産業医科大学の入試出願・就職資格情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

働く人の健康と環境を守る「産業医」「産業保健専門職」を養成します

産業医科大学は、1978年に産業医学の振興と優れた産業医を養成する大学として設立されました。本学は、医学および看護学その他の医療保健技術に関する学問の教育と研究を行い、労働環境と健康に関する分野における学問の振興と人材育成に寄与することを目的としています。産業医学および産業保健に関する特色ある教育・研究を実施し、有能な産業医および産業保健従事者を多数社会に輩出しています。現在、日本は少子高齢化時代を迎え、働き方が多様化し、職場環境も著しく変化しており、働く人々の健康確保は益々重要となり、本学に対する期待や果たすべき役割は一段と大きくなっています。

産業医科大学 PRイメージ1
産業医科大学 PRイメージ2
産業医科大学 PRイメージ3

トピックス

2019.05.01

【医師国家試験】合格率

2014年 96.8%(全国 90.6%、全国 11位/80大学)
2015年 97.0%(全国 91.2%、全国 11位/80大学)
2016年 91.0%(全国 91.5%、全国 49位/80大学)
2017年 92.7%(全国 88.7%、全国 26位/80大学)
2018年 94.8%(全国 90.1%、全国 17位/80大学)
2019年 88.4%(全国 89.0%、全国 57位/80大学)

2019.05.01

【保健師国家試験】合格率

2014年 100%(全国 86.5%)
2015年 100%(全国 99.4%)
2016年 100%(全国 89.8%)
2017年 100%(全国 90.8%)
2018年 94.4%(全国 81.4%)
2019年 94.4%(全国 88.1%)

2019.05.01

【看護師国家試験】合格率 <平成31年看護師国家試験 4年連続合格率100%達成>

2014年 98.6%(全国 89.8%)
2015年 97.1%(全国 90.0%)
2016年 100%(全国 89.4%)
2017年 100%(全国 88.5%)
2018年 100%(全国 91.0%)
2019年 100%(全国 94.7%)

2019.05.01

大学病院南別館(リニアックセンター)建設(2019年6月)

放射線治療器(リニアック)を更新しました。
医学部臨床実習の共用試験(PCC OSCE)の居室フロア整備をはじめとした施設を拡充しました。

産業衛生科学科へ名称変更

「環境マネジメント学科」から新しい学科名:「産業衛生科学科」へ

工学から経営や組織運営まで幅広く学ぶ

2020年度に「環境マネジメント学科」から名称変更する「産業衛生科学科」は、科学の力でブラック企業に立ち向かい、働く人々の心と体の健康と環境を守る専門職を養成します。そのためには、職場の空気環境を整える工学的な知識、化学物質の毒性の知識および化学物質を分析する技能、あるいは機械・道具・環境などを人に使いやすいものに設計・改善する人間工学の知識、コミュニケーション力、また対策を提言するためには経営や組織運営についての理解など、様々な知識・技能を習得する必要があります。

卒業と同時に国家資格取得

基礎から応用の講義・演習・実習でそれらの知識・技能をマスターできるコースを設けています。理系的な基礎学力を持っていることが望ましいですが、意欲がある医療・保健系や経営系を希望する学生の皆さんにとっても将来を見据えた学習ができます。
卒業と同時に国家資格である第1種衛生管理者および第2種作業環境測定士の資格が付与されるだけでなく、組織の安全と健康を守る仕組みである労働安全衛生マネジメントシステムづくりを理解し、労働Gメンと呼ばれる労働基準監督官として就職することにもつながる講義・演習そして現場実習を受けることができます。

募集内容・学費

産業医科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

医学部

医学科

概要 医学を産業社会の中でより深く、より広い視野から考えることのできる人間性豊かな産業医を養成します。一般の医学教育に加え産業医学関連科目の教育を行う卒前教育と、産業医学に関する専門的な講義と実習が行われる産業医学基本講座、産業医学卒後修練課程が設けられた卒後教育で、一貫性のある産業医学教育を行っています。
定員 105名
年限 6年
学費 初年度納入金 5,915,000円
※入学料を含む
※修学資金貸与額 3,797,200円 → 実質負担額 2,117,800円
めざせる資格 ●医師国家試験受験資格
●産業医資格(永久資格)
…など
備考

2020年4月実績

産業保健学部

看護学科

概要 産業医のよきパートナーとして産業保健活動を支えるスタッフには、創造的知性と自らが学ぶ姿勢が求められます。本学科では、看護専門職の基盤となる知識、技術、態度を身につけるとともに、産業看護職の役割を認識し、社会の変化や科学技術の発展に対応できる柔軟な思考力を備えた人材を養成します。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,297,000円
※入学料を含む
※修学資金貸与額 229,200円 → 実質負担額 1,067,800円
めざせる資格 ●看護師国家試験受験資格
●保健師国家試験受験資格 ※
●養護教諭二種普通免許(保健師免許取得後)
●第一種衛生管理者資格(保健師免許取得後)
…など
※保健師国家試験受験資格については、「選択履修制」となり、定員約18名です。
備考

