中部楽器技術専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 愛知県 認可 / 学校法人中部学園 中部楽器技術専門学校

全国から音楽・楽器好きが集まる伝統校!楽器のスペシャリストから音楽サービス分野まで幅広い活躍が可能!

本校は1980年にピアノ調律師養成校として開校。現在ではピアノ調律や管楽器リペア、管楽器の技術分野から、音楽サービス分野まで総合的に学べる専門学校として、業界から厚い信頼を得ています。

◆第一線で活躍する一流講師陣[音楽サービス創造学科]
元バークリー音楽大学講師で世界的なギタリスト吉田次郎氏、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルで音楽ビジネスを手がける杉田元一氏、TVや映画音楽を手がけるクリヤ・マコト氏など、一流講師陣から指導を受けられます。

◆入学後、専門コースをじっくり選択[音楽サービス創造学科]
3年制で総合的に音楽・楽器を学びます。2年間かけてじっくりと専門コースを選択し、3年次には4分野から主科を選択、専門性を高めます。さらに充実の副科から任意の科目を選択して精度に磨きをかけます。

◆【国家技能検定】ダブル取得も可能[音楽サービス創造学科]
現在、公共のホールなどで需要の高まる舞台機構調整技能士(国家資格)を目指すことができます。さらに、ピアノ調律技能士(国家資格)も目指すことができ、試験会場に認定されている実績を活かした指導が魅力です。

中部楽器技術専門学校 PRイメージ1
中部楽器技術専門学校 PRイメージ2
中部楽器技術専門学校 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

安心できる中部楽器の指導

本校は、スキルアップも就職もしっかりサポートしています。

①クラス担任制
常勤職員を中⼼に⼀⼈ひとりの進度、技術習得状況に合わせたきめ細やかな指導を実施します。それぞれの課題や弱点を確実に克服できます。

②段階的カリキュラム
基礎から難易度の⾼い技術までを、着実にマスターできるカリキュラムを編成。本校独⾃のオリジナルテキストを授業の幹におき、学⽣がつまずくことのないよう授業を進めていきます。

③就職サポート
就職⽀援係では、⼀⼈ひとりを希望の進路に導けるように、定期的な個⼈⾯談やガイダンスにより職業選択や就職活動をサポートしています。さらに、卒業⽣による「OB・OG講話」や校内での「企業説明会」の実施により、職種・業界理解や学⽣の就職斡旋等のサポートを⾏っていきます。

2018.03.01

学びを実践力に変えるインターン実習

業界関連企業や行政機関の協力の下、児童福祉施設や学校、楽器店、劇場、イベント会場などでインターン実習を行います。
就業前に実際の仕事を多数経験することで、希望の進路を明確にでき、実務で必要となる表現力や実践力も身につけることができ、専門的な知識や技術に磨きをかけます。

2018.03.01

社会人基礎力や思考力、企画力などを磨くビジネス授業

社会人基礎力をベースに、社会人として必要な思考力や企画力など、社会で活躍できる役に立つ力を「ビジネス力向上授業」で学んでいきます。
自ら考え、企画し、実行していくことを繰り返していくことで、技術者を超えた付加価値を身につけることができ、就職後の仕事において幹部候補生やリーダーとして活躍を目指せます。

2018.03.01

OPEN CAMPUS 2018 ~毎月開催します~!

~進路に役立つ説明と授業体験、各種相談ブースをご用意!~

音楽・楽器業界のこと、学科・コースの特徴、授業内容や就職などについて詳しく聞けるチャンス!
授業体験や相談Time、在校生と気軽におしゃべりできる機会もありますよ(^^)
さらに、AO入試の受験資格をGETできるチャンス!!

○オープンキャンパス参加者だけ!オリジナルグッズをプレゼント!!
○保護者やお友達との参加OK、参加費無料、ランチ付
○AO入試の受験資格をGETできる

※開催日時を本校HPでご確認のうえ、お申し込みください。

 http://www.chubugakki.ac.jp/bosyu#kengaku

【お申込み&お問合わせ】
 中部楽器技術専門学校 入学広報係
 0120-856-854

2018.03.01

ボランティア演奏会

本校の学生たちは地域住民との絆を深めるためのお祭りに、会場の音響設営や演奏ボランティアとして参加したり、地域の老人ホームや障害者施設に出向いて演奏を行うなどして奉仕の精神を育むと同時に、音楽力に磨きをかけていきます。

募集内容・学費

中部楽器技術専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

音楽サービス創造学科(2018年04月 実績)

