森ノ宮医療大学
森ノ宮医療大学は、関西最大級の医療系総合大学としてチーム医療の学びを深められる環境を実現してきました。2022年4月、より専門性を高めるために3学部体制へ生まれ変わります。森ノ宮医療大学は医療者をめざす学生のみなさんのためにこれからも進み続けます。

進化1
3学部7学科の医療系総合大学へ

これまで森ノ宮医療大学の設置学部は、保健医療学部の1学部のみでしたが、2022年4月に現在の7学科を「看護学部」「総合リハビリテーション学部」「医療技術学部」の3学部に再編します。
これまで通り「チーム医療教育」をはじめとした学科間の連携は維持しつつも、3学部化によって、各職種の専門性を高める教育体制が整うことになります。※仮称・設置構想中

7学科連携「チーム医療教育」
各職種の専門性をさらに高める教育
  • 看護学部

    看護学科

  • 総合リハビリテーション学部

    理学療法学科

    作業療法学科

  • 医療技術学部

    臨床検査学科

    臨床工学科

    診療放射線学科

    鍼灸学科

2022年4月改組予定(仮称・構想中)

進化2
看護教育がさらに充実。西日本屈指の教育・研究体制へ

2022年、森ノ宮医療大学の看護教育は大きく進化を遂げ、西日本屈指の教育・研究体制が整うことになります。
看護教育の専門性をより高めるために看護学科を看護学部に、大学院においては「看護学専攻」に博士後期課程を設置し、看護現場で教育研究能力を発揮できる人材の育成をめざします。また、博士前期課程には新たに高度実践看護師を育成する「NP養成課程」を設置する予定です。※仮称・設置構想中

“看護”の教育体制を拡充
博士前期課程では、2022年、西日本の私立大学で2番目となる「NP養成課程※」を設置予定
NP/ナースプラクティショナー
(診療看護師)とは

医師の指示がなくても患者のQOL向上に必要な一定レベルの診断や治療を行う裁量を有し、
特定行為を実践することができる看護師
※仮称・構想中

進化3
看護教育がさらに充実。西日本屈指の教育・研究体制へ

2022年春、森ノ宮医療大学附属クリニックが本学キャンパス内に誕生します。
大学附属の医療機関として優れた医療を提供することで、地域医療に貢献するとともに、
学生が臨床経験を積むための実習の場や教員の研究基盤としても活用していく予定です。
また、学生が受診することも可能で、学生生活における健康管理サポートの向上を図ります。
チーム医療を担う医療者たち
患者さんに一番近いチーム医療の要

患者さんに一番近い
チーム医療の要

どんな仕事?
患者さんの回復を心身両面から支え、医師の指示のもとで治療や診療のサポートも行います。さらにチーム医療の要として、患者さんの身体的・精神的な苦痛、さらには社会的・経済的・心理的な問題を捉え、必要な専門職への橋渡しと調整役を担います。
活躍の場は?
急性期から回復期リハビリテーション、慢性期までの病院、あるいはかかりつけの診療所まですべての医療機関が活躍の場となります。最近は老人福祉施設など福祉分野への進出も多く、要介護者や在宅患者のご自宅へ出向いて看護を行う訪問看護の仕事も増えています。
詳細はこちら
身体機能の回復をめざすスペシャリスト

身体機能の回復をめざす
スペシャリスト

どんな仕事?
病気やけがが原因で身体機能に障がいをもった患者さんに対して、筋力を増強したり、温熱・電気などを治療に活用したりする理学療法を用いて、基本的な運動能力の回復を図るリハビリテーションの専門職です。最近ではスポーツ障害に対するリハビリを行うトレーナーとしても注目を集めています。
活躍の場は?
病院やリハビリテーションセンターをはじめ、最近ではスポーツ医学や健康増進・予防医学の領域にまで広範囲に活躍の場が広がっています。また、義肢装具などの機器の導入や日常生活の動作訓練、さらには障がい者が生活する住宅や部屋のリフォーム指導なども行います。
詳細はこちら
心と身体から「生きる力」を支える

