東京海洋大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「海を知り、海を守り、海を利用する」 海洋系に特化した唯一の国立大学

四方を海で囲まれた日本は、昔から海を有効に活用してきました。本学は、海洋分野において国際的に活躍するリーダーを育てることを目指し、海洋を巡る学問及び科学技術に係わる基礎的・応用的教育研究を行っています。
わが国が海洋立国として発展し、国際貢献の一翼を担うためには、国立大学として唯一*(2017年4月時点)、海洋系に特化した本学が「海を知り、海を守り、海を利用する」ための教育研究の中心拠点となって、その使命を果たす必要があります。このような基本的観点に立ち、研究者を含む高度専門職業人養成を核として、「海洋に対する科学的認識を深化させ、自然環境の望ましい活用方策を提示し、実践する能力」「論理的思考能力や判断力、行動能力」「現代社会の諸課題について対応できる実践能力」「深い専門的知識・技術による課題探求、問題解決能力」「国際交流の基盤となる幅広い視野・能力と文化的素養」を有する人材を養成します。
本学は、2017年4月に、2学部7学科を3学部8学科へと改組を行い、海洋の未来を拓くトップランナーとしての役割を益々充実させています。

*:文部科学省「国立大学一覧ページ」より

東京海洋大学 PRイメージ1

募集内容・学費

東京海洋大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

海洋生命科学部 (2017年4月 実績)

海洋生物資源学科

概要 海洋生物資源学科では、海だけでなく広く水の中に暮らす生き物(水生生物)を対象として「生命科学」と「資源生物学」を教育・研究しています。
具体的には、これらの生き物について遺伝子のレベルから、細胞、個体、群れ、生態系のレベルまでそれぞれに学ぶことができる講義や、それぞれの生き物と環境との関係について学ぶことができる講義などがあります。
また、学んだ内容をさらに深めるための実習や実験も充実しています。
このような講義や実習・実験を通して、水生生物を守りながら、これらを利用していくための方法と考え方を習得することができます。
定員 68名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・学芸員
 ※ 学芸員資格取得に必要な科目の履修&修得により取得可能

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

食品生産科学科

概要 食品生産科学科では、安全で信頼性の高い食品を持続的に供給するため、食資源を余すことなく利用する技術について、化学、微生物学、物理学の視点から教育・研究を行っています。
また、栄養やおいしさ、さらには健康に役立つ機能を引き出し、アレルギーや食中毒などの危険のない安全な食品を生産するための理論と技術について教育・研究しています。
本学科は食品保全機能学と食品品質設計学の2つの専門分野から構成されています。
水産生物資源の食品としての有効利用、食品の原料から消費に至るまでの安全性の確保・向上、食品の美味しさや栄養価の向上、食品の新しい機能開発などに興味と関心をもつ学生を求めています。
定員 55名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・学芸員
 ※ 学芸員資格取得に必要な科目の履修&修得により取得可能
・食品衛生監視員
・食品衛生管理者

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

海洋政策文化学科

概要 海洋政策文化学科では、政策・産業・文化という3つの切り口から、国際的かつ学際的な視野をもって教育を行います。
その対象は、法律、経済、人文学、海洋スポーツ、教育など、多岐にわたります。
こうした教育によって、広い知識を習得すると同時に、物事を理解し考えるための思考力を育てます。
具体的には、海や人をめぐって起きていることを講義から知り、調査や実習を通して現場の事実を体験的に学び、得られた知見を議論によってさらに深めていきます。
このように、本学科では、理系と文系を問わず総合的な立場から考える力と行動する力を兼ね備え、海と人と社会の望ましいつながりの実現に貢献できる人材を育成します。
定員 40名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・学芸員
 ※ 学芸員資格取得に必要な科目の履修&修得により取得可能

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

水産教員養成課程

概要 水産教員養成課程では、全国に40数校設置されている水産・海洋系高校の教員養成を目的としている課程です。入学後は、海洋生物資源学科・食品生産科学科・海洋政策文化学科のいずれかに所属することになります。
定員 7名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・学芸員
 ※ 学芸員資格取得に必要な科目の履修&修得により取得可能

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

海洋工学部 (2017年4月 実績)

海事システム工学科

概要 海事システム工学とは、安全で効率の良い船舶運航の実現を目指して、明治の頃より連綿と積み重ねられた経験と知識、そして最新の先進的技術、その両方を融合して駆使する特徴ある分野です。
海事システム工学科では、高等学校で学ぶ英語や数学、物理等の知識を土台に、航海(ナビゲーション)技術や情報通信技術のほか、語学や法律など幅広く学びます。本学科では、皆さんが将来「専門的な職業人になる」または「学究的な挑戦をする」機会を準備しています。
定員 59名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(商船・工業)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・電子海図情報表示装置講習(ECDIS講習)課程修了資格
・第一級海上特殊無線技士
・船舶衛生管理者
 ※ 乗船実習科を修了後、講習受講により取得できます。

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海・機関)の第一種養成施設として国の指定を受けており、本学科および乗船実習科(6か月間)の課程を修了した者は、三級海技士(航海)の国家試験のうち筆記試験が免除されます。

