大阪女学院大学・大阪女学院短期大学

伝統と先進の英語教育×専門教育とプラスαの学び伝統と先進の英語教育×専門教育とプラスαの学び

scroll

OJに広がる語学の学び

英語の「聴く」「読む」「話す」「書く」という4つのスキルの統合だけでなく、
「学ぶ内容」との統合もはかるカリキュラム、「どのように」学ぶのかを重視した
PBL(Project-based Learning)という学習法を、大阪女学院は1987年より導入してきました。

PBL⽅式で学ぶ授業は、習熟度別のクラス編成。
⼀⼈ひとりに合った授業の進め⽅で、無理なく着実な成⻑を促します。
習熟度に応じた学びをさらに⾼める環境として、1クラス25⼈ほどの少⼈数制。
先⽣への質問が気軽に⾏えるほか、⾃分の意⾒を発信できるチャンスも豊富にあり、
伝える⼒や聴く⼒が着実に磨かれます。
英語スキル診断テストの実施や、英語学習についての質問・相談を卒業⽣チューターや英語ネイティブ教員が
個別対応する学習サポートセンター(SASSC)を設置、⼀⼈1台のiPadで学習するなど、
ハードとソフトの両⾯からの学習環境も整っています。

英語教育と同時に力を入れているのが、他言語併修のプログラム。
英語・韓国語または英語・中国語の本格的な併修ができる《English+1(プラスワン)》
をスタートしました。
成績基準を満たせば、3年次の秋学期に台湾や韓国への語学留学のチャンスもあります。
1・2年次に韓国語を、3・4年次に中国語をという学び方で、
日・英・韓・中のマルチリンガルをめざすことも可能です。

英語プラスαの確かな語学力

これからの国際化社会においては、英語だけではなく、その他の⾔語の修得も必要です。
大阪女学院大学では、英語・韓国語または英語・中国語を本格的に併修するプログラム<English+1>が充実しています。
実社会において“使える言語”として、中国語と韓国語を本格的に学ぶことができます。

韓国語 併修プログラム

ニュースや新聞をある程度理解ができ、ビジネスでも⼀般に必要な韓国語が使えるレベルである、
TOPIK(韓国語能⼒試験)4級(6級が最上級)の取得をめざします。
⼀定の条件を満たせば、3年次の秋学期に、現地の協定⼤学で中国語や韓国語を磨く語学留学も可能です。
希望すれば、1・2年次に韓国語を、3・4年次に中国語を・・・というような学び⽅を選択することもできます。

Student voice

TOEIC®400 → 550点

韓国語能力試験(TOPIK) 3級

国際・英語学部4年生
山野 瑞歩さん

言葉の輪が広がると、話す自信にも繋がる!

私が大阪女学院大学に進学を決めたのは、英語も韓国語もしっかりと学ぶことができ、さらには、たくさんの留学チャンスがあるからです。中学や高校の頃から、韓国語や英語について積極的に学んできたのですが、現在は、大学の魅力的な環境をフルに活用し、さらなる高みをめざして語学勉強に励んでいます。中でも2回の留学は、私を大きく成長させてくれるきっかけになりました。1年次に挑戦した夏のオーストラリア短期留学でのこと。入学して、わずか3か月にも関わらず、現地の授業に対応できた自分に驚きました。以前は、ミスを恐れて発言できなかった英語の授業でも、「まずは話してみる!」の精神で取り組むことができるようになりました。

この時の経験が自信に繋がり、3年次の韓国への語学留学はさらに充実したものに!本場で韓国語のスキルを磨けたことはもちろん、多国籍な友人もでき、以来、英・韓の両言語を使った交流が続いています。大学での「音声学」で鍛えられた発音を褒められたのも嬉しかったですね。アルバイト先でも、外国人のお客様が来られた時に頼ってもらえる場面も増え、多言語を話せる楽しさを実感しています。将来の夢は、旅行会社や貿易会社など語学力を発揮できる舞台で活躍すること。日本流のおもてなしや、魅力を世界に発信したりもしたいです。実現をめざし、卒業までにひとつでも上のランクの外国語資格を手に入れたいと思います!

