成蹊大学

新しい理工学部、1学科5専攻へ
新 理工学部誕生 2022年4月設置構想中

新しい理工学部は1学科5専攻へ

2022年4月成蹊大学の理工学部が、
1学科5専攻へと生まれ変わります。
学問分野を明確にした各専攻で専門性を確立し、
専攻間の垣根を越えた科目履修により学びの幅を広げます。
また「ICT基礎力「理工学基礎力」
「社会人基礎力」が身につくカリキュラムで、
未知の社会課題を果敢に乗り越えていく
「新しい理系を養成します。

scroll

新しい理工学部の特色【Features】

01

専攻分野を深く、融合分野を広く、学べる 1学科5専攻

データ数理専攻

数理科学と情報科学で
ビッグデータを使いこなし、
実世界の問題を解決
データ数理専攻
データを活用して複雑な問題を解決するため、専門知識を体系的に学習します。また、実習を通じてプログラミングなどの実践的な技能を修得します。
コンピュータ科学専攻

ICT、
ヒューマメディア技術の
革新を促進して未来を築く
コンピュータ科学専攻
PC・サーバ・IoT・スマホなどのコンピュータを扱うためのソフトウエア技術を身につけるとともに、画像・映像・音声・テキスト・対話を処理するためのAIを駆使したメディア技術を学びます。
機械システム専攻

正解が一つでない
実社会の問題を
解決する能力を養成
機械システム専攻
開発する機械や製品をシステムとして捉え、機械工学と経営工学の知識と技術を学びます。またプロジェクト型科目ではグループで課題に取り組む中で問題解決能力を養います。
電気電子専攻


情報基盤を支える
“幅広く柔軟な”人材育成
電気電子専攻
自然科学の基盤である数学やプログラミング科目と並行して電気・電子・機械制御系科目を網羅して履修します。社会・産業・情報基盤を支える高度な理論的知識・実践的技能を身につけられる専門家を目指します。
応用化学専攻

化学の
学問探究を通して人と
暮らしの未来に貢献
応用化学専攻
人が健康に暮らせる社会のため、バイオテクノロジー・ケミカルバイオロジーといった異分野とのコラボレーションによる学びを行います。また持続可能な社会を拓くグリーンイノベーションに貢献する人材育成を見据え、ITを活用した化学の学問探究と社会への応用を学びます。

02

特別プログラム 時代のニーズを捉えた専攻融合型の先進教育

各専攻分野にとらわれない、社会的要請の高いテーマについて学びます。

生命科学プログラム

高齢化社会に重要な健康・医療の理解に資する生命科学の素養を、関連講義科目の受講と、グループワークやディベートなどのアクティブラーニングを通して身につけます。

Key word

健康/医療/創薬/高齢化対策/感染症対策/バイオテクノロジー/食品

経営科学プログラム

企業活動(経営)に科学的方法を活用し解決する経営科学の素養を、関連講義科目の受講と、グループワークやディベートなどのアクティブラーニングを通して身につけます。

Key word

企業/経営/経営工学/人間工学/生産工学/AI(人工知能)/IT

教育手法プログラム

次世代教育に重要なICTなどを活用した教育手法の素養を、関連講義科目の受講と、グループワークやディベートなどのアクティブラーニングを通して身につけます。

Key word

教材開発/ICT/ディープ・アクティブラーニング/ファシリテーション技術

理工学部の受験をお考えの方へ
理工学部を志望する人におすすめの入試は
「共通テスト利用4教科6科目型奨学金付入試(S方式)」です。
共通テスト6科目の合計点で合否を判定し、
合格者全員が成蹊大学入学試験特別奨学金(1年次に年間授業料の半額相当)の
給付対象者となります。詳しくは本学の入試情報サイトをご確認ください。