製品や機器、道具や雑貨などの工業製品のデザインを考えるのがプロダクトデザインです。
スケッチや製図、モデリング技術を磨きながら、道具や家電などの課題を進めます。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
810,000円

スペースデザインコース(2017年4月実績)

概要 スペースデザインコースでは、住空間と商空間という異なるデザインと、家具や照明といったエレメントデザインの3つの柱を中心とした授業が行われます。製図の読み方、書き方などを習得して空間把握の感覚を磨きます。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
810,000円

ファッションデザインコース(2017年4月実績)

概要 ファッションデザインコースは、デザイン画やパターン、ドローイング、メーキングなどの基礎を身につけ、人の身体や機能、形の発想、社会での役割など、幅広い視野を持ちながら、服飾について学ぶコースです。
定員 160名(学科総定員)
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
810,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年~2016年3月卒業生実績

  • (株)アドブレーン
  • (株)あとらす二十一
  • Age Global Networks(株)
  • エレコム(株)
  • (株)岡村製作所
  • (株)オンワード樫山
  • カリカチュアジャパン(株)
  • (株)クオーターバック
  • (株)グランクリエイト
  • (株)クレヨン
  • (株)ケーロス
  • (株)コロプラ
  • (株)昭栄美術
  • 助野(株)
  • (株)スパイス
  • (株)スペース
  • チャコット(株)
  • ツインバード工業(株)
  • トヨタ自動車(株)
  • (株)ドラフト
  • (株)博報堂プロダクツ
  • (株)ビーワークス
  • (株)ビラコチャ
  • プラス(株)
  • (株)堀場製作所
  • (株)マックスラジアン
  • マツダ(株)
  • (株)ミキハウス
  • (株)サマンサタバサジャパンリミテッド
  • (株)セガ
  • ダイソン(株)
  • (株)ユナイテッドアローズ
  • …など

就職支援

■デザイン分野にかかわる職種に限り求人を受付
〈桑沢〉では、デザイン分野に関わる職種に限り、随時求人を受け付けています。2015年度は、就職希望者数272名に対し、804社/2,652名の求人がありました。※2016年3月下旬時点
「自分のやりたいことは何か」を考え、きちんと授業に臨み、しっかりした目的意識をもって、日頃より積極的に行動することが、自らの道を拓いていくことにつながります。

■就職活動支援雑誌「job/job(就職をデザインしよう)」
〈桑沢〉では、デザインの仕事について紹介した「job/job(就職をデザインしよう)」を発行。就職活動の仕方やポートフォリオの作り方、先輩の就職活動体験記や自己分析ワークなどを紹介し、学生が「将来の自分」を見つけるためのサポートをしています。

各種制度

専門学校 桑沢デザイン研究所での学びを支援する各種制度のご紹介!

独創性に富んだ専門家を育成

昼間部総合デザイン科は3年制。

1年次は専攻に分かれず、デザインの基礎を学びます。また複数領域の課題を体験し、視野を広げるとともに、適性を見詰め将来への方向性を探ります。

2年次からは、自ら選択したビジュアル、プロダクト、スペース、ファッションの各デザイン専攻に分れ、専門領域における表現力と思考力を高めます。

3年次は、少人数制のゼミによる卒業制作を中心に、より高度な専門性を獲得し、具体的なテーマに対して自らの力で結論を導きだす能力を育て、プロの意識を高めます。

豊かな専門性と柔軟な発想力を培う

夜間部デザイン専攻科は2年制。

ビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各デザインコース別の一貫教育により、デザインの「基礎」から「専門性」の獲得までを、実技や講義を通して積み重ねていきます。

いずれのコースも密度の濃い授業内容で、部分的、即効的な教育では身につかない、デザインの本質に迫る能力と感性を育てます。

日本で最初の「デザイン」学校

1950年代、デザインという行為がまだ一般に認識されず、経済活動が優先されていた時代。

建築や室内設計、服飾のジャーナリストとして、またデザイナーとして活動していた桑澤洋子は、今後の日本には、デザインの基礎や総合的な専門教育が必要であることを痛感し、1954年、日本で最初に「デザイン」を冠した教育機関として〈桑沢〉を創立しました。

以来、半世紀以上にわたり、デザイン教育のパイオニアの役割を担ってきました。

全人的なデザイナーの養成機関

〈桑沢〉は、単なるデザインの技術養成所ではありません。デザインとは何か、そしてどう考えていくか、を学ぶ啓蒙の場であることを使命としています。

デザイナーにとって、いちばん大切なことは、人びとの暮らしについて幅広く、深い洞察力をもち、社会や人類の未来に対して責任を負うべきものとして、デザインに携わることであり、そのためには自らを鍛錬し、磨き続けること。

それは、〈桑沢〉の変わらぬ理念として今も貫かれています。

デザインの本質を体得するために

「もの」や「情報」にあふれたこの時代に、未来のデザインを切り拓く人たちが、いま学ぶべきことは、まずはデザインの「基礎」であると、〈桑沢〉は考えます。

一見、細分化されているように見えるデザインの世界も、すべてはこの「基礎」という地盤のうえに、融合し成り立っているからです。

「基礎」というゆるぎない地盤を築き、広い地平を見渡して、独創的なデザイン活動のできる、真の専門家を育てることを目指します。

優秀なクリエイターを数多く輩出

創立以来の卒業生は2万人を超え、国内外のさまざまなステージの第一線で活躍を続ける優秀なデザイナーやクリエイターを、数多く輩出してきた伝統と実績は、社会でも常に高く評価され、〈桑沢〉独自の教育に対する大きな自信と誇りになっています。

時代に先駆ける若きクリエイターたちが、ことしも〈桑沢〉から巣立っていきます。

学びの分野/学校の特徴・特色

専門学校 桑沢デザイン研究所で学べる学問

  • 芸術・表現・音楽

専門学校 桑沢デザイン研究所で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

専門学校 桑沢デザイン研究所の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • 夜間課程
  • 最寄駅より徒歩圏内

専門学校 桑沢デザイン研究所の所在地

本校舎

所在地

〒150-0041
東京都渋谷区神南1-4-17

交通機関・最寄り駅

■JR、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩約10分。
■JR「原宿駅」、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅より徒歩約7分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

03-3463-2432

専門学校 桑沢デザイン研究所のお問い合わせ先

入試広報セクション

電話 03-3463-2432
FAX: 03-3463-2435
Mail: kouhou@kds.ac.jp

  • 学校No.3702
  • 更新日: 2017.07.01

専門学校 桑沢デザイン研究所に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

専門学校 桑沢デザイン研究所