概要 本学科では、舞台制作、音響や楽器の流通・販売、音楽サービスのプロデュースなど、音楽業界で活躍を目指すための知識・技術を多岐にわたり学習します。ポイントは、楽器の知識・技術をベースに、楽器業界はもちろん音楽業界でも、即戦力としての活躍を目指すことです。3年次には4分野(ピアノ・管打楽器・ギター・バイオリン)から主科を選択し、集中的に専門性を高めます。さらに、充実した副科から任意で科目を選択し、精度に磨きをかけ、目指す職業分野と就職分野に応じた準備をします。
定員 36名
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,380,000円
(2018年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
・ジョブパス 
・舞台機構調整技能検定
・ピアノ調律職種技能検定 

ピアノ調律科(2018年04月 実績)

概要 本学科では、国家検定であるピアノ調律職種技能検定資格の取得を目標に、ピアノの構造と理論を学び、部品名とその働き、必要な工具名を理解しながら調律や弾き心地を整える整調技術を学びます。一人あたり1室の現場環境を踏まえた個室を完備し、徹底個人指導と反復練習により効果的に習得。また、調律技術に留まらず、中古ピアノが多く流通する今日には欠かせない修理技術も習得します。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,470,000円
(2018年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
・ジョブパス 
・ピアノ調律職種技能検定 

管楽器リペア科(2018年04月 実績)

概要 コンディションが音色や音量に影響する管楽器には調整や修理が欠かせません。
本学科では、リペア技術の基礎となる木管3種(Cl.Fl.Sax)、金管3種(Tp.Trb.Hrn)の修理や調整技術を段階的に習得。分解・組立から始まり、パーツ交換やオーバーホール、検品見積りなど、実社会で求められる技術力を短期間で養っていきます。さらに、お客様の視点から、商品知識も身につけていきます。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,470,000円
(2018年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
・ジョブパス 

弦楽器製作科(2018年04月 実績)

コース・専攻名 ・ギタークラフトコース
概要 ギタークラフトコースでは、刃物の研ぎ方や専用工具の正しい使い方から学び、木材加工、組み込み調整、接着、塗装などの技術力を養います。さらに、専門的な電気理論も習得。2年間で計5本のギターとベースを製作し、演奏者の要望に応じたリペア技術も学びます。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,530,000円
(2018年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
・ジョブパス 

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生就職実績(抜粋:順不同)

  • 【岩手】(株)正時堂
  • 【宮城】サンリツ楽器
  • 【茨城】(株)ウインズ・ユー
  • 古河ピアノガーデン
  • 【群馬】日本ピアノホールディング(株)
  • 【埼玉】(有)ミルズ
  • (株)村松フルート製作所
  • 【東京】(株)黒澤楽器店
  • (株)下倉楽器
  • 柳澤管楽器(株)
  • 【神奈川】ヨネザワ楽器
  • 【長野】ミヤザワフルート製造(株)
  • 【福井】カクメ楽器店
  • (株)鳥山楽器
  • 【岐阜】Woody Blues
  • (株)高峰楽器製作所
  • 【静岡】(株)久米
  • 白羽楽器(株)
  • 【愛知】(株)アヒバ
  • シンフォニア楽器
  • (株)名古屋ピアノ調律センター
  • (有)平野楽器 ロッキン
  • (株)マツイシ楽器店
  • マックコーポレーション(株)
  • (株)矢木楽器店
  • (株)山本楽器
  • (株)ユタカ楽器
  • ヨモギヤ楽器(株)
  • 植村楽器
  • (株)オリエント楽器
  • 【三重】(株)第一楽器
  • ミュージックショップハマダ
  • 【滋賀】(株)イケダ光音堂
  • 【大阪】(株)いずみ楽器
  • (株)大東楽器
  • (株)マツモト楽器
  • (株)三木楽器
  • 【兵庫】(株)いぬい楽器
  • Qsic
  • (株)グランド楽器
  • (有)フジワラ楽器
  • (株)やぎ楽器
  • (株)森岡楽器 
  • 【広島】スガナミ楽器福山店
  • (有)ワークス
  • 【岡山】服部管楽器
  • 【徳島】(株)黒崎楽器
  • 【高知】(株)アルペジオ楽器
  • 【福岡】小川楽器(株)
  • 松田楽器店
  • …など

音楽業界への就職率 94.4%(就職者85名/就職希望者90名:2017年3月卒業生実績)

就職支援

<一人ひとりの希望の就職実現をサポート>
就職指導は早期からスタート。社会人に必要な基礎力養成のため、自己発見、文章作成、接客対応などのプログラムを実施。
また、企業見学により、楽器業界や仕事への理解を深め、業界人としての目を養います。
さらに、最終学年の2月には、入社後に即戦力となるべく、一人ひとりの就職先に応じた研修プログラムを実施しています。
こうした指導や実績、業界との強いつながりによって、就職先は全国各地へと広がっています。