2020年4月実績

産業衛生科学科(2020年4月、現・環境マネジメント学科より名称変更予定)

概要 働く人々の心と体の健康と環境を守る産業衛生の分野で活躍するためには、創造的知性と自らが学ぶ姿勢が求められます。本学科の教育目標は働き方を科学し、働く人々の安全と健康を支援し、快適な職場の形成に寄与する安全も含めた高度な産業衛生専門職の育成です。IoTやAIの影響を受けて変化する社会の中で、多様なニーズに自律的に対応できる人材養成を目標にします。産業衛生専門職の職務には ①作業環境の測定・評価を行い、その改善を推進する「作業環境管理」、②作業の分析を行い作業方法の改善を推進する「作業管理」、③医療・保健の立場から働く人々を支援する「健康管理」 があり、それらを統合して経営や組織運営なども専門に学ぶカリキュラムで構成されています。基礎から専門まで幅広く網羅した講義・演習・実習を通じて、産業安全衛生における高度なエキスパートを養成します。
定員 20名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,297,000円
※入学料を含む
※修学資金貸与額 229,200円 → 実質負担額 1,067,800円
めざせる資格 ●第二種作業環境測定士
●第一種衛生管理者
…など
備考

2020年4月実績

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

【医学部医学科】

全国各地の企業や労働衛生機関及び労働衛生コンサルタント事務所において産業医業務を行うほか、
産業医科大学教員、労災病院等の医師、厚生労働省をはじめとする行政機関、産業医学研究機関においても数多くの卒業生が活躍しています。
(詳細は、産業医科大学ホームページから医学部パンフレットの「卒業生の勤務先」参照)

【産業保健学部】

●看護学科
産業医科大学病院や全国各地の労災病院及び企業立病院の看護師、全国各地の企業や労働衛生機関の保健師として活躍しています。
(詳細は、産業医科大学ホームページから産業保健学部パンフレットの「卒業生の進路」参照)

●産業衛生科学科(現・環境マネジメント学科)
全国各地の企業や作業環境測定機関において作業環境測定士・衛生管理者として就職するほか、
労働基準監督官(厚生労働省)として活躍しています。
(詳細は、産業医科大学ホームページから産業保健学部パンフレットの「卒業生の進路」参照)

就職支援

産業医および産業保健スタッフの就職支援を中心として、適切な進路選択ができるよう
進路説明会、個別面談・相談、ガイダンス等を行っています。

●産業医および産業保健スタッフの就職支援
進路指導担当の教員を配置し、在学生や卒業生の進路に関する相談や指導にあたっています。
就職資料室では、企業等の求人情報や、産業医および産業保健スタッフに関する最新情報を提供しています。

●産業保健情報提供サイト
卒業生に対して産業医や産業保健スタッフの求人情報の提供、進路および産業医学に関する相談窓口、
各種研修会の案内等、情報提供を行っています。
産業保健情報提供サイト(ラマティーサイト) URL https://ramattisite.med.uoeh-u.ac.jp/

各種制度

産業医科大学での学びを支援する各種制度のご案内!

医学部修学資金貸与制度

医学部の学生を対象に、公益財団法人産業医学振興財団が修学資金として学生納入金の一部を貸与する制度です。
卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間、産業医等の職務に就けば、貸与を受けた全額が返還免除となります(※)(産業医等の職務に就かない場合、または所定期間勤務しない場合は、貸与を受けた全額を一括返還する必要あり)。
※返還免除対象職務の期間中に2年以上「産業医」として勤務しなければなりません。

【返還免除対象の職務】
●産業医
●産業医科大学の教員
●労災病院の医師
●厚生労働行政機関の職員
●その他修学資金貸与規則に定める職務

産業保健学部修学資金貸与制度

産業保健学部の学生を対象に、公益財団法人産業医学振興財団が修学資金として学生納入金の一部を貸与する制度です。
卒業後、返還免除対象の職務へ直ちに就き、一定期間(在学期間4年間にわたり貸与を受けた場合は4年間)従事すれば、貸与を受けた全額が返還免除となります(卒業後、直ちに返還免除対象の職務に就かない場合は、貸与を受けた全額を一括返還する必要あり)。

【返還免除対象の職務】
●産業医科大学の職員(大学病院看護師を含む)
●労災病院や指定機関の職員
●企業の労働衛生部門の職員
●企業の労働衛生管理部門の職員、作業環境測定機関の職員
●その他修学資金貸与規則に定める職務