海洋電子機械工学科

概要 船舶は“一つの街”と形容されるように、移動するための様々な機械や電子制御装置と生活に必要な機器も備えた高効率システムです。本学科では、この先端技術を備えた船舶機関・海洋関連機器を教材に知識と技術を修得します。実際の船舶機関システムを自分の手で操作できるなど、国内大学でも限定少数にしか経験できない多くの実験・実習を取り入れたきめ細かな指導も特徴です。
定員 59名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(商船・工業)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・船舶衛生管理者
 ※ 本学科機関システム工学コースおよび乗船実習科を修了後、講習受講により取得できます。

【受験資格を取得】
・三級海技士(機関)
 ※ 本学は、三級海技士(航海・機関)の第一種養成施設として国の指定を受けており、本学科機関システム工学コースおよび乗船実習科(6か月間)の課程を修了した者は、三級海技士(機関)の国家試験のうち筆記試験が免除されます。

流通情報工学科

概要 商品や貨物を、ムダがないよう、効率よく生産・輸送・保管し、企業の国際的な物資・情報の流れを計画・管理することをロジスティクスといいます。
ロジスティクスでは、輸送・保管の技術・方法はもちろん、企業・経済の仕組み、商品の発注や品質の維持のための情報システム、環境問題などについての知識が必要となります。
流通情報工学科では、工学系(流通工学)・社会科学系(流通経営学)・理学系(数理情報)の3つのカリキュラムを融合させ、幅広い知識を習得し、ロジスティクスについて体系的に勉強します。
また、理論と実践のバランスのとれたカリキュラムと少人数教育を通じ、丁寧で質の高い指導を実現し、広い視野と高い問題解決の能力を有する学生を育成します。
定員 42名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・高等学校教諭1種免許状(工業)
※ 教職課程履修&修得により取得可能

授業で関係する内容を学べる資格:
情報処理技術者、通関士、中小企業診断士、ビジネス・キャリア検定(ロジスティクス管理、ロジスティクス・オペレーション)

海洋資源環境学部 (2017年4月 実績)

海洋環境科学科

概要 大気や海底を含む海洋に関する科学的な基礎および多様な海洋生物と環境との相互作用を総合的に理解し、洋上での海洋観測・探査、海洋生物の種・生態・生活史などの調査、海洋生物の理解や有用分子利用のための化学・生化学的解析、人間活動の環境への影響の予測などに必要な科学と技術を学び、これらについて研究します。
本学科には、大気から海底を含む海洋を包括した基盤的な学問領域である「海洋学」、または多様な海洋生物と環境との相互作用に関する学問領域である「海洋生物学」のどちらかを重点的に学べるカリキュラムがあります。
海洋における諸現象と海洋生物との関係について測定・解析・理解・予測・利用を実施する能力および国際的な対応力を身につけ、海洋研究、生物資源調査、環境影響評価、環境管理・保全、海洋開発などの実務に関連する研究機関、教育機関、国・自治体機関および企業で活躍できる人材を育成します。
定員 62名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・中学校・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能
・学芸員
 ※ 学芸員資格取得に必要な科目の履修&修得により取得可能

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

海洋資源エネルギー学科

概要 海洋資源エネルギー学科では、海洋・海底資源の計測、探査や利用ならびにその環境への影響、海洋再生エネルギーに関連する大気・海水流動の解析技術、バイオマス技術、エネルギー変換、海洋・生物生態調査、海上・海中・海底における諸活動を支える計測機器、移動体、構造物に関する運用・制御などに必要な科学と技術を学び、これらについて研究します。
本学科には、海洋再生エネルギーや海底資源利用に関連する科学技術を中心とした学問分野である『海洋開発学』、または、海上・海中・海底における諸活動を支える海洋工学を中心とした学問分野である『応用海洋工学』のどちらかを重点的に学べるカリキュラムがあります。
環境保全を前提とした海洋開発現場で国際的に対応できる資質を備え、海洋の利用や資源・エネルギーに関連する企業、国・自治体機関での実務分野(基本設計・施工、環境影響評価、コンサルティングなど)、基礎研究分野、行政分野で活躍できる人材を育成します。
定員 43名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
817,800円(参考)
(2017年4月実績)
入学料28万2000円、授業料53万5800円、その他、テキスト代などの費用がかかります。
備考

【目指せる資格】
・中学校・高等学校教諭1種免許状(理科・水産)
 ※ 教職課程履修&修得により取得可能

【受験資格を取得】
・三級海技士(航海)
 ※ 本学は、三級海技士(航海)の第一種養成施設として国の指定を受けており、学部および水産専攻科(1年間)の課程を修了した者は、国家試験のうち筆記試験が免除されます。

学びの分野/学校の特徴・特色

東京海洋大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 体育・健康・スポーツ
  • 栄養・食物
  • 教育・保育

東京海洋大学で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真

東京海洋大学の特徴

  • AO入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

東京海洋大学の所在地

品川キャンパス(海洋生命科学部・海洋資源環境学部)

所在地

〒108-8477
東京都港区港南4-5-7

交通機関・最寄り駅

・JR線・京浜急行線 品川駅港南口(東口)から徒歩約10分
・東京モノレール天王洲アイル駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約15分
・りんかい線天王洲アイル駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約20分

東京海洋大学のお問い合わせ先

学務部入試課

電話 03-5463-0510 (入試課直通)
Mail: n-nyusi1@o.kaiyodai.ac.jp

  • 学校No.2922
  • 更新日: 2017.05.01

東京海洋大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

東京海洋大学