<生産、販売、技術…卒業生は多彩なフィールドで活躍中>
 ●音楽サービス創造学科/ホール管理、音響(PA)、プロモータ、音楽系商社の営業、楽器販売スタッフ、楽器アドバイザー、ホール管理 他
 ●ピアノ調律科/ピアノ調律師、楽器販売スタッフ、コンサートチューナー 他
 ●管楽器リペア科/管楽器リペアマン、楽器販売スタッフ 他
 ●弦楽器製作科/弦楽器製作者・技術者、楽器販売スタッフ 他

各種制度

中部楽器技術専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

確かな技術力・学生の個性を引き出す指導

技術指導者がクラス担任としてマンツーマン指導を行うため、確実に専門技術を習得することができます。さらに、個別面談を通して学生の性格や適性を把握し、きめ細かで個性を引き出す指導を実践しています。

豊かな人間性を養い、学生の個性を引き出す指導

学生の企画力や実行力、コミュニケーション能力などを高めるため、学園祭や合宿研修などを実施。さらに、独自の国内・海外工場見学や業界でのインターン実習など、社会人や業界人としての視点を養います。

実践力を養うインターン実習

学校外の実際の現場で仕事を経験しながら学ぶインターン実習。本校でも、児童福祉施設や小中学校を訪問し、無償で調律や修理を行うボランティア活動を兼ねたインターン実習を導入しています。 技術だけでなく、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力を高められる貴重な機会となっています。

広い視野と感性を磨く海外研修

音楽サービス創造学科と弦楽器製作科は海外研修を正規の授業として実施。音楽サービス創造学科は「NAMM show」、弦楽器製作科は「Music China」と、世界最大級の楽器展示会を訪問予定。その他、全学科を対象に卒業時に自由参加でヨーロッパ研修が実施されます。フランスの管楽器メーカーやドイツのピアノメーカーを見学するなど、世界の音楽業界・産業の成り立ち・楽器製作現場を間近で見る研修は、とても貴重な体験です。

業界の今を知る 楽器フェア・弦楽器フェア・ギターショー等の視察

国内最大級の楽器イベントである『楽器フェア』をはじめ様々なフェアの視察を行います。新商品やレギュラーラインの状態、ショーアップの方法など、最新の楽器技術や音楽サービスを理解し今後の技術習得に役立てるとともに、知識の幅を広げていきます。

業界人・社会人としての視点を養う工場・企業訪問

実際の楽器づくりの現場で業界、職種に対する理解を深めます。楽器製造工場・修理工房を訪問し、製造ラインや設備、管理体制、職人の作業等を見学し、直接アドバイスをもらうことで、生きた知識や技術を身につけるとともに、より具体的に自分の将来像を描くための機会とします。

第一線で活躍する業界人による特別授業

音楽・楽器業界の第一線で活躍する特別講師の講義が就職への意欲を高めます。楽器製造メーカーや楽器商社、専門店のオーナー、経験豊富な熟練技術者や一流演奏家をお招きしての特別講義を行っており、元バークリー音楽大学講師で著名アーティストのツアーサポートもする世界的なギタリスト吉田次郎氏、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルで音楽ビジネスを手がける杉田元一氏、TVや映画音楽を手がけるクリヤ・マコト氏など、第一線の一流講師陣から指導を受けられます。

即戦力を養う卒業前研修

最終学年の2月には、入社後に即戦力となるべく、一人ひとりの就職先に応じた研修プログラムを実施します。応用力の養成や商品知識の定着など、内定先企業の仕事に直結したオリジナルプログラムで、入社後即戦力として活躍できる自信もつけていきます。

学びの分野/学校の特徴・特色

中部楽器技術専門学校で学べる学問

  • 芸術・表現・音楽

中部楽器技術専門学校で目指せる職種

  • ビジネス・経営
  • 音楽・イベント

中部楽器技術専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 最寄駅より徒歩圏内

中部楽器技術専門学校の所在地

本校キャンパス

所在地

〒466-0027
愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6

交通機関・最寄り駅

「名古屋」駅より地下鉄桜通線「御器所」駅下車8番出口徒歩1分。
昭和区役所北隣。

中部楽器技術専門学校のお問い合わせ先

電話 0120-856-854
FAX: 052-741-6789
Mail: nyugaku@chubugakki.ac.jp

  • 学校No.3121
  • 更新日: 2018.03.01

中部楽器技術専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

中部楽器技術専門学校