常葉大学のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

食の大切さと楽しさを子どもたちに伝えたい。そんな栄養教諭を目指して「栄養」と「食」を学ぶ。

KEYWORD

  • #管理栄養士
  • #栄養士
  • #健康
  • #栄養教諭
  • #食育
  • #地域貢献
  • #被災地支援
  • #ボランティア
  • #浜松キャンパス
  • #静岡

栄養や食事に対してさまざまな方向からアプローチ。

昔から、誰かとごはんを食べる時間がとても好きでした。そして高校時代に体調を崩したことをきっかけに、栄養や食が健康に大きく関わっていることに興味を持ちました。子どもが好きなので、管理栄養士だけではなく栄養教諭も同時に目指せる、常葉大学の健康プロデュース学部 健康栄養学科を選びました。

入学後は栄養教育を興味深く学んでいます。子どもたちにどうアプローチするか、学んだことをどう応用するかを考えながら学習できるのが大きなポイントです。また、食介護論実習も印象的でした。噛むこと、飲み込むことが難しい方のための介護食を作る授業です。食事を介助するにはどうすればいいか、どんなメニューが高齢者には食べやすいかなどを学びました。3年の実習では、幼稚園から中学校までお世話になった給食センターを訪問。栄養士さんたちが調理スタッフ、食材を生産する農家さんや給食を提供する学校など各方面とコミュニケーションを取りながら働いている姿を見て、現場の忙しさに驚くとともに、その仕事の尊さを感じました。

ボランティアサークルでは農家の支援も体験。

「人の役に立つことが自分の喜び」だったので、ボランティアサークルに所属しました。台風の被害があった福井県いわき市の農家さんを元気づけるプロジェクトに参加。被災地のいわき市では、フェイジョアという珍しいフルーツが栽培されています。現地を訪れ、収穫のお手伝いをした後、被災地で作られた商品や作物を浜松へ持ち帰り、大学祭での販売やパンフレットを制作して広報活動を行いました。いわき市の地域活性にも貢献できたことは貴重な経験です。
卒業後はこうした体験を活かし、子どもたちに「食」の大切さと楽しさを伝えられる栄養教諭として活躍したいと思います。

志望理由

管理栄養士・栄養士はもちろん、栄養教諭の免許取得も目指せること。また、常葉大学は地域貢献に力を入れており、専門知識に加え、さまざまな活動を通して視野を広げていくことができる大学だと思い、志望しました。

生徒に手本を示せる体育教員になるために、陸上に打ち込みながら、必要な知識や実践を学ぶ。

KEYWORD

  • #スポーツ
  • #健康
  • #体育教員
  • #アスレティックトレーナー
  • #部活動
  • #陸上競技
  • #浜松キャンパス
  • #静岡

陸上競技に直接活かすことができる知識を学び、その成果を体感しています。

高校時代は陸上部に所属していたため、スポーツに活かせる知識が学べること、そして体育教員の免許状を取得できる大学・学部を探しました。そこで静岡県内にあり、教員免許取得を目指せる常葉大学 健康プロデュース学部 心身マネジメント科に入学。
学科での学びは、大学でも続けている陸上競技での技術向上やコンディショニングに直接結びついています。例えば、バイオメカニクスの授業やアスリートの食事について学んだことで、動画を通したフォーム確認を行ったり、ファストフードが多かった食生活の改善ができました。これまでとは違った視点から練習や身体づくりに取り組むことで、競技成績にも効果が表れるようになりました。

心身マネジメント学科ではトレーニングについても学びます。目的達成に向けて、効率的に、ケガを防止しながら、いつ、何のトレーニングを行うか。高校時代は自己流でしたが、学科の学びを通して、客観的に正しい方法でトレーニングできていることを実感しています。