心と身体から
「生きる力」を支える

どんな仕事?
作業療法士は心と身体の両面をケアするリハビリテーションの専門職です。患者さんがその人らしく、生き生きと日常生活(食事・着替えなど)や仕事、趣味ができるように、工芸、手芸などの作業技法を使って支援します。身体とつながる心のケアも大切です。
活躍の場は?
作業療法士の多くは病院やリハビリテーションセンター、精神科病院などの医療機関で働いています。また、「生活」そのものが活躍の場となるため、老人福祉施設や障がい者・障がい児童福祉施設など、福祉関連施設も活躍の場として広がっています。
詳細はこちら
生体データを分析しいのちを救う

生体データを分析し
いのちを救う

どんな仕事?
血液検査・尿検査・微生物検査などの検体検査、心電図・脳波測定などの生理機能検査により、診断の根拠や治療方針の指針となる患者さんの生体データを分析する検査のスペシャリストです。検査対象はますます広がり、最近では輸血検査や遺伝子検査なども加わっているため、高度医療の重要な役割を担っています。
活躍の場は?
検査設備の整った病院や診療所のほか、最近では医療の高度化・専門化の進展に伴い、臨床検査を専門に請け負う検査センターなども活躍の場となっています。また、人間ドックや定期健康診断、成人病検診などでも臨床検査技師は大きな役割を果たしています。
詳細はこちら
高度医療に欠かせない“いのち”のエンジニア

高度医療に欠かせない
“いのち”のエンジニア

どんな仕事?
医学の進歩につれて高度化する医療機器を、医学的・工学的な知識をもって、安全かつ的確に操作・管理するプロフェッショナル。医療の第一線で生命維持管理装置を操り、命をつなぐ重要な仕事を担当します。チーム医療の現場でも医療機器に長けた職種として、現代医療に欠かせない存在です。
活躍の場は?
医療機器が高度化し、各医療職の専門力が求められるなか活躍の場が広がっています。総合病院やクリニック、人工透析センターのほか、医療機器メーカーで機器開発に関わるなど、医療現場以外でも活躍の場が多くあります。また女性の活躍も増えており、今後女性技士は増加する見込みです。
詳細はこちら
放射線を用いて「診断」と「治療」を行う

放射線を用いて
「診断」と「治療」を行う

どんな仕事?
医師の指示のもとに、X線CTやMRIをはじめとする機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を医師へ提供することが主な仕事です。また放射線を照射してがん治療を行う専門職でもあります。医療機器を扱う技術、放射線の取り扱いに関する知識など、高度な専門性を持つスペシャリストです。
活躍の場は?
病院、診療所、保健所などの医療機関が主な仕事のフィールドとなります。また最近では、検診車を利用し、検査だけをメインに行う施設も増えてきました。他にも、医療機器メーカー、放射線機器メーカー、原子力工業、電力会社など、工業系の分野にも活躍の場があります。
詳細はこちら
副作用の少ない[やさしい療法]で人々に貢献

副作用の少ない
[やさしい療法]で人々に貢献

どんな仕事?
鍼(はり)または灸(きゅう)を使って身体のツボを刺激することで自然治癒力を高め、病気の治療や予防、健康回復を行う医療技術職。東洋医学に基づく医療の分野で、副作用が少ないことや痛みを和らげる効果が期待できることから、緩和ケア医療や在宅医療などにおいてチーム医療の一翼も担っています。
活躍の場は?
鍼灸院で活躍する鍼灸師のほか、リハビリテーション科や内科、神経内科などで「鍼灸」を取り入れている病院に勤務する鍼灸師もいます。スポーツチームの専属トレーナー(スポーツ鍼灸)、リラクゼーションサロン(美容鍼灸)や老人福祉施設(高齢者鍼灸)など幅広く活躍の場があります。
詳細はこちら