curriculum

1年次
春学期
韓国語特別演習Ⅰ-1[90×週2回]
秋学期
韓国語特別演習Ⅰ-2[90×週2回]
韓国語口語表現演習[90×週1回]
2年次
春学期
韓国語特別演習Ⅱ-1[90×週3回]
韓国語で学ぶコリアの文化[90×週1回]
秋学期
韓国語特別演習Ⅱ-2[90×週3回]
韓国語で学ぶコリアの歴史[90×週1回]
韓国語実践演習[集中講義]
3年次
春学期
韓国語特別演習Ⅲ-1[90×週3回]
秋学期

下記の二つの内どちらかを選択する
① 韓国語特別演習Ⅲ-2[90×週3回]
② セメスタ(学期)語学留学
 「Korean Study Abroad」

留学先

韓国

参加資格

  • 1.韓国語特別演習Ⅲ-1を修得済であること
  • 2.韓国語検定(TOPIK)3級を合格していること
  • 3.TOEIC550点を取得していること

※ 留学費用の一部を支援する返還不要の奨学金制度あり

中国語 併修プログラム

中国語の複雑な発⾳はもとより、独⾃の⼝語表現などもしっかりと学習。やや⾼度な読み書きや⽇常会話、
ビジネスにおける⼀般的な会話に対応できるレベルの中国語検定2級合格(1級が最上級)をめざします。

Student voice

TOEIC®530 → 810点

中国語検定試験 3級

2019年 国際・
英語学部 卒業
安楽 奈実さん

“英語と中国語”両方の語学力を磨き、
国際ビジネスの最前線へ

料理や映画など、身近な文化に触れることでその国の言語に興味がわく私。第二外国語で、幅広い言語が学べる大阪女学院の環境を活かして、フランス語や中国の習得にも励んでいます。特に中国語は、私が専攻しているビジネス分野にとって欠かせない言語です。少し、声調が違うだけで、まったく通じなくなるほど発音もシビアなんです。実践で使えるレベルにまで成長するためには、日々の積み重ねが大切!と、時間があれば中国語の動画やテレビの中国語講座をチェックして、正しい発音を耳でおぼえるようにしました。3年次にビジネスの専門学習を兼ねて挑戦した、台湾へのセメスタ留学も大きな経験になりました。はじめは、コミュニケーションをとるのに

苦労したものの、現地のおおらかな空気のなか、異文化体験や交流を楽しんだ結果、少しずつ手ごたえを感じるようになりました。海外の人たちは、完璧に話すことよりも、積極的に話す姿勢を望んでいる…。その大切さに気づいてからは、学ぶことへの重圧がなくなり、中国語も英語も自然に成長するようになりました。伝わる喜びが意欲につながったことで、新たに韓国語の勉強もはじめることに。TOEIC®の800点越えを果たし、中国語検定3級も取得したので、中国政府の認定資格であるHSKの取得をめざして頑張っています。エアラインや商社など、国際ビジネスの最前線で活躍できることを夢見て、これからも努力し続けたいと思います!

curriculum

1年次
春学期
中国語特別演習Ⅰ-1[90×週2回]
秋学期
中国語特別演習Ⅰ-2[90×週2回]
中国語口語表現演習[90×週1回]
2年次
春学期
中国語特別演習Ⅱ-1[90×週3回]
秋学期
中国語特別演習Ⅱ-2[90×週3回]
中国語で学ぶ中国の文化[90×週1回]
中国語実践演習[集中講義]
3年次
春学期
中国語特別演習Ⅲ-1[90×週3回]
中国語で学ぶ中国の歴史[90×週1回]
秋学期

下記の二つの内どちらかを選択する
① 中国語特別演習Ⅲ-2[90×週3回]
② セメスタ(学期)語学留学
 「Chinese Study Abroad」

留学先

台湾

参加資格

  • 1.中国語特別演習Ⅲ-1を修得済であること
  • 2.中国語検定3級を合格していること
  • 3.TOEIC550点を取得していること

※ 留学費用の一部を支援する返還不要の奨学金制度あり