生徒に手本を示すことができる体育教員に。

浜松キャンパスは自然が豊かで、学びに集中し、のびのびとスポーツに打ち込むにはとても良い環境です。
所属する研究室の先生が陸上部の顧問の先生でもあるので、先生との距離も近く、授業だけでなく色々な相談ができます。
将来は体育教員として働くことが目標です。そのため大学生活では苦手なスポーツにも積極的に取り組むようにしました。理想は生徒たちに自分で手本を示すことができる先生になること。今年は、母校での教育実習に臨みます。

志望理由

スポーツや健康を医科学、心理学、社会学などの分野から学び、健康管理や傷害予防、トレーニングなどの専門知識を身につけることで、自身の競技に活かすことができると考えました。また、保健体育教員を目指すことができることも心身マネジメント学科を選んだ理由の一つです。

保育者となるために幼児保育・教育を学習。豊富な資源を活かし、将来に向けた貴重な体験を重ねる。

KEYWORD

  • #幼稚園教諭
  • #保育士
  • #保育教諭
  • #ボランティア
  • #浜松キャンパス
  • #静岡

昔から憧れていた保育の道へ。

幼稚園の先生がすごく良い先生で、小学生になってから遊びに行ってもいつも優しくて明るかったことから、幼稚園の先生に憧れていました。
子どもと関わることが昔から好きで、進路を考えた時、認定こども園などで働けるよう保育や幼児教育について学びたいと思いました。
県外進学も考えましたが、地元で就職したいと考えていたので、常葉大学を選びました。webオープンキャンパスへ参加したところ、学生が先生たちにインタビューする動画があり、学生と先生の距離感が近く、明るく仲のいい雰囲気が伝わってきました。
「こどもむら」や親子教室「ポッケ」など学内で子どもと関わる機会の多いこども健康学科の学びが私に合っていると思い、この学科を選びました。

子どもたちと触れ合う機会を数多く持てることが魅力。大学祭で地域の親子が楽しめる体験イベントを開催。

こども健康学科は少人数制。先生とも距離が近く、友達と協力しながらとても居心地よく学べています。これまでに受けた授業では、運動あそびが印象に残っています。保育の現場で実際に行われているあそびを体験しながら、子どもたちがけがをしないように注意する点などを実践的に学びました。学内にある自然体験学習園で野菜を育て、収穫して食べたことも貴重な体験です。大学祭では学科の企画として「こどもむら」を開催。落ち葉のプールや松ぼっくりを使った的あて、葉っぱを使ったスタンプなどのアトラクションやイベントの企画・準備・運営を行い、子どもたちが嬉しそうに遊ぶ姿を見ることができました。どれも保育現場につながる実践的な学びです。
今後はコロナ禍でこれまで挑戦できなかった、子ども食堂のボランティアや、学習障害などがある子どもたちを支援する活動にも取り組みたいと思います。

志望理由

学内にある「自然体験学習園」で植物や野菜を育てたり、「こどもむら」、親子教室「ポッケ」、「キッズオープンキャンパス」など、学内で子どもたちや親子と触れ合う機会も多く、実践を通して学ぶことができるところが私には合っていると感じ、こども健康学科を選びました。

全国レベルのサッカー部で切磋琢磨しながら、鍼灸師の国家資格取得を目指して勉強に励んでいます。

KEYWORD

  • #鍼灸師
  • #国家資格
  • #サッカー
  • #強豪校
  • #全国大会
  • #部活動
  • #浜松キャンパス
  • #静岡

友達とペアになり、お互いの身体に鍼を打って練習。目標は鍼灸師になり、いずれは自分の鍼灸院を持つこと。

小学校の頃に所属していたサッカーチームのコーチが鍼灸師でした。ケガをしたときに治療を受け、とても効果があったことが印象に残っています。大学でもサッカーを継続したいと考えていたので、健康鍼灸学科があり、全国大会常連校のサッカー部がある常葉大学に入学。とても優しく良い先生がいるとの先輩からの勧めも、入学を決めたきっかけとなりました。実際に、学科や部活動の先生もいろいろと相談にのってくれます。