学費サポート制度【返還不要】

●授業料免除制度
修学資金貸与制度を利用しつつも経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ学業が優秀な学生のために授業料を免除(全額/半額)します。

●特待生制度
学業成績及び人物評価が優秀な学生、または学業成績が前年度から著しく躍進し、かつ人物評価が優秀な学生を対象として奨学金を給付します。
※修学資金貸与制度を利用していることが前提条件です。

●40周年記念奨学金給付制度
修学資金貸与制度を利用しつつも経済的理由により施設設備費の納入が困難であり、かつ学業優秀と認められる学生に対し半期毎の選考により施設設備費の一定額を給付します。

【医学部】交換医学教育

圓光大学(韓国)、高神大学(韓国)、馬偕医学院(台湾)と協定に基づき、交換医学教育を行っています。

【産業保健学部】海外の大学との交流活動

産業保健学部では毎年、テグカトリック大学(韓国)などの海外の大学に教員と学生が訪問し、交流活動を行っています。

産業医学卒後修練課程制度

本学では、優れた産業医等を養成するため、産業医学卒後修練課程を1989年から開設し、2012年から産業医業務に必要な修練を充実させ、高度な専門性を持った産業医を養成するという目的によりかなう制度に再編されました。

本学医学部卒業生は、卒業後直ちに本課程に所属し、産業医等として勤務するために必要な専門知識や技能の修練を受けます。2年間の臨床研修で医師としての基礎を学んだ後、3年から4年をかけて、2つのコースごとに特色ある修練を受けます。この間、両方のコースで、産業医として実際の職務に就くことも可能です。

●専門産業医コースI
産業医学分野における専門的知識及び技術を有する産業医等を養成するコース。

●専門産業医コース II
臨床医学分野における専門的知識及び技術を有する産業医等を養成するコース。

アパート・寮

●アパート・下宿
大学周辺にはアパート・下宿が多数あり、家賃の相場は、おおよそ3万円台から5万円台です。産業医大生限定というところもあり、学生に好評です。

●女子学生寮
キャンパス内に管理人常駐の女子学生寮があります。
【寮費】年間96,000円(各部屋電気代は別途)
【備考】5階建 112人収容/1人部屋/トイレ、風呂、補食室は共同利用/各階の補食室で軽食等を調理可能
※入寮希望者が多数の場合、全員が入寮できるとは限りません。

サークル

<体育会系>
サッカー部/ゴルフ部/ソフトテニス部/女子ソフトテニス部/ヨット部/ラクビー部/男子バスケットボール部/女子バスケットボール部/ハンドボール部/柔道部/漕艇部/準硬式野球部/男子硬式庭球部/女子硬式庭球部/剣道部/弓道部/陸上競技部/ソフトボール部/男子バレーボール部/女子バレーボール部/男子バトミントン部/女子バトミントン部/空手道部/水泳部/トライアスロン部/フットサル部/卓球部/女子フットサル部/スキー・スノボー同好会

<文化会系>
軽音楽部/E.S.S/産業医科大学混声合唱団メデュトピア・コール/ギター・マンドリン部/裏千家茶道部/ボランティア研究部/メディカルエレクトロニクス研究部/美術文藝部/産業医科大学管弦楽団/国際保健研究部/写真部/囲碁・将棋部/演劇部/ダンス部/東洋医学研究部/国際労働衛生研究会/アコースティックギター部/UOEH救急医療同好会/コミュニケーション研究会/ピアノ会

学びの分野/学校の特徴・特色

産業医科大学で学べる学問

  • 地球・環境・エネルギー
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

産業医科大学で目指せる職種

  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

産業医科大学の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場
産業医科大学の学部・学科情報はこちら

産業医科大学の所在地

本学

所在地

〒807-8555
福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号

交通機関・最寄り駅

JR鹿児島本線「折尾」駅下車

◆徒歩20分

◆折尾駅西口(西口)より
 ●市営バス31番乗車、「産業医科大学病院」下車すぐ(バスは大学構内まで入ります)
 ●市営バス30・32・33・34・35・36番乗車、「産業医科大学病院入口」下車すぐ
 ●西鉄バス77番乗車、則松、三ヶ森、下上津役、小嶺、香月営業所方面「産業医科大学病院入口」下車すぐ

◆折尾駅1番のりば(北口)より
 ●市営バス31番乗車、「産業医科大学病院」下車すぐ(バスは大学構内まで入ります)
 ●市営バス32・34・36番乗車、「産業医科大学病院入口」下車すぐ

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

093-691-7295

産業医科大学のお問い合わせ先

入試事務室

電話 093-691-7295 (医学部担当) / 電話 093-691-7380 (産業保健学部担当)

  • 学校No.3402
  • 更新日: 2019.06.01