1年から学生同士がペアになり、お互いの身体に鍼を打つ授業があるのは驚きました。最初は少し怖かったですが、経験を重ねることで実習が楽しみになりました。また、大学入学まで鍼灸は、けがなどの外傷に効果があるものだと思っていましたが、内科の症状にも効果があると知り、さらに興味が深まりました。
所属するサッカー部は、部員たちの意識のレベルがとても高く、いい刺激を受けています。サッカーの本質に迫るために関連書を読んだり、身体づくりのために食事に気をつけたりと、高校時代とは違う視点や見解をもってサッカーに取り組んでいます。

国家試験合格に向けて勉強中!

出身は三重県なので、現在一人暮らしをしています。暇な時はすぐに友人達と遊ぶことができ、プライベートも充実しています。同級生だけでなく、先輩・後輩とのつながりもでき、社会人として今取り組んでおくべきことなどを、卒業した先輩に相談したりしています。
現在は鍼灸師になるため国家試験合格に向けて勉強中です。将来は、人に頼られ、何でも気軽に相談できる鍼灸師になり、いずれは自分の鍼灸院を開業できるようがんばっています。

志望理由

鍼灸師になる夢をかなえるため進学先を探していた時、先輩から常葉大学の健康鍼灸学科の先生方は親身に指導をしてくださると聞きました。また、高いレベルでサッカーを続けたいと考えていたため、両方をかなえられるのは常葉大学しかないと思いました。

作業療法士だった父に影響を受けて。じっくりと患者さんに向き合える、リハビリのプロを目指す。

KEYWORD

  • #作業療法士
  • #リハビリ
  • #病院
  • #国家資格
  • #実習
  • #浜松キャンパス
  • #静岡

両親の影響で自然と作業療法士を目指すように。

父が作業療法士、母が言語聴覚士と、両親ともリハビリテーション職に従事しています。家でよく話を聞くこともあり、自然と職業イメージがついていました。人と直接関わる仕事につきたいと考える中で、実際に父の勤めている病院に見学に行き作業療法士になることを決心しました。国家資格を持っていることの強みを、両親が身をもって感じていたことから、私に勧めてくれたのだと思います。

作業療法士を目指せる学校が数ある中で、常葉大学を選んだのは、オープンキャンパスの雰囲気がよく、模擬授業が楽しく印象的だったことがきっかけです。
入学すると想像以上に授業数が多く、勉強が大変でしたが、友達と助け合いながらがんばっています。また、サークルに所属したり、飲食店でアルバイトをしたりと、高校の時より活動の幅が広がり充実した学生生活を送っています。

実習を通して目指す作業療法士像が明確に。

1年から臨床実習がはじまり、回数を重ねるごとに、自然に患者さんとコミュニケーションを取ることができるようになりました。3年の実習では患者さんに名前を覚えてもらったり、気軽に声を掛けてもらえるようになりました。こうした学びから、作業療法は患者さんの身体の回復を目指しながら、その方がかつて行っていた仕事や作業を、また同じようにできるようになるようサポートしていくことだと理解することができました。また、実習でお世話になった実習指導の先生が『じっくり患者さんに向き合う』作業療法士だったことから、自分が目指す方向性が見えたことも大きな収穫でした。

現在は男性向けの化粧療法に関してグループで卒業論文を作成中。最近は男性もお化粧をする人が多いので、化粧療法が男性にも有効であることを証明したいと思います。
入院生活はとても孤独です。リハビリの時間は限られてはいますが、患者さんのペースに合わせてコミュニケーションをとり、患者さんに寄り添える作業療法士になりたいです。

志望理由

高校生の時に参加したオープンキャンパスで、在学生や先生方の雰囲気がよく、模擬授業もわかりやすく楽しく受けられたので常葉大学に決めました。

  • 学校No.2740
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす